HOME ニュース、国内

2021.12.23

大阪国際女子マラソン招待選手発表 松田瑞生、佐藤早也伽、谷本観月らがエントリー
大阪国際女子マラソン招待選手発表 松田瑞生、佐藤早也伽、谷本観月らがエントリー


来年1月30日に行われる第41回大阪国際女子マラソン(ヤンマースタジアム長居発着)の招待選手が発表された。

この大会で過去2度の優勝を果たし、2020年には2時間21分47秒の自己記録をマークしている松田瑞生(ダイハツ)や、昨年の名古屋ウィメンズ2位の佐藤早也伽(積水化学)、2019年ドーハ世界選手権で7位入賞の谷本観月(天満屋)が招待選手としてエントリーされた。他にも2時間24分52秒のベストを持つ阿部有香里(しまむら)、前回の大阪で2時間24分52秒の自己新記録を出した上杉真穂(スターツ)らも出場する。

同大会は2024年パリ五輪の選考会であるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の女子最初の選考大会となるほか、2022年夏に開催されるオレゴン世界選手権の代表選考会も兼ねている。

日本陸連ロードランニングコミッション(JRRC)のリーダーを務める瀬古利彦氏は会見で「この大会が最初の選考レースとなる。少なくとも3人以上の(MGC出場資格の)突破者が出てほしい」と期待を寄せた。また、ペースメーカーは前回に続いて男子選手が務め、川内優輝(あいおいニッセイ同和損害保険)や、神野大地(セルソースアスリート)、福田穣(NN Running Team)らが走ることも発表。瀬古氏は「最低でも大会記録(2時間21分11秒)を目標とするペースを設定する」と話した。

■大阪国際女子マラソン 国内招待選手
松田 瑞生(ダイハツ)
佐藤早也伽(積水化学)
阿部有香里(しまむら)
上杉 真穂(スターツ)
谷本 観月(天満屋)
池満 綾乃(鹿児島銀行)
萩原 歩美(豊田自動織機)
松下 菜摘(天満屋)
山口  遥(AC・KITA)
田中 華絵(第一生命グループ)
加藤  岬(九電工)
松田 杏奈(デンソー)
■ネクストヒロイン競技者
山本明日香(エディオン)
小川 那月(神戸学大)
宮永 光唯(大阪芸大)

来年1月30日に行われる第41回大阪国際女子マラソン(ヤンマースタジアム長居発着)の招待選手が発表された。 この大会で過去2度の優勝を果たし、2020年には2時間21分47秒の自己記録をマークしている松田瑞生(ダイハツ)や、昨年の名古屋ウィメンズ2位の佐藤早也伽(積水化学)、2019年ドーハ世界選手権で7位入賞の谷本観月(天満屋)が招待選手としてエントリーされた。他にも2時間24分52秒のベストを持つ阿部有香里(しまむら)、前回の大阪で2時間24分52秒の自己新記録を出した上杉真穂(スターツ)らも出場する。 同大会は2024年パリ五輪の選考会であるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の女子最初の選考大会となるほか、2022年夏に開催されるオレゴン世界選手権の代表選考会も兼ねている。 日本陸連ロードランニングコミッション(JRRC)のリーダーを務める瀬古利彦氏は会見で「この大会が最初の選考レースとなる。少なくとも3人以上の(MGC出場資格の)突破者が出てほしい」と期待を寄せた。また、ペースメーカーは前回に続いて男子選手が務め、川内優輝(あいおいニッセイ同和損害保険)や、神野大地(セルソースアスリート)、福田穣(NN Running Team)らが走ることも発表。瀬古氏は「最低でも大会記録(2時間21分11秒)を目標とするペースを設定する」と話した。 ■大阪国際女子マラソン 国内招待選手 松田 瑞生(ダイハツ) 佐藤早也伽(積水化学) 阿部有香里(しまむら) 上杉 真穂(スターツ) 谷本 観月(天満屋) 池満 綾乃(鹿児島銀行) 萩原 歩美(豊田自動織機) 松下 菜摘(天満屋) 山口  遥(AC・KITA) 田中 華絵(第一生命グループ) 加藤  岬(九電工) 松田 杏奈(デンソー) ■ネクストヒロイン競技者 山本明日香(エディオン) 小川 那月(神戸学大) 宮永 光唯(大阪芸大)

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

7月13日、東大阪市第2回OV30陸上競技記録会が東大阪市のトライスタジアム(花園中央公園多目的競技場)で行われ、女子4×800mリレーに東大阪大敬愛高(大阪)の2チームが出場。北村凜(3年)、朝野流南(2年)、田村実彩 […]

NEWS 五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

NEWS 男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

NEWS 男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

2024.07.13

男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

7月13日、第97回北海道選手権の初日が網走市運動公園市営陸上競技場で行われ、男子走幅跳に日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が出場し、シーズンベストの7m86(+1.7)で優勝した。 昨年の世界選手権代表の城山。今季 […]

NEWS 【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

2024.07.13

【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

7月13日、第79回愛媛県選手権の2日目が行われ、男子200mで高校1年生の井手友郎(済美高1愛媛)が21秒28(+1.5)の大会新記録で優勝した。この記録は高1歴代8位の好記録となる。 井手は桑原中時代に全中200m5 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top