月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

大阪国際女子マラソン招待選手発表 松田瑞生、佐藤早也伽、谷本観月らがエントリー


来年1月30日に行われる第41回大阪国際女子マラソン(ヤンマースタジアム長居発着)の招待選手が発表された。

この大会で過去2度の優勝を果たし、2020年には2時間21分47秒の自己記録をマークしている松田瑞生(ダイハツ)や、昨年の名古屋ウィメンズ2位の佐藤早也伽(積水化学)、2019年ドーハ世界選手権で7位入賞の谷本観月(天満屋)が招待選手としてエントリーされた。他にも2時間24分52秒のベストを持つ阿部有香里(しまむら)、前回の大阪で2時間24分52秒の自己新記録を出した上杉真穂(スターツ)らも出場する。

同大会は2024年パリ五輪の選考会であるマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)の女子最初の選考大会となるほか、2022年夏に開催されるオレゴン世界選手権の代表選考会も兼ねている。

日本陸連ロードランニングコミッション(JRRC)のリーダーを務める瀬古利彦氏は会見で「この大会が最初の選考レースとなる。少なくとも3人以上の(MGC出場資格の)突破者が出てほしい」と期待を寄せた。また、ペースメーカーは前回に続いて男子選手が務め、川内優輝(あいおいニッセイ同和損害保険)や、神野大地(セルソースアスリート)、福田穣(NN Running Team)らが走ることも発表。瀬古氏は「最低でも大会記録(2時間21分11秒)を目標とするペースを設定する」と話した。

■大阪国際女子マラソン 国内招待選手
松田 瑞生(ダイハツ)
佐藤早也伽(積水化学)
阿部有香里(しまむら)
上杉 真穂(スターツ)
谷本 観月(天満屋)
池満 綾乃(鹿児島銀行)
萩原 歩美(豊田自動織機)
松下 菜摘(天満屋)
山口  遥(AC・KITA)
田中 華絵(第一生命グループ)
加藤  岬(九電工)
松田 杏奈(デンソー)
■ネクストヒロイン競技者
山本明日香(エディオン)
小川 那月(神戸学大)
宮永 光唯(大阪芸大)

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com