月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

東京五輪走幅跳金メダルのミハンボが3年連続でドイツの年間最優秀女子選手に選出


ドイツで、1年間で優れたスポーツ優秀を表彰する2021年の「シュラー・デス・ヤーレス」が12月19日、バーデンバーデンで行われ、女子走幅跳のマライカ・ミハンボが女子選手部門の最優秀賞に選ばれた。男子はプロテニスのアレクサンダー・ズベレフが受賞した。

ミハンボは今年の東京五輪でシーズンベストの7m00(+0.1)をマークして金メダルを獲得。最優秀賞は2019年から選出されており、今回で3年連続となる。

3年連続受賞は、2012年から14年まで選ばれた男子円盤投のロベルト・ハルティング(12年ロンドン五輪金メダル、世界選手権は09年、11年、13年と3連覇)以来。女子では、プロテニスのシュテフィ・グラフが1986年から89年まで4年連続で選出されており、ミハンボはグラフに次ぐものとなった。

タグ:

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com