月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

男子はクウィゼラが今季ツアー2勝目 女子はジェビトクが圧勝/クロスカントリー・ツアー・ゴールド


12月19日、ベンタ・デ・バーニョス(スペイン)で世界陸連(WA)クロスカントリー・ツアー・ゴールドの大会が開催され、男子(10.575km)はR.クウィゼラ(ブルンジ)が32分30秒で、女子(7.975km)はE.ジェビトク(ケニア)が28分44秒で優勝した。

男子優勝のクウィゼラは今年のツアーでたびたび上位を占め、セビリア大会優勝、アタプエルカ大会2位など好成績を収めている。

女子優勝のジェビトクは1500mで18年U20世界選手権5位に入るなど中距離を中心に取り組む20歳で、今大会では29分53秒で2位に入ったL.アメバウ(エチオピア)に1分以上の大差をつけて圧勝した。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com