HOME ニュース、国内

2021.12.20

110mH日本記録保持者・泉谷駿介が住友電工内定会見 パリ五輪で「何としてもメダル」
110mH日本記録保持者・泉谷駿介が住友電工内定会見 パリ五輪で「何としてもメダル」


男子110mハードルで13秒06の日本記録を持つ泉谷駿介(順大)が、来春入社する住友電工で内定会見に登壇した。

泉谷は住友電工を志望した理由に「世界大会でメダルを取るためのサポートが受けられると思ったこと」を挙げる。同社には男子短距離の小池祐貴、多田修平も所属しており、「2人から刺激をもらって、競技力向上を目指せると思います」と語る。

今季は6月の日本選手権で日本記録を樹立。東京五輪では準決勝に進出し、ファイナルまであと一歩にまで迫った。「決勝進出がかなわなかったのは悔しかったですが、その経験があるから今も追い込んでトレーニングできています」と泉谷。卒業後も練習拠点は順大に置く予定で、「スタートから1台目までの7歩を安定させて、どんな状況でも決勝に行ける力を身につけていきたいです」と意気込みを話す。

社会人1年目となる2022年シーズンの最大目標はオレゴン世界選手権。「実力を発揮して決勝に進出したい。世界選手権を経験して、3年後のパリ五輪では何としてもメダルを取りたいです」と抱負を語る。また、実業団選手として「会社の名前を背負って、1本1本集中して取り組みたい。陸上教室など、社会貢献も行っていきたいです」と気持ちを新たにしていた。

今後は3月の日本選手権・室内競技(60mハードル)に向けて調整していくという。

会見には住友電工の渡辺康幸監督も同席。「個人種目でメダルに最も近い選手。伸びしろもあるので、今後は世界大会を経験していけばメダルに近づけると思う。110mハードルの知名度を上げていってほしい」と期待を寄せていた。

男子110mハードルで13秒06の日本記録を持つ泉谷駿介(順大)が、来春入社する住友電工で内定会見に登壇した。 泉谷は住友電工を志望した理由に「世界大会でメダルを取るためのサポートが受けられると思ったこと」を挙げる。同社には男子短距離の小池祐貴、多田修平も所属しており、「2人から刺激をもらって、競技力向上を目指せると思います」と語る。 今季は6月の日本選手権で日本記録を樹立。東京五輪では準決勝に進出し、ファイナルまであと一歩にまで迫った。「決勝進出がかなわなかったのは悔しかったですが、その経験があるから今も追い込んでトレーニングできています」と泉谷。卒業後も練習拠点は順大に置く予定で、「スタートから1台目までの7歩を安定させて、どんな状況でも決勝に行ける力を身につけていきたいです」と意気込みを話す。 社会人1年目となる2022年シーズンの最大目標はオレゴン世界選手権。「実力を発揮して決勝に進出したい。世界選手権を経験して、3年後のパリ五輪では何としてもメダルを取りたいです」と抱負を語る。また、実業団選手として「会社の名前を背負って、1本1本集中して取り組みたい。陸上教室など、社会貢献も行っていきたいです」と気持ちを新たにしていた。 今後は3月の日本選手権・室内競技(60mハードル)に向けて調整していくという。 会見には住友電工の渡辺康幸監督も同席。「個人種目でメダルに最も近い選手。伸びしろもあるので、今後は世界大会を経験していけばメダルに近づけると思う。110mハードルの知名度を上げていってほしい」と期待を寄せていた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

東京マラソン2025の概要発表!来年3月2日、38000人規模で開催 8月16日から一般エントリー開始予定

東京マラソン財団は6月24日、定時理事会を開き、東京マラソン2025の大会要項を発表した。 東京マラソン2025は来年3月2日に開催。定員は38000人でフルマラソンは37500人。応募スケジュールの予定も発表され、6月 […]

NEWS 注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

NEWS 2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

2024.06.24

2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

世界陸連(WA)は6月22日、2028年に開催されるロサンゼルス五輪について、陸上を第一週に実施することを発表した。マラソンとメダル授与については最終週に行う伝統を維持するとしている。 これまで第一週に水泳、第二週に陸上 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top