月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

110mH日本記録保持者・泉谷駿介が住友電工内定会見 パリ五輪で「何としてもメダル」


男子110mハードルで13秒06の日本記録を持つ泉谷駿介(順大)が、来春入社する住友電工で内定会見に登壇した。

泉谷は住友電工を志望した理由に「世界大会でメダルを取るためのサポートが受けられると思ったこと」を挙げる。同社には男子短距離の小池祐貴、多田修平も所属しており、「2人から刺激をもらって、競技力向上を目指せると思います」と語る。

今季は6月の日本選手権で日本記録を樹立。東京五輪では準決勝に進出し、ファイナルまであと一歩にまで迫った。「決勝進出がかなわなかったのは悔しかったですが、その経験があるから今も追い込んでトレーニングできています」と泉谷。卒業後も練習拠点は順大に置く予定で、「スタートから1台目までの7歩を安定させて、どんな状況でも決勝に行ける力を身につけていきたいです」と意気込みを話す。

社会人1年目となる2022年シーズンの最大目標はオレゴン世界選手権。「実力を発揮して決勝に進出したい。世界選手権を経験して、3年後のパリ五輪では何としてもメダルを取りたいです」と抱負を語る。また、実業団選手として「会社の名前を背負って、1本1本集中して取り組みたい。陸上教室など、社会貢献も行っていきたいです」と気持ちを新たにしていた。

今後は3月の日本選手権・室内競技(60mハードル)に向けて調整していくという。

会見には住友電工の渡辺康幸監督も同席。「個人種目でメダルに最も近い選手。伸びしろもあるので、今後は世界大会を経験していけばメダルに近づけると思う。110mハードルの知名度を上げていってほしい」と期待を寄せていた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com