HOME 学生長距離

2019.10.26

【学生駅伝ストーリー】第96回箱根駅伝予選会/筑波大が26年ぶりの予選会突破! 城西大、上武大、山梨学大、大東大ら箱根常連校がまさかの落選
【学生駅伝ストーリー】第96回箱根駅伝予選会/筑波大が26年ぶりの予選会突破! 城西大、上武大、山梨学大、大東大ら箱根常連校がまさかの落選

【学生駅伝ストーリー】第96回箱根駅伝予選会/筑波大が26年ぶりの予選会突破!
城西大、上武大、山梨学大、大東大ら箱根常連校がまさかの落選

第96回箱根駅伝予選会は10月26日(土)、東京都立川市の陸上自衛隊立川駐屯地をスタート、国営昭和記念公園にフィニッシュする21.0975kmのコースで行われ、東京国際大が10時間47分29秒で、6月の全日本大学駅伝関東学連推薦校選考会に続くトップ通過で3年連続4回目の本戦出場を果たした。


総合トップは東京国際大。日本人エースの伊藤達彦は1時間2分34秒で日本人最上位となる5位に食い込んだ

広告の下にコンテンツが続きます

今大会で最大のサプライズとなったのが、総合6位で26年ぶりの本戦出場を決めた筑波大だ。前回の予選会は18位、前々回も17位だったが、今回は10km地点で総合12位につけると、15km地点で8位、最終的には6位まで順位を上げ、実に1994年以来となる箱根路復帰を決めた。
このほか、創価大が総合5位で3年ぶりとなる予選会通過。初出場を目指した麗澤大は総合11位で、前回の12位に続いてまたも〝次点〟に泣いた。初出場から33年連続で箱根駅伝に出場していた山梨学大、同11年連続の上武大、本戦出場常連校の城西大、大東大が落選する波乱の大会となった。

個人では桜美林大のレダマ・キサイサ(桜美林大)が1時間1分01秒で3年連続の1位。ダニエル・ジェンガ(流通経大/1996~1998年)、ジョン・カーニー(平成国際大/1999~2001年)以来3人目の〝3年連続トップ〟だった。2位~4位もケニア人留学生が続き、東京国際大の伊藤達彦が1時間2分34秒で日本人最上位(5位)を占めた。

【総合成績(20位まで)】
①東京国際大 10時間47分29秒
②神奈川大  10時間50分55秒
③日体大   10時間51分09秒
④明 大   10時間51分42秒
⑤創価大   10時間51分43秒
⑥筑波大   10時間53分18秒
⑦日 大   10時間54分29秒
⑧国士舘大  10時間55分21秒
⑨早 大   10時間55分26秒
⑩中 大   10時間56分46秒
以上が第96回箱根駅伝に出場
⑪麗澤大   10時間57分12秒
⑫駿河台大  10時間58分44秒
⑬上武大   11時間0分16秒
⑭専 大   11時間1分57秒
⑮城西大   11時間2分27秒
⑯東農大   11時間5分5秒
⑰山梨学院大 11時間6分14秒
⑱大東大   11時間6分22秒
⑲流通経大  11時間10分57秒
⑳東経大   11時間16分21秒

【個人トップ20】
①L.キサイサ(桜美林大4) 1時間1分01秒
②R.ヴィンセント(国士大2) 1時間1分37秒
③Y.ヴィンセント(東京国際大1) 1時間2分23秒
④C.ドゥング(日 大1)  1時間2分33秒
伊藤達彦(東京国際大4) 1時間2分34秒
⑥荻久保寛也(城西大4)  1時間3分12秒
⑦米満 怜(創価大4)   1時間3分19秒
⑧J.ブヌカ(駿河台大4)  1時間3分26秒
⑨手嶋杏丞(明 大2)   1時間3分28秒
⑩B.ムルア(山梨学大1)  1時間3分38秒
⑪長谷川柊(専 大4)   1時間3分51秒
⑫岩崎大洋(上武大3)   1時間3分52秒
⑬金丸逸樹(筑波大4)   1時間3分53秒
⑭藤本珠輝(日体大1)   1時間3分54秒
⑮森 凪也(中 大2)   1時間3分58秒
⑯太田智樹(早 大4)   1時間3分58秒
⑰山口 武(東農大3)   1時間3分59秒
⑱坂本貫登(上武大3)   1時間4分00秒
⑲西 研人(筑波大3)   1時間4分01秒
⑳猿橋拓己(筑波大3)   1時間4分04秒

広告の下にコンテンツが続きます


総合6位で1994年の70回大会以来26年ぶりの箱根駅伝出場を決めた筑波大

※詳細は11月14日発売の月刊陸上競技12月号をご覧ください。
※現在発売中の『月刊陸上競技』11月号では東京国際大、早大、中大、城西大、麗澤大の近況を紹介しています

【関連記事】
箱根駅伝予選会のエントリー選手が発表! 〝立川決戦〟のゆくえはいかに

【学生駅伝ストーリー】第96回箱根駅伝予選会/筑波大が26年ぶりの予選会突破! 城西大、上武大、山梨学大、大東大ら箱根常連校がまさかの落選

第96回箱根駅伝予選会は10月26日(土)、東京都立川市の陸上自衛隊立川駐屯地をスタート、国営昭和記念公園にフィニッシュする21.0975kmのコースで行われ、東京国際大が10時間47分29秒で、6月の全日本大学駅伝関東学連推薦校選考会に続くトップ通過で3年連続4回目の本戦出場を果たした。 総合トップは東京国際大。日本人エースの伊藤達彦は1時間2分34秒で日本人最上位となる5位に食い込んだ 今大会で最大のサプライズとなったのが、総合6位で26年ぶりの本戦出場を決めた筑波大だ。前回の予選会は18位、前々回も17位だったが、今回は10km地点で総合12位につけると、15km地点で8位、最終的には6位まで順位を上げ、実に1994年以来となる箱根路復帰を決めた。 このほか、創価大が総合5位で3年ぶりとなる予選会通過。初出場を目指した麗澤大は総合11位で、前回の12位に続いてまたも〝次点〟に泣いた。初出場から33年連続で箱根駅伝に出場していた山梨学大、同11年連続の上武大、本戦出場常連校の城西大、大東大が落選する波乱の大会となった。 個人では桜美林大のレダマ・キサイサ(桜美林大)が1時間1分01秒で3年連続の1位。ダニエル・ジェンガ(流通経大/1996~1998年)、ジョン・カーニー(平成国際大/1999~2001年)以来3人目の〝3年連続トップ〟だった。2位~4位もケニア人留学生が続き、東京国際大の伊藤達彦が1時間2分34秒で日本人最上位(5位)を占めた。 【総合成績(20位まで)】 ①東京国際大 10時間47分29秒 ②神奈川大  10時間50分55秒 ③日体大   10時間51分09秒 ④明 大   10時間51分42秒 ⑤創価大   10時間51分43秒 ⑥筑波大   10時間53分18秒 ⑦日 大   10時間54分29秒 ⑧国士舘大  10時間55分21秒 ⑨早 大   10時間55分26秒 ⑩中 大   10時間56分46秒 以上が第96回箱根駅伝に出場 ⑪麗澤大   10時間57分12秒 ⑫駿河台大  10時間58分44秒 ⑬上武大   11時間0分16秒 ⑭専 大   11時間1分57秒 ⑮城西大   11時間2分27秒 ⑯東農大   11時間5分5秒 ⑰山梨学院大 11時間6分14秒 ⑱大東大   11時間6分22秒 ⑲流通経大  11時間10分57秒 ⑳東経大   11時間16分21秒 【個人トップ20】 ①L.キサイサ(桜美林大4) 1時間1分01秒 ②R.ヴィンセント(国士大2) 1時間1分37秒 ③Y.ヴィンセント(東京国際大1) 1時間2分23秒 ④C.ドゥング(日 大1)  1時間2分33秒 ⑤伊藤達彦(東京国際大4) 1時間2分34秒 ⑥荻久保寛也(城西大4)  1時間3分12秒 ⑦米満 怜(創価大4)   1時間3分19秒 ⑧J.ブヌカ(駿河台大4)  1時間3分26秒 ⑨手嶋杏丞(明 大2)   1時間3分28秒 ⑩B.ムルア(山梨学大1)  1時間3分38秒 ⑪長谷川柊(専 大4)   1時間3分51秒 ⑫岩崎大洋(上武大3)   1時間3分52秒 ⑬金丸逸樹(筑波大4)   1時間3分53秒 ⑭藤本珠輝(日体大1)   1時間3分54秒 ⑮森 凪也(中 大2)   1時間3分58秒 ⑯太田智樹(早 大4)   1時間3分58秒 ⑰山口 武(東農大3)   1時間3分59秒 ⑱坂本貫登(上武大3)   1時間4分00秒 ⑲西 研人(筑波大3)   1時間4分01秒 ⑳猿橋拓己(筑波大3)   1時間4分04秒 総合6位で1994年の70回大会以来26年ぶりの箱根駅伝出場を決めた筑波大 ※詳細は11月14日発売の月刊陸上競技12月号をご覧ください。 ※現在発売中の『月刊陸上競技』11月号では東京国際大、早大、中大、城西大、麗澤大の近況を紹介しています 【関連記事】 箱根駅伝予選会のエントリー選手が発表! 〝立川決戦〟のゆくえはいかに

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

日本陸連はジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅢ(22年4月~24年3月)の順位に修正があったことを発表した。 昨年のブダペスト世界選手権で9位に入ったジョン・ハキジマナ(ルワンダ)のドーピング違反が11 […]

NEWS ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

2024.04.22

ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

昨年11月30日にアスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)が、男子マラソンでルワンダ記録を持つジョン・ハキジマナのドーピング違反(禁止物質:トリアムシノロンアセトニド陽性)により23年 […]

NEWS マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が開催され、新種目のマラソンリレーはイタリア2(F.フォルトゥナート、V.トラプレッティ)が2時間56分45秒で優勝した。 広告の下に […]

NEWS 堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

2024.04.22

堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

M&Aベストパートナーズは、堀尾謙介と所属契約を交わしたことを発表した。 東京五輪、パリ五輪の代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場している堀尾。兵庫・須磨学園高出身で、中大時代には主力として活躍し […]

NEWS 17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

2024.04.22

17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

4月20日に米国で開催されたPURE招待で、17歳のC.ミラー(米国)が9秒93(+1.6)の今季世界最高、U20米国新、U20歴代3位の好記録で優勝した。従来の米国記録は、のちに世界選手権で銅メダルを獲得するT.ブロメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top