月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

東洋大で東京五輪・パラリンピック表彰式・報告会を開催 池田向希、川野将虎、桐生祥秀ら出場


東洋大で東京オリンピック・パラリンピック表彰式が行われた(写真提供/東洋大学)

 

東洋大学は10月24日、在学生と卒業生合わせて15名が出場した東京オリンピック・パラリンピックの表彰式・報告会をオンラインで開催した。

理事長賞と同大125周年記念スポーツ褒章が授与された表彰式は東京都文京区の白山キャンパスにて行われ、陸上関係では男子6人が出席。現役学生では4×400mリレーでアンカーを務めた鈴木碧斗(2年)、卒業生では20km競歩で銀メダルを獲得した池田向希(旭化成)、50km競歩6位入賞の川野将虎(同)、4×100mリレーで3走を務めた桐生祥秀(日本生命)、400m出場のウォルシュ・ジュリアン(富士通)、走幅跳出場の津波響樹(大塚製薬)が表彰を受け、安齋隆理事長から表彰状、矢口悦子学長から花束が贈られた。

池田は「今年の3月に卒業しましたが、東洋大学を選んでいなかったら今回の結果はなかった。それは4年間、本当に多くのことを学ばせていただき、良き指導者に巡り合えたから。今後もOBとして自覚を持ち、競技に励んでいきます」とあいさつ。

川野も「大学時代から、また卒業後も酒井瑞穂コーチの温かいご指導だったり、東洋大学の本当に恵まれた環境で人間力の向上、競技力の向上を目指して取り組んできたから今回の結果がある。これからは、今回達成できなかったメダル獲得を目標に世界選手権、パリ五輪に向けて精一杯がんばっていきます」とさらなる飛躍を誓った。

また、桐生も「東洋大学には本当にいつも応援していただいています。結果が良い時だけでなく、悪い時も『桐生君、次がんばってね』と言ってくださる。その恩は、僕は結果で返すしかないと思っている。次はメダルを引っ下げて『ありがとうございました』と感謝の言葉を伝えに戻ってきたい」と、4×100mリレー決勝で途中棄権に終わった雪辱を目指していく。

また、指導者として陸上競技部の土江寛裕短距離部門コーチ、酒井俊幸長距離部門監督、酒井瑞穂長距離部門競歩コーチも表彰された。

ディスカッション形式で行われた報告会には前述の6名が出席したほか、男子マラソン出場の服部勇馬(トヨタ自動車)、男子10000m出場の相澤晃(旭化成)も映像でコメントを寄せた。ともに大学からの応援への感謝の言葉を述べるとともに、「これが今の実力だと思って、日本記録更新やパリ五輪に向けて再始動している。パリ五輪でいい順位が取ることを大きな目標にしていきたい」(服部)、「初めての参加で緊張もあったけど、収穫も多かった。3年後のパリ五輪では10000mで今回成し遂げられなかった入賞を目標にしたい」(相澤)と話した。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com