月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

ヘンプヒル恵が涙の復帰 1年ぶり七種競技で今季日本リスト3位の5578点


10月9日、10日に行われた日体大競技会の七種競技にヘンプヒル恵(アトレ)が出場。1年ぶりの七種競技で今季日本ランキング3位となる5578点をマークした。

昨年9月の日本選手権混成競技のやり投で膝を負傷して以来、約1年ぶりに七種競技へ出場したヘンプヒル。1種目めの100mハードルで13秒55(+0.4)と復帰してからの公認ベストで好スタートを切ると、本数を絞った走高跳は1m63、砲丸投も11m39とまずまずの積み上げを見せる。200mでは大3以来の24秒台となる24秒99(±0)をマークして初日を折り返した。

2日目のスタートとなる得意の走幅跳は、気温低下と雨の影響もあり5m82(+0.3)にとどまったが、1年前にケガをしたやり投では短助走で41m22を放つ。800mを2分24秒05でカバーし5578点で復帰戦を終えた。

昨年9月の日本選手権混成競技のやり投で膝を故障。日本記録を狙えるペースから一気に途中棄権となった。診断は右膝前十字靱帯断裂。10月28日に手術し1ヵ月間の入院生活を送った。17年にも逆側の左膝の前十字靱帯を同じく断裂しており、これが2度目の戦線離脱。一時は引退を考えた。

それでもリハビリに通うと徐々に競技復帰へと意識が向き、今年6月の日本選手権で走幅跳に出場して復帰。7月には地元・京都選手権の走幅跳で6m19(+3.3)をマークし、ハードルには8月に復帰後初レースを迎えると13秒69(-1.1)で走った。9月の全日本実業団対抗選手権は100mハードル(13秒53/+2.1)、走幅跳5m97(+0.5)とこなし、満を持して七種競技に出場した。

日体大競技会は関係者以外入場不可で行われ、関係者によるインスタグラムのライブ配信などで様子を配信。7種目を終えた後の恒例の集合写真撮影のあと、ライバルたちから「おかえりなさい」と拍手されると、こぼれる涙を抑えられなかった。中学、高校、大学と無敵を誇りながら、2度の故障。その間、山崎有紀(スズキ)が七種競技で日本記録を樹立するなど、先を行かれてしまった。

「ケガをしても頑張っている人ではなく、膝をケガをしてもすごい記録を出して世界大会へ行く。誰もしたことのないオンリーワンになりたい」と、復帰後の想いを語っていたヘンプヒル。日本人初の6000点、そして世界大会出場へ。不屈の女王が涙のリスタートを切った。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com