HOME 駅伝

2021.10.10

【出雲駅伝】青学大が2位、東洋大3位、王者・駒大は田澤廉が激走見せ5位フィニッシュ
【出雲駅伝】青学大が2位、東洋大3位、王者・駒大は田澤廉が激走見せ5位フィニッシュ


◇第33回出雲全日本大学選抜駅伝競走(10月10日・島根県出雲市)

前回コロナ禍で中止となり2年ぶりの開催となった出雲駅伝は東京国際大が初優勝。2位には青学大が2時間14分07秒で入った。青学大は1区で近藤幸太郎(3位)が区間賞スタートを切ると、その後は5位から3位を行ったり来たりする競り合いの駅伝となるが大崩れせず、アンカーの横田俊吾(3年)も区間3位の好走でラストスパートを決めて2位に入った。

東洋大が3位。5区に入ったスーパールーキー・石田洸介が区間賞の快走を見せて2位に浮上するなど見せ場を作った。4位に前回王者の國學院大が入り、5位に駒大。優勝を狙っていた昨年度2冠の駒大は、1区8位スタートとやや流れが悪くなると、その後もなかなか浮上のきっかけがつかめず。5区終了時点では8番手だった。そこから大エースの田澤廉(3年)が激走。区間賞のイェゴン・ヴィンセント(東京国際大3年)に次ぐ、29分42秒で5位へ。区間3位の横田に31秒つける圧巻の走りだった。

3区、6区は留学生が区間賞。4区の石塚陽士(早大)、5区の石田は1年生区間賞だった。

■出雲駅伝成績
1位 東京国際大 2.12.10
2位 青学大 2.14.07
3位 東洋大 2.14.13
4位 國學院大 2.14.17
5位 駒大 2.14.53
6位 早大 2.15.00
7位 創価大 2.15.37
8位 帝京大 2.16.24
9位 東海大 2.16.53
10位 順大 2.17.17
11位 立命大 2.20.14
12位 大阪経済大 2.21.48
13位 関学大 2.22.26
14位 皇學館大 2.23.07
15位 北信越学連選抜 2.23.58
16位 広島経大 2.24.36
17位 札幌学大 2.25.36
18位 東北学連選抜 2.25.50
19位 北海道大 2.27.52
20位 日本文理大 2.30.42

■区間賞一覧
1区 近藤幸太郎(青学大3年)23分41秒
2区 木付 琳(國學院大4年)16分16秒
3区 フィリップ・ムルワ(創価大3年)23分49秒
4区 石塚陽士(早大1年)18分40秒
5区 石田洸介(東洋大1年)18分55秒
6区 イェゴン・ヴィンセント(東京国際大3年)29分21秒

◇第33回出雲全日本大学選抜駅伝競走(10月10日・島根県出雲市) 前回コロナ禍で中止となり2年ぶりの開催となった出雲駅伝は東京国際大が初優勝。2位には青学大が2時間14分07秒で入った。青学大は1区で近藤幸太郎(3位)が区間賞スタートを切ると、その後は5位から3位を行ったり来たりする競り合いの駅伝となるが大崩れせず、アンカーの横田俊吾(3年)も区間3位の好走でラストスパートを決めて2位に入った。 東洋大が3位。5区に入ったスーパールーキー・石田洸介が区間賞の快走を見せて2位に浮上するなど見せ場を作った。4位に前回王者の國學院大が入り、5位に駒大。優勝を狙っていた昨年度2冠の駒大は、1区8位スタートとやや流れが悪くなると、その後もなかなか浮上のきっかけがつかめず。5区終了時点では8番手だった。そこから大エースの田澤廉(3年)が激走。区間賞のイェゴン・ヴィンセント(東京国際大3年)に次ぐ、29分42秒で5位へ。区間3位の横田に31秒つける圧巻の走りだった。 3区、6区は留学生が区間賞。4区の石塚陽士(早大)、5区の石田は1年生区間賞だった。 ■出雲駅伝成績 1位 東京国際大 2.12.10 2位 青学大 2.14.07 3位 東洋大 2.14.13 4位 國學院大 2.14.17 5位 駒大 2.14.53 6位 早大 2.15.00 7位 創価大 2.15.37 8位 帝京大 2.16.24 9位 東海大 2.16.53 10位 順大 2.17.17 11位 立命大 2.20.14 12位 大阪経済大 2.21.48 13位 関学大 2.22.26 14位 皇學館大 2.23.07 15位 北信越学連選抜 2.23.58 16位 広島経大 2.24.36 17位 札幌学大 2.25.36 18位 東北学連選抜 2.25.50 19位 北海道大 2.27.52 20位 日本文理大 2.30.42 ■区間賞一覧 1区 近藤幸太郎(青学大3年)23分41秒 2区 木付 琳(國學院大4年)16分16秒 3区 フィリップ・ムルワ(創価大3年)23分49秒 4区 石塚陽士(早大1年)18分40秒 5区 石田洸介(東洋大1年)18分55秒 6区 イェゴン・ヴィンセント(東京国際大3年)29分21秒

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.22

東京世界陸上のメダル制作開始!「記憶に残り、見るたびに思い出すデザイン」目指して都内の中学・高校生にインタビュー

東京2025世界陸上財団はは7月22日、大会で選手に授与されるメダルのデザインに向け、ジュニアアスリートへのインタビューを東京・城西高で実施した。 国際大会出場選手が卒業している都内の学校から選定され、パリ五輪代表である […]

NEWS 20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

2024.07.22

20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

8月1日から始まるパリ五輪・陸上競技に向けて、日本代表選手団が出国する前に会見を開いて意気込みを語った。 男子20km競歩の古賀友太(大塚製薬)は初の五輪で「幼い頃から目標の舞台。身が引き締まる思い。自信を持って世界と戦 […]

NEWS 三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

2024.07.22

三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックで男子三段跳のC.テイラー(米国)が現役最後の競技会に出場。16m14(±0)の5位でグラウンドに別れを告げた。 テイラーは12年ロンドン五輪、16年リ […]

NEWS 16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

2024.07.22

16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックの男子400mでQ.ウィルソン(米国)がU18世界最高の44秒20で優勝した。 従来のU18世界最高はウィルソン自身が6月にマークした44秒59。U18 […]

NEWS フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

2024.07.22

フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

7月18日~21日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァでU18欧州選手権が開かれ、女子100mハードル(76.2cm)ではL.フリチェコワ(スロバキア)が12秒97(+0.2)で優勝した。 予選ではU18世界歴代2位、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top