月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

ハードル五輪代表・青木益未が100mでV!インターハイ女王が持ち前のスピードに磨きかける/全日本実業団


全日本実業団対抗(9月24~26日/大阪・ヤンマースタジアム長居)2日目

全日本実業団対抗の2日目に行われた女子100m決勝は、青木益未(七十七銀行)が11秒60(-0.1)の自己新で優勝を収めた。

100mハードル日本記録保持者で東京五輪にも出場した青木。だが、元は短距離の選手で岡山・創志学園高1年時にはインターハイ100mを制している。持ち前のスピードを生かしてハードルで才能を開花させ、さらにそのスピードを磨いて100mでもタイトルを手にした。

前半は君嶋愛梨沙(土木管理総合)にリードされるも、力強い走りで後半に巻き返した。 「ハードルとは全然違って、少し練習してきた成果が出たかな」と笑顔。「自己ベストが出てよかった。このスピードを(ハードルに)発揮できれば」と、専門種目につなげる構えだ。

東京五輪はケガの影響もあって「出て走るだけで終わった」と青木。ただ、「五輪を経験しているのとしていないのでは、違いが大きい。世界で勝負できるようにアベレージを上げていきたい」。明日の100mハードルでどんな走りが見られるか注目だ。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com