月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

400m青山聖佳が大会新V 2位・松本奈菜子が日本歴代6位の53秒02/全日本実業団


全日本実業団対抗(9月24~26日/大阪・ヤンマースタジアム長居)2日目

全日本実業団対抗の2日目に行われた女子400mは、青山聖佳(大阪成蹊AC)が52秒60の大会新で連覇を飾った。予選(53秒33)は200m、300mの通過が「理想的」だったが「前半、頑張ったことでリズムが速くなった」と青山。その反省を生かして決勝に臨んだという。タイムこそ落としたが、「決勝の力感で予選の通過タイムで走れれば」と手応えをつかむレースとなった。

4×100mリレーが東京五輪に出場したが、マイルリレーでは日本選手権ぎりぎりまでチャレンジを続けながら出場ならず。「個々の力が足りないと話し合いました。リレーのエースになりきれなかったので、日本記録(51秒75)を更新して、個人で世界大会に出られるようになっていきたい」と決意を新たにしていた。

2位に入った松本奈菜子(東邦銀行)は、予選で53秒22、決勝では日本歴代6位となる53秒03と2本続けて自己ベストを更新した。「予選から自己ベスト更新ができたので、決勝は52秒台を目指していたので少し悔しいです」。日本選手権以降も「スピードを磨いてきた」というが、「前半、後半とつなげられるように(スピードをレースに)落とし込んでいきたい」と課題が見つかった。東京五輪の女子4継を見て「刺激と勇気をもらった」と松本。「力を借りてマイルもパリ五輪を目指していきたい」と語る。

ともに高校時代から日本代表を経験し、苦しい時期を過ごしながら切磋琢磨して乗り越えてきた。女子ロングスプリントを牽引する存在として、新たな歴史を切り開いていくつもりだ。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com