HOME 高校

2021.07.26

男子100mでは10秒17wの佐賀が1位、女子は河内が400mと400mHの2種目でトップ/全国高校リモート大会
男子100mでは10秒17wの佐賀が1位、女子は河内が400mと400mHの2種目でトップ/全国高校リモート大会


日本陸連が主催する「2021全国高校リモート大会」の各種目ランキングが7月26日、発表された。男子100mでは、東北地区総体で追い風参考ながら10秒17(+4.2)を叩き出した佐賀陽(田名部3青森)が1128.2ポイントを獲得して1位。女子では河内瀬桜(東大阪大敬愛3)が大阪府高校総体の400mで54秒27(1040.0ポイント)、400mハードルでも58秒86(1055.0ポイント)を挙げて、2種目で1位となった。

全国高校リモート大会は昨年、新型コロナウイルスの影響によりインターハイ中止となったことを受け、高校生のモチベーション維持などを目的に日本陸連が創設した。今年はリレー種目も加え、男子21種目、女子20種目が対象。世界陸連(WA)のワールドランキング制度と同様の方式でポイント化(競歩と混成は記録のみ)して集計した。

対象大会は都道府県高等学校総合体育大会56大会(都府県46大会と北海道は10支部大会)とブロック大会11大会の計67大会。インターハイ実施種目を対象に全種目を合わせたリザルトの掲載数は延べ82176人に上り、うち個人種目が延べ57608人(男子24194人、女子33414人)、リレー種目が延べ24568人(出場校は4×100mが延べ3192校、4×400mが2950校)。

日本陸連の風間明専務理事は「一人ひとりの選手にとって様々な意義を持つ大会であった様子が垣間見える等、勝利だけではない競技の魅力発信に貢献できたのではいかと思います。日本陸連としては、リモート陸上の活動を今後も広げていき記録がもたらす競技の魅力の発信を行って参ります」とコメントしている。

各種目のランキングトップは次の通り。
【男子】
100m  佐賀  陽(田名部3青森)  1122.8pt/10.17(+4.2)
200m  水崎  翔(開志国際3新潟)  1038.6pt/21.06(+3.4)
400m  小山  蓮(西3東京)、林  武広(富里3千葉) 1036.0pt/47.14
800m  兵藤ジュダ(東海大翔洋3静岡)  1057.0pt/1.48.91
1500m  佐藤 圭汰(洛南3京都)  1059.0pt/3.43.54
5000m  コスマス・ムワンギ(世羅3広島)  1096.0pt/13.31.88
110mH  小池  綾(大塚3大阪)  1059.2pt/13.96(+2.3)
400mH  高橋 遼将(中京大中京3愛知)  1063.0pt/51.37
3000mSC  黒田 朝日(玉野光南3岡山)  1042.0pt/8.48.48
5000mW  奥野  達(清風3大阪)  20.37.59
4×100mR  中京大中京(愛知) 1075.0pt/40.00
4×400mR  東福岡(福岡)  1023.0pt/3.11.31
走高跳  チュクネレジョエル優人(八千代松陰2千葉)  1037.0pt/2.14
棒高跳  原口 篤志(王寺工3奈良)  1021.0pt/5.10
走幅跳  舞永 夏稀(太成学院3大阪)  1090.0pt/7.78(+1.5)
三段跳  渡辺多瑠嘉(北稜3京都)  1016.0pt/15.60(+1.5)
砲丸投  小森 直吏(身延3山梨)  912.0pt/16.49
円盤投  森戸  純(鉾田二3茨城)  868.0pt/49.49
ハンマー投  小河  彪(久居3三重)  982.0pt/66.21
やり投  井上 堅斗(久御山3京都)  910.0pt/66.53
八種競技  遊佐 祥太(利府3宮城)  5545点

【女子】
100m  角  良子(倉吉東3鳥取)  1060.0pt/11.66(+0.1)
200m  税田ジェニファー璃美(城西1東京)  1029.4pt/23.94(+2.1)
400m  河内 瀬桜(東大阪大敬愛3大阪)  1040.0pt/54.27
800m  丹羽 遥奈(昌平3埼玉)  1022.0pt/2.08.12
1500m  ジャネット・ニーヴァ(倉敷2岡山)  1098.0pt/4.13.72
3000m  カリバ・カロライン(神村学園1鹿児島)  1092.0pt/9.04.13
100mH  大谷すみれ(法政二2神奈川)  1058.4pt/13.71(-0.4)
400mH  河内 瀬桜(東大阪大敬愛3大阪)  1055.0pt/58.86
5000mW  永井 優会(北見緑陵3北海道)  22.37.59
4×100mR  中京大中京(愛知)  1065.0pt/45.70
4×400mR  相洋(神奈川)  1033.0pt/3.42.78
走高跳  伊藤  楓(東京3東京)、岡野 弥幸(埼玉栄3埼玉)  984.0pt/1.76
棒高跳  柳川 美空(前橋育英1群馬)  960.0pt/4.00
走幅跳  吉田 花鈴(摂津3大阪)  1010.0pt/6.05(+0.4)
三段跳  宮繁 愛葉(大体大浪商3大阪)  983.0pt/12.68(+0.9)
砲丸投  今西あかり(添上3奈良)  856.0pt/14.37
円盤投  西井 琳音(三重3三重)  768.0pt/43.45
ハンマー投  村上 来花(弘前実3青森)  948.0pt/60.99
やり投  村上 碧海(西条農3広島)  941.0pt/52.61
七種競技  中尾 日香(長田2兵庫)  5042点

日本陸連が主催する「2021全国高校リモート大会」の各種目ランキングが7月26日、発表された。男子100mでは、東北地区総体で追い風参考ながら10秒17(+4.2)を叩き出した佐賀陽(田名部3青森)が1128.2ポイントを獲得して1位。女子では河内瀬桜(東大阪大敬愛3)が大阪府高校総体の400mで54秒27(1040.0ポイント)、400mハードルでも58秒86(1055.0ポイント)を挙げて、2種目で1位となった。 全国高校リモート大会は昨年、新型コロナウイルスの影響によりインターハイ中止となったことを受け、高校生のモチベーション維持などを目的に日本陸連が創設した。今年はリレー種目も加え、男子21種目、女子20種目が対象。世界陸連(WA)のワールドランキング制度と同様の方式でポイント化(競歩と混成は記録のみ)して集計した。 対象大会は都道府県高等学校総合体育大会56大会(都府県46大会と北海道は10支部大会)とブロック大会11大会の計67大会。インターハイ実施種目を対象に全種目を合わせたリザルトの掲載数は延べ82176人に上り、うち個人種目が延べ57608人(男子24194人、女子33414人)、リレー種目が延べ24568人(出場校は4x100mが延べ3192校、4×400mが2950校)。 日本陸連の風間明専務理事は「一人ひとりの選手にとって様々な意義を持つ大会であった様子が垣間見える等、勝利だけではない競技の魅力発信に貢献できたのではいかと思います。日本陸連としては、リモート陸上の活動を今後も広げていき記録がもたらす競技の魅力の発信を行って参ります」とコメントしている。 各種目のランキングトップは次の通り。 【男子】 100m  佐賀  陽(田名部3青森)  1122.8pt/10.17(+4.2) 200m  水崎  翔(開志国際3新潟)  1038.6pt/21.06(+3.4) 400m  小山  蓮(西3東京)、林  武広(富里3千葉) 1036.0pt/47.14 800m  兵藤ジュダ(東海大翔洋3静岡)  1057.0pt/1.48.91 1500m  佐藤 圭汰(洛南3京都)  1059.0pt/3.43.54 5000m  コスマス・ムワンギ(世羅3広島)  1096.0pt/13.31.88 110mH  小池  綾(大塚3大阪)  1059.2pt/13.96(+2.3) 400mH  高橋 遼将(中京大中京3愛知)  1063.0pt/51.37 3000mSC  黒田 朝日(玉野光南3岡山)  1042.0pt/8.48.48 5000mW  奥野  達(清風3大阪)  20.37.59 4x100mR  中京大中京(愛知) 1075.0pt/40.00 4x400mR  東福岡(福岡)  1023.0pt/3.11.31 走高跳  チュクネレジョエル優人(八千代松陰2千葉)  1037.0pt/2.14 棒高跳  原口 篤志(王寺工3奈良)  1021.0pt/5.10 走幅跳  舞永 夏稀(太成学院3大阪)  1090.0pt/7.78(+1.5) 三段跳  渡辺多瑠嘉(北稜3京都)  1016.0pt/15.60(+1.5) 砲丸投  小森 直吏(身延3山梨)  912.0pt/16.49 円盤投  森戸  純(鉾田二3茨城)  868.0pt/49.49 ハンマー投  小河  彪(久居3三重)  982.0pt/66.21 やり投  井上 堅斗(久御山3京都)  910.0pt/66.53 八種競技  遊佐 祥太(利府3宮城)  5545点 【女子】 100m  角  良子(倉吉東3鳥取)  1060.0pt/11.66(+0.1) 200m  税田ジェニファー璃美(城西1東京)  1029.4pt/23.94(+2.1) 400m  河内 瀬桜(東大阪大敬愛3大阪)  1040.0pt/54.27 800m  丹羽 遥奈(昌平3埼玉)  1022.0pt/2.08.12 1500m  ジャネット・ニーヴァ(倉敷2岡山)  1098.0pt/4.13.72 3000m  カリバ・カロライン(神村学園1鹿児島)  1092.0pt/9.04.13 100mH  大谷すみれ(法政二2神奈川)  1058.4pt/13.71(-0.4) 400mH  河内 瀬桜(東大阪大敬愛3大阪)  1055.0pt/58.86 5000mW  永井 優会(北見緑陵3北海道)  22.37.59 4x100mR  中京大中京(愛知)  1065.0pt/45.70 4x400mR  相洋(神奈川)  1033.0pt/3.42.78 走高跳  伊藤  楓(東京3東京)、岡野 弥幸(埼玉栄3埼玉)  984.0pt/1.76 棒高跳  柳川 美空(前橋育英1群馬)  960.0pt/4.00 走幅跳  吉田 花鈴(摂津3大阪)  1010.0pt/6.05(+0.4) 三段跳  宮繁 愛葉(大体大浪商3大阪)  983.0pt/12.68(+0.9) 砲丸投  今西あかり(添上3奈良)  856.0pt/14.37 円盤投  西井 琳音(三重3三重)  768.0pt/43.45 ハンマー投  村上 来花(弘前実3青森)  948.0pt/60.99 やり投  村上 碧海(西条農3広島)  941.0pt/52.61 七種競技  中尾 日香(長田2兵庫)  5042点

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

NEWS 棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

2024.06.14

棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

女子棒高跳の日本記録保持者(4m48)諸田実咲(アットホーム)が世界陸連(WA)コンチネンタルツアーの海外転戦で好成績を残している。 6月4日のロイヤルシティ・フェスティバル(カナダ・グエルフ)ではセカンドベスト、パフォ […]

NEWS 400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

2024.06.14

400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)3日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、女子400mハードルで大会新記録が誕生した。昨年の鹿児島国体300mハード […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top