月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

走幅跳・橋岡優輝が自己新の8m36!初オリンピック決め「メダル獲得」に向けて大ジャンプ披露/日本選手権


◇日本選手権(6月24日~27日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

東京五輪代表選考会となる第105回日本選手権の4日目。男子走幅跳は東京五輪の参加標準記録8m22を突破済みの橋岡優輝(富士通)が優勝を決め、東京五輪代表に内定した。

直前に男子110mハードルの泉谷駿介(順大)が日本新V。すでに優勝を決めた橋岡は、「自分も」と最後の6回目に臨んだ。日本記録8m40を狙って少し助走のスタートを下げて「攻めよう」。スピードのある助走から大ジャンプ。日本記録を示すマーク近くに着地した。だが、本人は少し首を傾げるそぶり。日本記録に少し届いてないことがわかったという。それでも自己新、今季世界ランキング5位に入る8m36(+0.6)をマーク。それだけでなく、3回目に8m27(+0.6)、5回目に8m29(+1.1)と、1人別次元のパフォーマンスを見せた。

「アップから調子も良くて助走も良かった」と橋岡。だが、さすがに東京五輪の最終選考会ということもあり「久しぶりに緊張した」1回目にファウル。そして2回目もファウルとなった。今季はファウルが続いていてヒヤリとしたが、「2回目は修正しすぎて助走が上がったファウル」と落ち着いて対応し、3回目にしっかり結果を残した。

東京五輪までは「1年延期したこともあり長かった」。父、母もトップアスリートだがオリンピックには出場できなかった。「両親が立ったことがない舞台でどれだけ戦えるか」という思いがあると同時に「両親の支えがなければその舞台に立てなかった。この後、会ったら感謝の言葉を述べたいです」と語る。

橋岡の目標は世界一。これまでU20世代や大学というカテゴリーで“世界一”になってきたのだから自然なこと。「跳躍の再現性を高めるだけではなく、一歩上がったところのステージを狙いたい。東京五輪では最低8m50、メダルを狙いたい」。23歳で踏む初のオリンピックが地元開催。準備はすべて整った。

2位に7m91(-0.6)で津波響樹(大塚製薬)、3位には7m90(+0.1)で城山正太郎(ゼンリン)と続き、すでに参加標準記録を突破しているため上位3人が東京五輪代表担い呈した。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com