月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

女子4×400mR東京五輪への挑戦終わる 日本選手権後のトライアルで出場圏内届かず


◇日本選手権(6月24日~27日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

日本選手権全日程が終了したあと、女子4×400mリレーで日本選抜が編成され、東京五輪への出場を懸けた最後のトライアルを実施した。

同種目の東京五輪出場チーム数は16で、19年世界選手権と今年の世界リレーの入賞国で12チームが出場権を獲得済み。残りの4ヵ国は記録で出場権を与えられる。

日本は19番目に位置しており、16位まで順位を上げるためには最低でも3分29秒42が必要だった。日本は日本選手権の初日でもリレーを組んで3分32秒17と届かず。そのため、再び最終日にレースを実施することが決まった。日本選手権女子400mの上位4人で編成され、1走から久保山晴菜(今村病院)、青山聖佳(大阪成蹊AC)、松本奈菜子(東邦銀行)、小林茉由(J.VIC)で臨み、日本歴代7位の3分30秒81をマークしたものの、わずかに16位以内に届かなかった。

マイル1本、予選・決勝の2本、そして最後のマイルと、最後まで東京五輪へのチャレンジを重ねた選手たちは、この悔しさを必ず次につなげることだろう。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com