月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

110mH泉谷駿介、衝撃の13秒06!! 世界ランク3位の激走初Vで東京五輪内定「すべてがつながった」/日本選手権


◇日本選手権(6月24日~27日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

東京五輪代表選考会となる第105回日本選手権の4日目。男子110mハードル決勝で衝撃の展開が待っていた。

参加標準記録13秒32を切っている金井大旺(ミズノ)、高山峻野(ゼンリン)、泉谷駿介(順大)、村竹ラシッド(順大)がそろった決勝。この4人は3位以内で代表内定を決められる状況だった。

緊張感が漂う1回目のスタートがやり直しのピストル。石川周平(富士通)と村竹ラシッド(順大)が不正スタートにより失格となってしまった。

仕切り直しのスタート。飛び出したのは泉谷だった。「スタートからインターバルの刻みまですべてがつながった」という泉谷は、日本記録を持つ金井をも寄せ付けないほど差をつけていく。フィニッシュタイマーには衝撃の「13.06」。日本人初の13秒0台、アジア歴代2位、今季世界ランキング3位。

「ここまできたか、と。競技人生では13秒1台が目標でした」。タイムについてはまだ実感が湧いていないようで、「安心した」と、オリンピック代表を決めたことにホッとした様子だった。

伏線はあった。元々ポテンシャルはライバルたちも認めるほど。スタートから1台目のアプローチ7歩がハマりつつあり、5月の関東インカレでは追い風参考(5.2m)で13秒05をマークしていた。だが、今回は1.2mの追い風で「関東インカレと違って自分で出せた」。関東インカレ後は「次は公認で出したい」と話していたが、その言葉通り次の試合で実現してみせた。

フライングによるスタートのやり直しについては「自分ではないことはわかっていたのですが、(後輩の)村竹だったので焦りました。その分まで」と、後輩を思いやる。

東京五輪まで1ヵ月。「スタートの7歩もまだまだで、前半速く入ると後半間延びする。そこを改善すればもっとスタートから前に出られていい結果につながる」。これ以上の良い結果は、そのまま世界のファイナルを意味する。
◇金井、高山も五輪内定
前日本記録13秒16を持つ金井は13秒22で2位。東京五輪代表に内定した。「フライングも動揺せずにいけました。泉谷選手に先行されましたが、自分のレースを心掛けた。まだ技術的に安定していない部分があるので1ヵ月やれることを最大限やりたい」と話した。高山は3位。背中を痛めていて「アップもできない状況だった」が、「最後は死ぬ気で1本」。意地で代表権をもぎ取った。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com