月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

山縣亮太 日本初の100m3大会連続五輪!小池もほぼ五輪を手中に 桐生、サニブラウンは100mで代表逃す/日本選手権


◇日本選手権(6月24日~27日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

東京五輪代表選考会となる第105回日本選手権の2日目。男子100mで優勝した多田修平(住友電工)と3位に入った山縣亮太(セイコー)が代表に即時内定。2位のデーデー・ブルーノ(東海大)は参加標準記録10秒05を突破しておらず、ワールドランキングで出場枠圏内にいないため個人では代表にはなれず、リレーで選出されるかどうかを待つことになる。

参加標準記録を突破している小池祐貴(住友電工)が4位に入ったため代表をほぼ確実に。一方、標準突破済みの5位・桐生祥秀(日本生命)と6位・サニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)は100mでの代表入りを逃した。

山縣は「練習では手応えもあった」と言うが、「多田選手が速くて焦ってしまった。気持ちが空回りして硬いレースとなってしまった」と振り返る。3位で代表内定に「3大会連続オリンピックはうれしいですが悔しい。その気持ちを本番でぶつけたい」と気持ちを新たにしていた。

100mで3大会連続五輪は日本初。ちなみにロンドン五輪だった12年、リオ五輪だった16年も、山縣は日本選手権で勝っていない。それでも準決勝で自己記録をマークしてきた。東京五輪の準決勝で山縣が自己記録を更新すれば、目標にしてきた夢のファイナルが現実となるだろう。

小池は山縣と同タイム着差あり。それでも、日本陸連の代表要項に沿えば3人目の代表は濃厚。「身体の調子は良かったが、思い描いていたレースではなかった」と淡々と振り返り、「いい緊張感でしたが、メンタル面でプレッシャーに弱いところが出たのかな」と語った。小池は200mでも参加標準記録を突破しており、2種目代表を狙う。

◇桐生、サニブラウンは100m代表逃す
アキレス腱を痛めていた桐生は5位。スタートから明らかに半歩遅れ、最後は懸命にフィニッシュ姿勢を取ったが届かなかった。東京五輪が決まった2013年は高校3年生。10秒01をマークした後だった桐生には、常に「9秒台」と「東京五輪」という言葉がつきまとった。100mで五輪代表を逃し、「五輪が決まってからここまで目指してきて、いろいろあった。ここでいったん一区切りかな」。アキレス腱については「痛みのせいでこの順位になったと思われてしまうので……」と状態を明かすことはなかった。個人では逃してしまったが、リレーメンバーに選ばれるかどうか。リオ五輪4×100mリレーで銀メダルを獲得した際の3走など、日本のリレーには不可欠な存在だけに、代表発表に注目が集まる。

6位のサニブラウンは「やることはやったが準備不足だった」。決勝では「30mくらいで身体が動かなかった」と淡々と振り返る。200mでも参加標準記録を突破しているため、200mでの五輪代表入りを狙う。「200mは2年走っていないので予選で感覚を取り戻したい」と話した。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com