月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

男子400m川端が初Vで五輪リレー代表に近づく 1500m河村が制す2日目優勝者まとめ/日本選手権


◇日本選手権(6月24日~27日/大阪・ヤンマースタジアム長居)

東京五輪代表選考会となる第105回日本選手権の2日目。男子400mは川端魁人(三重教員AC)が45秒75で優勝した。「予選でリラックスして走れたので、決勝でも前半を楽に入って後半ためていた分を直線勝負と考えていて、それができた」と言うように、ラスト勝負で強さを発揮した。個人では参加標準記録をクリアできていないが、男子4×400mリレーは東京五輪の代表権を獲得済み。この結果で、五輪リレー代表入りをほぼ確実に。「自分がマイルメンバーのエースだと思って走りたいし、チームではファイナルに行くことを目標にしている」と語った。

2位に46秒06で佐藤拳太郎(富士通)。3位には鈴木碧斗(東洋大)が46秒48で入った。4位に伊東利来也(三菱マテリアル)で、ここまでは世界リレー代表でもあるため、東京五輪4×400mリレーメンバー入りが有力視される。

男子1500mは河村一輝(トーエネック)が3分39秒18で初優勝。「優勝候補としてプレッシャーもあったが、ちゃんと勝てたのはよかった。今まで日本一になったことがなかったのでシンプルにうれしいです」と喜びを語った。男子三段跳は山下祐樹(Break Parking)が16m12(+0.5)で、女子棒高跳は諸田実咲(栃木県スポーツ協会)が4m20で、それぞれ初制覇。

■日本選手権2日目の優勝者
男子
100m 多田修平(住友電工)10秒15(+0.2)=五輪代表内定
400m 川端魁人(三重教員AC) 45秒75
1500m 河村一輝(トーエネック)3分39秒18
三段跳 山下祐樹(Break Parking) 16m12(+0.5)

女子
100m 兒玉芽生(福岡大) 11秒62(-1.9)
400m 小林茉由(J.VIC) 52秒86
1500m 田中希実(豊田自動織機TC) 4分08秒39
棒高跳 諸田実咲(栃木県スポーツ協会) 4m20
やり投 北口榛花(JAL)61m49=五輪代表内定



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com