月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

海外で好記録続出 女子砲丸投で鞏が自己記録に迫る20m31


6月11日から13日、東京五輪の選考会を兼ねて中国・浙江省紹興市で開催された中国全国選手権の3日目に、女子砲丸投の鞏立コウ(中国)が20m31の今季世界最高で優勝した。鞏は2017年ロンドン、19年ドーハの世界選手権に優勝しているほか、五輪・世界選手権で8回のメダル獲得経験がある。現在32歳で、自己ベストは16年に投げた20m43。

同種目では、13日のスウェーデン・ソレントゥーナでの競技会でF.ルース(スウェーデン)が19m33を投げ、スウェーデン新記録を樹立している。

12日にフランス・ニースで行われた競技会では19年U20欧州選手権優勝者のO.ダスティン(英国)が男子800mで1分43秒82の今季世界最高をマーク。昨シーズンまでの自己ベストは19年の1分46秒84で、今年5月に1分45秒71を出してから自己記録をさらに2秒近く更新した。

また、カナダ・バナービーで12日に行われた競技会の男子10000m競歩では、50km競歩で19年ドーハ世界選手権銅メダリストのE.ダンフィー(カナダ)が今季世界最高の38分39秒72で優勝を飾った。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com