月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

女子ハーフ一山麻緒が自己新V 五輪代表3人が順調な仕上がり見せる/東京五輪テストイベント


◇北海道札幌マラソンフェスティバル2021(北海道・札幌)

東京五輪のテストイベントである北海道・札幌マラソンフェスティバル2021が5月5日行われた。東京五輪マラソン代表選手や学生勢、海外からも選手を招待。

午前9時50分にスタートしたハーフマラソンの部、女子は東京五輪代表がそろって出場。途中までは男子選手につく形でレースを展開された。優勝したのは東京五輪マラソン代表の一山麻緒(ワコール)で1時間8分28秒の自己新。日本歴代7位の好走だった。一山は「思ったより風も後押ししてくれて、走りやすかった」と言い、夏の本番に向けて「元気な走りが見せられれば」と笑顔を見せた。

2位には東京五輪マラソン代表候補選手(補欠)の松田瑞生(ダイハツ)が1時間8分32秒で日本歴代8位。3位に五輪代表の鈴木亜由子(日本郵政グループ)が復調の気配を見せ1時間8分53秒。五輪代表の前田穂南(天満屋)は1時間10分50秒で5位だった。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com