月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

男子ハーフ木村慎が日本人トップ 服部勇馬も安定した走り披露/東京五輪マラソンイベント


◇北海道札幌マラソンフェスティバル2021(北海道・札幌)

東京五輪のテストイベントである北海道・札幌マラソンフェスティバル2021が5月5日行われた。東京五輪マラソン代表選手や学生勢、海外からも選手を招待。

午前9時50分にスタートしたハーフマラソンの部は、男子がヒラリー・キプコエチ(ケニア)が1時間00分46秒。男子日本人トップは3位の木村慎(Honda)で、1時間1分46秒。東京五輪代表の服部勇馬(トヨタ自動車)は踵に痛みがあったことと、マラソンのペースを確かめることもあり、一定のペースで走り、24位、1時間2分59秒でフィニッシュした。

東京五輪のマラソンコース同様に大通公園をスタート。五輪はフィニッシュも同地点となるが、ハーフでは札幌市内を約2周するコースを1周し、北海道大学構内を抜けた地点をフィニッシュとした。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com