月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

北海道マラソン2年連続で休止 東京パラリンピックと期間重なる


北海道マラソンの組織委員会は2月16日、今夏予定していた2021年大会を休止すると発表した。休止の主な理由に、(1)開催予定日の8月29日が東京パラリンピックの期間と重なることで運営要員の確保が困難であること、(2)東京五輪のマラソン・競歩が札幌で開催されることにより、会場としている大通公園内の原状回復に時間を要するため、を挙げた。

実行医院長を務める北海道新聞社の常務取締役・鶴井亨氏は「2年続けての休止となりますが、五輪のマラソンは北海道マラソンのコースをベースに行われることから、次回大会は、これまで以上に注目される大会になるでしょう。その時に向けて準備を進め、参加者にとっても、また沿道で応援する方々にとっても一層魅力ある大会にしていきます」とコメントしている。

北海道マラソンは1987年に約400名の参加者でスタート。2016年からは2万人規模の大会となり、東京五輪マラソン代表選考会である「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」(2019年)の一次選考レースとして、女子は前田穂南(天満屋、17年優勝)がMGC切符第一号、鈴木亜由子(日本郵政グループ、18年優勝)もこの大会でMGC出場権を勝ち取り、ともに五輪代表に内定している。

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com