月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【駅伝】2年分の思いを込めて、名門・富士通が盤石の日本一/ニューイヤー駅伝

2021年の幕開けを告げる全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝inぐんま)。

1年前は、東日本予選で選手が故障するアクシデントで敗退を喫し、元日決戦の舞台に立つことすらできなかった。優勝2度を誇る名門・富士通。その連続出場が「29」で途切れた屈辱を、1年後に歓喜へと変えた。4時間48分52秒で12年ぶり3度目の栄冠をつかみ、選手たちは2年分の喜びを爆発させた。

コロナ禍に見舞われた2020年にあって、トラックシーズンから存在感を示してきた。9月の全日本実業団対抗選手権では5000mで坂東悠汰が優勝、10000mでは鈴木健吾が日本人2番手。12月4日の日本選手権5000mでは坂東が優勝、松枝博輝が2位と上位を占めた。

「この1年の結果で、『富士通は強いぞ』というイメージを植え付けることができた」と福嶋正監督。あとは個人の力を、東日本予選会(11月3日)の2年ぶり制覇をステップに、チームに集約させた。

「とにかく2年間の思いをもってスタートラインに立とう」(福嶋監督)と送り出された選手たちは、1区・松枝博輝のトップ中継を皮切りに躍動した。

その中で、チームのポイントだったのが「4区・中村匠吾」。東京五輪マラソン代表のエースに、どんなかたちでタスキをつなぐか。

福嶋監督からはトップに立ったうえで「15秒」のリードを作るという指令を受けた中村は、3番手から首位に立ち、2位に18秒差をつける力走。きっちりを仕事を果たし、5~7区の若手たち、2年目の塩尻和也、3年目の鈴木健吾、ルーキー・浦野雄平の奮起を引き出した。

終わってみれば、2位のトヨタ自動車に1分03秒差をつけての快勝。2区で6位まで落としたものの、鈴木と浦野を含めて3つの区間賞。2区でいったん6位に下がった以外は、常に上位にいる盤石のタスキリレーだった。

予選敗退をきっかけに、一つひとつの取り組みを丁寧に見直したという。選手、スタッフを含め、まさにチーム一丸でつかんだ栄冠だ。

中村は2月末のびわ湖毎日マラソンをステップに東京五輪に挑み、坂東や松枝らも中村と同じ五輪の舞台を目指していく。常に世界を目指してきた名門は、2021年元日をきっかけに、さらなる飛躍を期していく。

■富士通の優勝メンバー
1区 松枝博輝 35分28秒(区間1位)
2区 ベナード・キメリ 22分21秒(区間13位)
3区 坂東悠汰 38分03秒(区間6位)
4区 中村匠吾 1時間4分14秒(区間2位)
5区 塩尻和也 46分38秒(区間3位)
6区 鈴木健吾 35分33秒(区間1位)
7区 浦野雄平 46分35秒(区間1位)


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com