月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【箱根駅伝】創価大が初の往路優勝!東洋大が2位、駒大が3位、前回王者・青学大はまさかの12位に


◇第97回箱根駅伝・往路(東京・大手町~神奈川・箱根町/5区間107.5km)

第97回箱根駅伝の往路は2日、5日間107.5kmで行われ、4区で先頭に立った出場4回目の創価大が初の往路優勝を飾った。

1区はスローな展開から一転、18.6km付近でスパートを仕掛けた法大の鎌田航生(3年)が1時間3分02秒で区間賞を獲得。法大としては2000年の徳本一善以来となる鶴見中継所トップ通過だった。

2区では14位でタスキを受けた東京国際大のイェゴン・ヴィンセント(2年)が13人抜きで首位に浮上。前回大会で東洋大の相澤晃(現・旭化成)が樹立した区間記録を8秒更新する1時間5分49秒で駆け抜けた。

優勝候補に挙げられていたチームのうち、2区終了時で青学大が13位、明大が17位と出遅れる展開に。前回2位の東海大が3区の石原翔太郎(1年)でトップへ立ったが、創価大が前回10区区間賞の4区・嶋津雄大(3年)で東海大を逆転。そのまま5区の三上雄太(3年)も首位の座を譲らず、大学史上初の快挙につなげた。

2位は東洋大、3位は駒大と続き、前回王者の青学大はまさかの12位で往路を折り返した。


月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com