月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【長距離】3000m障害リオ五輪代表の高見澤安珠が現役引退を発表 「故障で思うような結果残せず」


資生堂は12月24日にホームページを更新し、女子3000m障害で2016年リオデジャネイロ五輪に出場した高見澤安珠の現役引退が発表された。

高見澤は三重県出身の24歳。津商高から松山大を経て18年度から資生堂へ。大学で3000m障害に取り組み才能が開花。1、2年時にU20日本記録(当時)を樹立すると、3年時の日本選手権では転倒しながらも9分44秒22(日本歴代2位、学生記録)で制し、リオ五輪の参加標準記録を突破して優勝して、代表に内定した。トラックのみならず駅伝でも強さを発揮し、同年には全日本大学女子駅伝で松山大の初優勝に貢献している。大学を卒業してからは故障に苦しみ、昨年12月の記録会を最後に、今年はレースに出場していなかった。

高見澤は同社を通じ、「小学6年生から約13年間、たくさんの方に支えていただき、これまで競技を続けることができました。故障が続き、思うような結果を残せない中でも、社員のみなさまに支えていただき、苦しい時でも目標を持ち続けることができ、感謝の気持ちでいっぱいです」をコメントを発表。また、自身のSNSでも引退を報告し、「たくさんの応援、本当にありがとうございました」と感謝を伝えている。

また、資生堂は、真柄碧が引退、今村咲織とメリッサ・ダンカンの退部も合わせて発表した。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com