月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【競歩】東京五輪代表・高橋英輝が10000m競歩で37分25秒21世界最高記録を上回る


主催者提供写真

11月14日の順大競技会、男子10000m競歩で高橋英輝(富士通)が37分25秒21をマーク。この記録は松永大介(富士通)の持つ日本記録37分58秒08を更新するだけでなく、2008年にJ.フェルナンデス(スペイン)がマークした37分53秒09の世界最高記録を大きく上回る快記録となる。さらに、2着の池田向希(東洋大)が37分25秒90、3着の古賀友太(明大)も37分30秒前後(※計測中)で、ここまでが世界最高記録を上回り、日本新記録だった。
(※10000m競歩は世界陸連(WA)が世界記録としては認定していない種目であり、また、競歩の新記録認定には国際審判員が必要となる)

高橋は花巻北高(岩手)から岩手大を経て富士通へ入社。大学4年時の日本選手権20km競歩で当時日本記録の1時間18分03秒で優勝し、北京世界選手権代表に。16年リオ五輪にも出場し、その後世界選手権も17、19年と代表になった。日本選手権20km競歩は15年から19年まで5連覇を達成。 昨年のドーハ世界選手権は10位だった。今年の日本選手権競歩とと全日本競歩能美大会を終え、高橋は20km競歩で東京五輪代表に内定している。

池田と古賀は10月25日の順大競技会5000m競歩で日本記録を更新する歩きを見せていた。東京五輪20km競歩の代表には、ドーハ世界選手権金メダルの山西利和(愛知製鋼)、池田、高橋の3名が内定。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com