HOME バックナンバー
HIGH SCHOOL FRONT LINE 2020スペシャル対談 石田洸介×古澤一生 群馬が誇る「高校記録保持者」
HIGH SCHOOL FRONT LINE 2020スペシャル対談 石田洸介×古澤一生 群馬が誇る「高校記録保持者」

種目は違えど互いに磨き合ってきた石田洸介(東農大二3、左)と古澤一生(前橋育英3)

新型コロナウイルス感染症流行による活動休止期間を経て、競技会が再開されて間もない7月18日、ホクレンディスタンスチャレンジ千歳大会の男子5000mで石田洸介(東農大二3群馬)が13分36秒89の高校新をマークした。同県の同い年が成し遂げた快挙に刺激を受けたのが、男子棒高跳の古澤一生(前橋育英3)。同日に1年2ヵ月ぶりに自己記録を1cm伸ばすと、8月8日の群馬県高校大会で高校記録を1cm更新する5m51に成功。すると、石田が負けじと9月27日の東海大長距離競技会で13分34秒74と再度記録を更新してみせた。

こうして今、群馬県内に高校記録保持者が2人いる。ともに「中学記録保持者」である点も共通しており、注目され続ける十字架を背負い、苦しい時期も乗り越えてきた歩みがある。中学時代からの交流、互いに尊敬し合い、刺激し合ってきた時間を振り返ってもらった。

●構成/奥村 崇

「『勝負の結果』を残していないのでまだまだ追いついていません」(石田)
「高校記録を2度も更新する大変さは、高校記録保持者になってわかります」(古澤)

—それぞれが高校新を出した際、SNSで交流していましたね。

古澤 石田君が高校新を出した日、同じ日に自分もベストを1cm更新したのですけど、SNSで結果を知った時は「先に高校記録を出されてしまったな」という気持ちが強かったですね。僕もすぐに追いつきたいと思って自分の高校新につながりました。種目こそ違うんですけど、本当に刺激をもらっています。

石田 古澤君が高校新を出した時は、僕もSNSで知りました。その前日に、古澤君が「高校記録を目指します」と意気込みを書いていて、自分も「絶対出せるよ」といったコメントを送った覚えがあります。高校新を知った時は驚きと同時に、「さすがだな」という気持ちでした。
古澤君は自分とは違い、1、2年の時から着々と結果を残していました。高校新を出すタイミングはたまたま自分のほうが先になったのですけど、自分はまだまだ結果を残せていない。そういう思いにさせてくれる存在です。種目は違えど一番のライバルだと感じているので、古澤君の高校新は自分のことのようにうれしかったです。

—お互いの高校新が刺激になっているんですね。

石田 はい。古澤君の高校新は、もう1回記録を更新する原動力になりました。でも、高校記録を2度更新したからといって自分のほうが上だとは思っていなくて、「勝負の結果」を残していない面では、まだまだ追いついていないなと思っています。

古澤 自分が高校記録を更新した時に「やっと追いつけた」と思ったんですけど、石田君がさらにもう1度更新したのには脱帽でした。たった1cmでも、記録を更新することはすごく大変。高校記録保持者になってみてわかります。それをこの短期間でもう1回やり遂げるのはすごい。自分もまだまだ1回だけの更新にとどまっていられないという思いに駆られましたね。

「同じ日に中学記録を出したことで、名前を知りました」(古澤)
「入試の日に忘れ物をして、古澤君が貸してくれました」(石田)

—3年前にも「中学記録保持者」になっています。当時は群馬と福岡で離れていま
したが、お互いのことはいつから知っていたのですか?

古澤 僕が中学記録を出したまさに同じ日に、中学記録を更新した人ということで、そこで初めて石田君のことを知りました。※編集部注:7月28日の群馬県中学総体で古澤が4m93、同日の福岡県中学総体1500mで石田が3分53秒54とそれぞれ中学新記録を樹立。

石田 月刊陸上に載ってるかなとページを開いたら、次のページに「同じ日に2種目でニューレコード」と書かれていて、「同じ日に更新した選手がいるんだ!?」と。詳しく読んでみると、去年の長野全中で優勝していると書かれていて「この選手すごいなぁ」と。SNSでフォローし合って、やり取りするようになっていきました。

古澤 秋にナショナルトレーニングセンターで合宿があって、そこで一緒に過ごし
て仲良くなりましたね。

石田 古澤君と知り合ったことをきっかけに、棒高跳の結果をよくチェックするようになりました。視野が狭いタイプだったのですが、世界を広げてくれたのが古澤君の存在です。

この続きは2020年11月13日発売の『月刊陸上競技12月号』をご覧ください。

 

※インターネットショップ「BASE」のサイトに移動します
郵便振替で購入する
定期購読はこちらから

種目は違えど互いに磨き合ってきた石田洸介(東農大二3、左)と古澤一生(前橋育英3) 新型コロナウイルス感染症流行による活動休止期間を経て、競技会が再開されて間もない7月18日、ホクレンディスタンスチャレンジ千歳大会の男子5000mで石田洸介(東農大二3群馬)が13分36秒89の高校新をマークした。同県の同い年が成し遂げた快挙に刺激を受けたのが、男子棒高跳の古澤一生(前橋育英3)。同日に1年2ヵ月ぶりに自己記録を1cm伸ばすと、8月8日の群馬県高校大会で高校記録を1cm更新する5m51に成功。すると、石田が負けじと9月27日の東海大長距離競技会で13分34秒74と再度記録を更新してみせた。 こうして今、群馬県内に高校記録保持者が2人いる。ともに「中学記録保持者」である点も共通しており、注目され続ける十字架を背負い、苦しい時期も乗り越えてきた歩みがある。中学時代からの交流、互いに尊敬し合い、刺激し合ってきた時間を振り返ってもらった。 ●構成/奥村 崇

「『勝負の結果』を残していないのでまだまだ追いついていません」(石田) 「高校記録を2度も更新する大変さは、高校記録保持者になってわかります」(古澤)

—それぞれが高校新を出した際、SNSで交流していましたね。 古澤 石田君が高校新を出した日、同じ日に自分もベストを1cm更新したのですけど、SNSで結果を知った時は「先に高校記録を出されてしまったな」という気持ちが強かったですね。僕もすぐに追いつきたいと思って自分の高校新につながりました。種目こそ違うんですけど、本当に刺激をもらっています。 石田 古澤君が高校新を出した時は、僕もSNSで知りました。その前日に、古澤君が「高校記録を目指します」と意気込みを書いていて、自分も「絶対出せるよ」といったコメントを送った覚えがあります。高校新を知った時は驚きと同時に、「さすがだな」という気持ちでした。 古澤君は自分とは違い、1、2年の時から着々と結果を残していました。高校新を出すタイミングはたまたま自分のほうが先になったのですけど、自分はまだまだ結果を残せていない。そういう思いにさせてくれる存在です。種目は違えど一番のライバルだと感じているので、古澤君の高校新は自分のことのようにうれしかったです。 —お互いの高校新が刺激になっているんですね。 石田 はい。古澤君の高校新は、もう1回記録を更新する原動力になりました。でも、高校記録を2度更新したからといって自分のほうが上だとは思っていなくて、「勝負の結果」を残していない面では、まだまだ追いついていないなと思っています。 古澤 自分が高校記録を更新した時に「やっと追いつけた」と思ったんですけど、石田君がさらにもう1度更新したのには脱帽でした。たった1cmでも、記録を更新することはすごく大変。高校記録保持者になってみてわかります。それをこの短期間でもう1回やり遂げるのはすごい。自分もまだまだ1回だけの更新にとどまっていられないという思いに駆られましたね。

「同じ日に中学記録を出したことで、名前を知りました」(古澤) 「入試の日に忘れ物をして、古澤君が貸してくれました」(石田)

—3年前にも「中学記録保持者」になっています。当時は群馬と福岡で離れていま したが、お互いのことはいつから知っていたのですか? 古澤 僕が中学記録を出したまさに同じ日に、中学記録を更新した人ということで、そこで初めて石田君のことを知りました。※編集部注:7月28日の群馬県中学総体で古澤が4m93、同日の福岡県中学総体1500mで石田が3分53秒54とそれぞれ中学新記録を樹立。 石田 月刊陸上に載ってるかなとページを開いたら、次のページに「同じ日に2種目でニューレコード」と書かれていて、「同じ日に更新した選手がいるんだ!?」と。詳しく読んでみると、去年の長野全中で優勝していると書かれていて「この選手すごいなぁ」と。SNSでフォローし合って、やり取りするようになっていきました。 古澤 秋にナショナルトレーニングセンターで合宿があって、そこで一緒に過ごし て仲良くなりましたね。 石田 古澤君と知り合ったことをきっかけに、棒高跳の結果をよくチェックするようになりました。視野が狭いタイプだったのですが、世界を広げてくれたのが古澤君の存在です。 この続きは2020年11月13日発売の『月刊陸上競技12月号』をご覧ください。  
※インターネットショップ「BASE」のサイトに移動します
郵便振替で購入する 定期購読はこちらから

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.30

2024年インターハイ地区大会情報

各地区で行われるインターハイ地区大会。全11地区分の大会関連ページ、結果ページです! インターハイ出場への道 ・各地区大会上位6位までがインターハイ出場 ※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで […]

NEWS アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

2024.05.30

アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

アディダス ジャパンは30日、東京・世田谷区の駒沢オリンピック公園総合運動場でランニングシリーズ「ADIZERO(アディゼロ)」の最新作シューズ「ADIZERO SL 2(アディゼロ エスエル ツー)」の商品プレゼンテー […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

2024.05.30

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」 5月のコラムは関東 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

2024.05.30

【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

FOCUS! 高校生INTERVIEW 谷口 海斗 Taniguchi kaito 中京大中京高3愛知 注目の高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は男子棒高跳の谷口海斗選手(中京大中京高3愛知)です。昨年 […]

NEWS 新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

2024.05.30

新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

女子10000m日本記録保持者でマラソン日本歴代3位の記録を持つ新谷仁美(積水化学)が、5月30日に都内で行われた契約するアディダスのシューズイベントに出席した。 今年3月の東京マラソンで2時間21分50秒をマークして日 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top