月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【棒高跳】昨シーズン高校2冠の古林愛理が4m13の高校新


10月11日に行われた兵庫県秋期記録会の女子棒高跳で、古林愛理(明石商高3兵庫)が4m13の高校新記録を樹立して優勝した。古林は3m80から試技を開始すると、その高さを1回でクリア。続く3m90は3回目に成功と少し苦戦したが、4m00を2回目で跳ぶと、バーを従来の高校記録を1cm超える高さに上げ、見事に2回目でクリアした。

古林は2年生だった昨シーズン、インターハイ、U18日本選手権の2冠を獲得。年が明けてからもU20室内も制していた。今季は自己記録を4m02まで伸ばしており、10月の日本選手権では4m00を跳んで4位に入っている。

■女子棒高跳 高校歴代10傑
4.13 古林 愛理(明石商3兵庫) 20年
4.12 田中 伶奈(観音寺一3香川) 18年
4.10 南野 弥生(札幌手稲3北海道) 03年
4.02 山地 里奈(観音寺一2香川) 17年
4.00 我孫子智美(光泉3滋賀) 05年
4.00 小田嶋怜美(木更津総合3千葉) 11年
4.00 台信  愛(中間3福岡) 19年
4.00 大坂谷明里(社3兵庫) 20年
3.95 青柳 有香(雪谷3東京)16年
3.92 住石 智子(木更津総合3千葉)07年



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com