月刊陸上競技が発信する国内初の陸上競技総合Webメディア

【長距離】横浜DeNAランニングクラブ 2020年度で廃止を発表 今後は個々にサポート


横浜DeNAランニングクラブが、2020年度末で廃止するとホームページで発表した。横浜DeNAは2013年に創設。13年に廃止となった名門・エスビー食品のスタッフと選手を受け入れるような体制でスタートした。2014年に全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)に初出場、16年に5位に入った。その後はチームの方針が変わり、18年10月に駅伝からの撤退を発表。徐々に縮小された。

来年度以降は「世界選手権などの国際大会等での活躍を目指す選手に対しそれぞれの競技活動をDeNAがサポートする新たな体制を立ち上げます」とし、現所属選手に対しても「個々に新体制でのオファーを行っている」という。なお、国近友昭監督はじめクラブスタッフは退任する。

チームには今年4月からは東海大から館澤享次、鬼塚翔太、松尾淳之介が加入。今年の日本選手権で1500mを制した館澤はTWOLAPSの横田真人コーチと業務委託契約を結び、鬼塚は米国のピート・ジュリアン氏とコーチング契約している。

以下、リリース文

 横浜DeNAランニングクラブは、2013年度に立ち上げました現クラブを2020年度末に廃止します。
 そして2021年度以降は、世界選手権などの国際大会等での活躍を目指す選手に対しそれぞれの競技活動をDeNAがサポートする新たな体制を立ち上げます。
 今回のランニング事業の新体制立ち上げは、コロナ禍の影響で弊社スポーツ事業が厳しい状況にある中で、今後もDeNAとして中長期的にランニング競技のサポートを続けるためのものです。
 現所属選手に対しましては改めて個々に新体制でのオファーを行っており、各選手の次年度以降の活動は選手各人の意向を尊重したうえ、決定いたしましたら逐次お知らせいたします。
 また、国近監督以下クラブのスタッフは現クラブの廃止に伴い退任となります。クラブの発展に対するこれまでの貢献に深く感謝しております。



月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com