HOME 駅伝、箱根駅伝

2020.10.05

【駅伝】箱根駅伝予選会の出場校が発表! インカレVの吉居&三浦もエントリー
【駅伝】箱根駅伝予選会の出場校が発表! インカレVの吉居&三浦もエントリー

今月17日に東京都立川市で開催される「第97回箱根駅伝予選会」の出場校と各校のエントリー選手(最大14人)が15日、関東学連から発表された。出場校は前回(43校)より3校増えて46校となり、立正大、茨城大、湘南工科大、埼玉大が前回から新たに名を連ねた。

今回は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から国営昭和記念公園内や市街地には出ず、陸上自衛隊立川駐屯地内の周回コースのみで行われる。会場に入れるのは大学関係者および競技運営関係者のみの“無観客”という異例のかたちだが、選考方法は従来通り。各校10名以上12名以下がハーフマラソンに出走し、各校の上位10人の合計タイムで争われる。

出場選手一覧には9月の日本インカレ5000mで優勝した吉居大和(中大)や同3000m障害を制した三浦龍司(順大)らスーパールーキーの名前も。エントリーから外れた有力選手では、1月の箱根駅伝でエース区区間の2区を担った神奈川大の北崎拓矢(4年)や同1区で出走した中大の千守倫央(2年)、同6区で区間4位と好走した日大の宮崎佑喜(4年)らが挙げられる。

<主なエントリー漏れ選手>
選手名(所属)  10000mPB 箱根2020成績
石綿宏人(中央学大4)29.11.06 10区18位
千守倫央(中大2)  28.37.68 1区16位
若林陽大(中大2)  29.27.93 6区10位
中野翔太(中大1)  28.58.80 ―
石川佳樹(拓大4)  29.16.75 5区11位
真砂春希(順大3)  29.27.91 5区14位
平 駿介(順大2)  28.48.40 ―
久納 碧(法大2)  29.53.46 1区19位
北崎拓矢(神奈川大4)28.57.30 2区20位
大内一輝(日体大4) 29.04.21 7区17位
太田哲朗(日体大4) 29.16.12 4区18位
亀田優太朗(日体大4)29.01.81 3区20位
宮崎佑喜(日大4)  30.31.01 6区4位
孝田拓海(国士大4) 30.00.46 10区14位
P.ギトンガ(国士大4)28.13.38 ―
荻原陸斗(国士大3) 29.52.10 1区20位
B.ムルア(山梨学大2)28.08.10 ―
※前回の箱根駅伝出場者と10000m28分台のベストを持つ選手

1月の本大会で10位までに入った青学大、東海大、國學院大、帝京大、東京国際大、明大、早大、駒大、創価大、東洋大にはシード権があり、その他の関東学連加盟校が残り「10枠」を懸けて激しいバトルを繰り広げる。

今月17日に東京都立川市で開催される「第97回箱根駅伝予選会」の出場校と各校のエントリー選手(最大14人)が15日、関東学連から発表された。出場校は前回(43校)より3校増えて46校となり、立正大、茨城大、湘南工科大、埼玉大が前回から新たに名を連ねた。 今回は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から国営昭和記念公園内や市街地には出ず、陸上自衛隊立川駐屯地内の周回コースのみで行われる。会場に入れるのは大学関係者および競技運営関係者のみの“無観客”という異例のかたちだが、選考方法は従来通り。各校10名以上12名以下がハーフマラソンに出走し、各校の上位10人の合計タイムで争われる。 出場選手一覧には9月の日本インカレ5000mで優勝した吉居大和(中大)や同3000m障害を制した三浦龍司(順大)らスーパールーキーの名前も。エントリーから外れた有力選手では、1月の箱根駅伝でエース区区間の2区を担った神奈川大の北崎拓矢(4年)や同1区で出走した中大の千守倫央(2年)、同6区で区間4位と好走した日大の宮崎佑喜(4年)らが挙げられる。 <主なエントリー漏れ選手> 選手名(所属)  10000mPB 箱根2020成績 石綿宏人(中央学大4)29.11.06 10区18位 千守倫央(中大2)  28.37.68 1区16位 若林陽大(中大2)  29.27.93 6区10位 中野翔太(中大1)  28.58.80 ― 石川佳樹(拓大4)  29.16.75 5区11位 真砂春希(順大3)  29.27.91 5区14位 平 駿介(順大2)  28.48.40 ― 久納 碧(法大2)  29.53.46 1区19位 北崎拓矢(神奈川大4)28.57.30 2区20位 大内一輝(日体大4) 29.04.21 7区17位 太田哲朗(日体大4) 29.16.12 4区18位 亀田優太朗(日体大4)29.01.81 3区20位 宮崎佑喜(日大4)  30.31.01 6区4位 孝田拓海(国士大4) 30.00.46 10区14位 P.ギトンガ(国士大4)28.13.38 ― 荻原陸斗(国士大3) 29.52.10 1区20位 B.ムルア(山梨学大2)28.08.10 ― ※前回の箱根駅伝出場者と10000m28分台のベストを持つ選手 1月の本大会で10位までに入った青学大、東海大、國學院大、帝京大、東京国際大、明大、早大、駒大、創価大、東洋大にはシード権があり、その他の関東学連加盟校が残り「10枠」を懸けて激しいバトルを繰り広げる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.30

アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

アディダス ジャパンは30日、東京・世田谷区の駒沢オリンピック公園総合運動場でランニングシリーズ「ADIZERO(アディゼロ)」の最新作シューズ「ADIZERO SL 2(アディゼロ エスエル ツー)」の商品プレゼンテー […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

2024.05.30

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」 5月のコラムは関東 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

2024.05.30

【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

FOCUS! 高校生INTERVIEW 谷口 海斗 Taniguchi kaito 中京大中京高3愛知 注目の高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は男子棒高跳の谷口海斗選手(中京大中京高3愛知)です。昨年 […]

NEWS 新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

2024.05.30

新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

女子10000m日本記録保持者でマラソン日本歴代3位の記録を持つ新谷仁美(積水化学)が、5月30日に都内で行われた契約するアディダスのシューズイベントに出席した。 今年3月の東京マラソンで2時間21分50秒をマークして日 […]

NEWS 宇野勝翔が200m20秒78で優勝!山路康太郎3位 女子200m鶴田玲美は23秒58で2位/WAコンチネンタルツアー

2024.05.30

宇野勝翔が200m20秒78で優勝!山路康太郎3位 女子200m鶴田玲美は23秒58で2位/WAコンチネンタルツアー

5月27日から29日かけ、中国・重慶市でWAコンチネンタルツアー・ブロンズの第2回一帯一路招待競技会が行われ、男子200mで宇野勝翔(オリコ)が20秒78(-0.5)で優勝を飾った。 宇野は昨年のアジア大会代表。3月に順 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top