HOME 国内、大学

2024.05.26

男子1部は関大がV2! MVP該当者なしも「総合力を発揮し連覇を果たせたことは次につながる」/関西IC
男子1部は関大がV2! MVP該当者なしも「総合力を発揮し連覇を果たせたことは次につながる」/関西IC

24年関西インカレで男子総合2連覇を飾った関大

◇第101回関西インカレ(2024年5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都、東寺ハウジングフィールド西京極)

関西インカレのT&Fの部の最終日が行われ、最後まで大激戦となった男子1部は昨年54年ぶりに総合優勝に輝いた関大が、19年ぶりの頂点を狙った京産大を6.5点差で振り切り連覇を果たした。

気まぐれな風の影響などもあり、大会新がゼロだった男子1部。MVP受賞者が該当なしとなるなど、全般的に記録面では納得のいかない結果となったが、「総合力を発揮し連覇を果たせたことは次につながる」とチームを牽引した4年生は口を揃える。

得点こそ昨年の164.5点から120点と大きく落としたものの、4位立命大までが17.5点差にひしめく大混戦を抜け出した意味は大きい。

初日から抜きつ抜かれつの接戦が続くなか、最終日の800mで1分48秒95、49秒20、49秒56のベストを持つ高梨有仁(4年)、森玉鳳雅(2年)、萬野七樹(1年)の中距離トリオが奮起。果敢に先頭を引っ張った高梨をゴール前でルーキーの萬野が捉え1分50秒83でV。高梨が1分50秒90、森玉が1分51秒18で続きワン・ツー・スリーフィニッシした。

バックストレートが強い向かい風となり、タイムは望めない状況下、「日本インカレで3人揃って決勝に進むことを目標に取り組んでいるなかで上位を独占することができてよかった」とメンバー。3人で21点を加点し、粘るライバル校を突き放した。

この力走がチームにさらに火をつけ、最後のマイルリレーでも、アンカーを務めた4年生の濱田澪が、200mで3位に敗れた悔しさをぶつける力走で前を行くびわスポ大、近大を最後の最後にかわし3分10秒07で有終の美を飾った。長いトンネルから昨年抜け出し、2年連続28度目のVを果たした関大。伝統は確実に次の世代へと受け継がれていく。

19年ぶりの頂点が目の前に迫ったが、あと一歩届かなかった京産大。最終日も前日の200m準決勝で20秒84、70の自己ベストをマークしていた田中颯、壹岐元太の3年生組が奮起。

タイムこそ落としたものの20秒93、21秒07(+2.2)でワン・ツーを決めるなど一歩抜け出したかに見えたが、フィールド種目の最後を飾ったやり投で5投目までトップを守っていた中野龍治(4年)が最終投てきで逆転を許し3位、関大が制したマイルで7位に終わり涙を飲んだ。それでもフィールド優勝をはじめ、長距離種目で存在感を示すなど、こちらも今後につながる大会となった。

12校で争われた1部は神戸大、阪大が11、12位で2部へ降格。2部で1、2位の摂南大、天理大が1部に返り咲くこととなった。

女子は最後まで園田学園女大(154.5点)と競り合った立命大(177点)が、10000m競歩で学生新を叩き出した柳井綾音(3年)の活躍などで3年連続11回目の総合優勝に輝いた。

文/花木 雫

◇第101回関西インカレ(2024年5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都、東寺ハウジングフィールド西京極) 関西インカレのT&Fの部の最終日が行われ、最後まで大激戦となった男子1部は昨年54年ぶりに総合優勝に輝いた関大が、19年ぶりの頂点を狙った京産大を6.5点差で振り切り連覇を果たした。 気まぐれな風の影響などもあり、大会新がゼロだった男子1部。MVP受賞者が該当なしとなるなど、全般的に記録面では納得のいかない結果となったが、「総合力を発揮し連覇を果たせたことは次につながる」とチームを牽引した4年生は口を揃える。 得点こそ昨年の164.5点から120点と大きく落としたものの、4位立命大までが17.5点差にひしめく大混戦を抜け出した意味は大きい。 初日から抜きつ抜かれつの接戦が続くなか、最終日の800mで1分48秒95、49秒20、49秒56のベストを持つ高梨有仁(4年)、森玉鳳雅(2年)、萬野七樹(1年)の中距離トリオが奮起。果敢に先頭を引っ張った高梨をゴール前でルーキーの萬野が捉え1分50秒83でV。高梨が1分50秒90、森玉が1分51秒18で続きワン・ツー・スリーフィニッシした。 バックストレートが強い向かい風となり、タイムは望めない状況下、「日本インカレで3人揃って決勝に進むことを目標に取り組んでいるなかで上位を独占することができてよかった」とメンバー。3人で21点を加点し、粘るライバル校を突き放した。 この力走がチームにさらに火をつけ、最後のマイルリレーでも、アンカーを務めた4年生の濱田澪が、200mで3位に敗れた悔しさをぶつける力走で前を行くびわスポ大、近大を最後の最後にかわし3分10秒07で有終の美を飾った。長いトンネルから昨年抜け出し、2年連続28度目のVを果たした関大。伝統は確実に次の世代へと受け継がれていく。 19年ぶりの頂点が目の前に迫ったが、あと一歩届かなかった京産大。最終日も前日の200m準決勝で20秒84、70の自己ベストをマークしていた田中颯、壹岐元太の3年生組が奮起。 タイムこそ落としたものの20秒93、21秒07(+2.2)でワン・ツーを決めるなど一歩抜け出したかに見えたが、フィールド種目の最後を飾ったやり投で5投目までトップを守っていた中野龍治(4年)が最終投てきで逆転を許し3位、関大が制したマイルで7位に終わり涙を飲んだ。それでもフィールド優勝をはじめ、長距離種目で存在感を示すなど、こちらも今後につながる大会となった。 12校で争われた1部は神戸大、阪大が11、12位で2部へ降格。2部で1、2位の摂南大、天理大が1部に返り咲くこととなった。 女子は最後まで園田学園女大(154.5点)と競り合った立命大(177点)が、10000m競歩で学生新を叩き出した柳井綾音(3年)の活躍などで3年連続11回目の総合優勝に輝いた。 文/花木 雫

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

NEWS 男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

2024.06.12

男子中長距離は佐久長聖勢が充実 200mは佐藤克樹、砲丸投は田村凪に注目 女子スプリントは秋澤理沙、100mHは神園弥優が軸/IH北信越

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ北信越地区大会(新潟、長野、富山、石川、福井)は6月13日から16日までの4日間、新潟市の新潟スタジアム(デンカビッグスワンス […]

NEWS 八種競技全国4位の三森咲大朗やルーキー髙城昊紀の110mHに好記録の予感 女子長距離は神村学園 男子投てきは高レベルの争い/IH南九州

2024.06.12

八種競技全国4位の三森咲大朗やルーキー髙城昊紀の110mHに好記録の予感 女子長距離は神村学園 男子投てきは高レベルの争い/IH南九州

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ南九州地区大会(熊本、宮崎、鹿児島、沖縄)は6月13日から16日までの4日間、宮崎市の宮崎県総合運動公園ひなた陸上競技場で開か […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top