HOME 国内

2024.05.11

三浦龍司がパリ五輪代表内定! 3000m障害8分13秒96で参加標準突破!!/DLドーハ
三浦龍司がパリ五輪代表内定! 3000m障害8分13秒96で参加標準突破!!/DLドーハ

24年織田記念男子3000m障害を大会新で制した三浦龍司

5月10日、ダイヤモンドリーグ(DL)第3戦のドーハ大会がカタールで行われ、男子3000m障害で昨年のブダペスト世界選手権6位の三浦龍司(SUBARU)が8分13秒96で5位に入った。パリ五輪の参加標準記録(8分15秒00)を突破した三浦は、日本陸連の定める条件をクリアして2大会連続の五輪代表にも内定した。

三浦はこれが3000m障害今季2試合目。1試合目となった4月29日の織田記念では優勝を飾ったものの、雨も影響して8分22秒07と標準記録突破はならず。それでも「まずは勝つことを目標にしていたので勝負に勝つという意味では良かった」と明るい表情を見せていた。

ブダペスト世界選手権銅メダルのアブラハム・キビウォト(ケニア)など世界のトップクラスが集結したレースでは、三浦は積極的な走りを展開。ペースメーカーが引っ張る集団の前方に位置づけると、1000m2分42秒とラップを刻んでいく。途中でトップのゲットネット・ワレ(エチオピア)が作るペースに離されかける場面もあったが、残り400m地点までは先頭集団に食らいついた。最後は8分07秒25で優勝したサムエル・フィレウ(エチオピア)らには引き離されたものの、フィニッシュまでしっかりと走り抜き、代表内定を手にした。

三浦はこの春に順大を卒業し、SUBARUに入社。練習拠点は順大に置いているため大きな環境の変化はないが、入社時には「五輪、世界大会で3000m障害で世界と戦っていきたいし、メダルを目指していきたいというのが第一目標。ニューイヤー駅伝でも一員として貢献できれば」と語っていた。

これで、トラック&フィールド種目では、女子やり投の北口榛花(JAL)、男子110mHの泉谷駿介(住友電工)に次いで、3人目の五輪内定者となった。

5月10日、ダイヤモンドリーグ(DL)第3戦のドーハ大会がカタールで行われ、男子3000m障害で昨年のブダペスト世界選手権6位の三浦龍司(SUBARU)が8分13秒96で5位に入った。パリ五輪の参加標準記録(8分15秒00)を突破した三浦は、日本陸連の定める条件をクリアして2大会連続の五輪代表にも内定した。 三浦はこれが3000m障害今季2試合目。1試合目となった4月29日の織田記念では優勝を飾ったものの、雨も影響して8分22秒07と標準記録突破はならず。それでも「まずは勝つことを目標にしていたので勝負に勝つという意味では良かった」と明るい表情を見せていた。 ブダペスト世界選手権銅メダルのアブラハム・キビウォト(ケニア)など世界のトップクラスが集結したレースでは、三浦は積極的な走りを展開。ペースメーカーが引っ張る集団の前方に位置づけると、1000m2分42秒とラップを刻んでいく。途中でトップのゲットネット・ワレ(エチオピア)が作るペースに離されかける場面もあったが、残り400m地点までは先頭集団に食らいついた。最後は8分07秒25で優勝したサムエル・フィレウ(エチオピア)らには引き離されたものの、フィニッシュまでしっかりと走り抜き、代表内定を手にした。 三浦はこの春に順大を卒業し、SUBARUに入社。練習拠点は順大に置いているため大きな環境の変化はないが、入社時には「五輪、世界大会で3000m障害で世界と戦っていきたいし、メダルを目指していきたいというのが第一目標。ニューイヤー駅伝でも一員として貢献できれば」と語っていた。 これで、トラック&フィールド種目では、女子やり投の北口榛花(JAL)、男子110mHの泉谷駿介(住友電工)に次いで、3人目の五輪内定者となった。

【動画】8分13秒96で五輪内定!三浦龍司の走りをチェック!

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.28

サニブラウンが抱く日本陸上界への想い「小中高生にいろんな機会、チャンスを作りたい」主催大会DAWN GAMESを発足

2022年オレゴン、2023年ブダペストと、世界選手権100mで2大会連続ファイナルに進んでいるサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)。15歳で世界デビューしてから、海外留学やプロ宣言など、数々の挑戦を続けてきた男が、 […]

NEWS ルーキー・森千莉が女子800m大会新V 女子4×100mRは中京大が大学新記録で栄冠/東海IC

2024.05.28

ルーキー・森千莉が女子800m大会新V 女子4×100mRは中京大が大学新記録で栄冠/東海IC

◇第90回東海インカレ(5月24~26日/岐阜・長良川競技場) 東海インカレが5月24日から26日までの3日間行われ、女子800mで1年生の森千莉(至学館大)が2分07秒73の大会新記録で優勝した。これまでの大会記録は竹 […]

NEWS 走幅跳・植村哲平が7m71で大会新V 井戸優希は男子400m、800m、4×400mR3冠 女子総合は北大が初優勝/北海道IC

2024.05.28

走幅跳・植村哲平が7m71で大会新V 井戸優希は男子400m、800m、4×400mR3冠 女子総合は北大が初優勝/北海道IC

◇第76回北海道インカレ(5月24~26日/札幌円山競技場) 北海道インカレが5月24日から26日までの3日間行われ、男子走幅跳では植村哲平(東海大北海道)が7m71(+1.9)の大会新ならびに自己新記録で優勝を飾った。 […]

NEWS 五輪内定の泉谷駿介はじめ、多田修平、黒川和樹が欠場発表/関西実業団

2024.05.28

五輪内定の泉谷駿介はじめ、多田修平、黒川和樹が欠場発表/関西実業団

関西実業団連盟は5月27日、第68回関西実業団選手権(5月31日~6月2日、ヤンマースタジアム長居)の欠場者リストを発表した。 男子110mハードルでパリ五輪代表に内定している泉谷駿介(住友電工)は100m、400mハー […]

NEWS 100mH別所みゆが13秒83 女子100m、200mは開星・永岡璃紗、畑心海がワンツー 男子400m筧光希也が大会新V/IH島根県大会

2024.05.28

100mH別所みゆが13秒83 女子100m、200mは開星・永岡璃紗、畑心海がワンツー 男子400m筧光希也が大会新V/IH島根県大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 島根県大会は5月24日~26日の3日間、浜山公園陸上競技場で行われ、各種目で好勝負が演じられた […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top