HOME 国内、大学

2024.05.10

黄金ルーキー・高橋諒が十種競技でV!7235点のU20日本最高をマーク/関東IC
黄金ルーキー・高橋諒が十種競技でV!7235点のU20日本最高をマーク/関東IC

1年生で関東インカレ十種競技を制した高橋諒(慶大)

◇第103回関東インカレ(5月9~12日/東京・国立競技場)2日目

関東インカレの1、2日目にかけて男子十種競技が行われ、高橋諒(慶大)が7250点1年生優勝。U20日本最高記録(7175点/土井翔太、早大)を塗り替えた。

「総合得点は意識していません」とスタートした1日目。100mを10秒94(+0.2)で滑り出すと、走幅跳はセカンドベストの7m33(+0.5)、砲丸投は11m42の自己新、走高跳も1m99の自己新と、好調ぶりを見せる。

2日目も110mハードルは14秒54(+0.9)のセカンドベスト、円盤投(32m51)、棒高跳(3m60)と立て続けに自己新。やり投も60m99でベストを塗り替えて1500mに臨んだ。

当初の19時25分から大幅に遅れ、20時45分にスタートした最終1500m。最後は「2位に抜かれそうになったので」とスパートし、4分45秒67でカバーし、両手を広げて“キング”の座に就いた。

「優勝は狙っていましたが、まさか本当にできるとは思いませんでした」とあどけない笑顔を見せる高橋。5種目自己新、2種目セカンドベストという圧巻のパフォーマンスだった。

400mを制した豊田兼と同じ桐朋高(東京)出身。1部でしっかり戦うために「桐朋高の2人で点数を取ろう」と声を掛け合ったという。

高校時代は八種競技では高1からインターハイを勝つ離れ業。2年時は連覇した。記録面でも高1、2歴代2位にランクインしている。

ただ、試練は高3。史上初のインターハイ3連覇を狙ったシーズンで故障。夢がついえた。だが、「僕の持ち味はポジティブに切り替えられるところ」。すぐに秋の“記録”を見据えると、丸山優真(信太高、現・住友電工)が持つ高校記録を塗り替える6264点をマークした。

すでに十種競技を見据えて棒高跳や円盤投などにも取り組むと、高校最後に出た初十種競技で6766点、4月の東京選手権で6938点と着実に伸ばし、今回の得点につなげた。特に「棒高跳で3m60の自己ベストを跳べたら勝てる、と思いました」。身長178cmと、決して体格が特別に恵まれているわけではないが、スピード、そして“合わせる力”は並外れている。

今年の目標はU20世界選手権。そのために、6月のU20日本選手権に照準を絞り、「できるだけ高い点数を取りたいです」。丸山の持つU20規格の7790点にどこまで近づけるか。

混成界期待のスーパールーキーは、初の関東インカレで堂々の“キング”として輝きを放った。

◇第103回関東インカレ(5月9~12日/東京・国立競技場)2日目 関東インカレの1、2日目にかけて男子十種競技が行われ、高橋諒(慶大)が7250点1年生優勝。U20日本最高記録(7175点/土井翔太、早大)を塗り替えた。 「総合得点は意識していません」とスタートした1日目。100mを10秒94(+0.2)で滑り出すと、走幅跳はセカンドベストの7m33(+0.5)、砲丸投は11m42の自己新、走高跳も1m99の自己新と、好調ぶりを見せる。 2日目も110mハードルは14秒54(+0.9)のセカンドベスト、円盤投(32m51)、棒高跳(3m60)と立て続けに自己新。やり投も60m99でベストを塗り替えて1500mに臨んだ。 当初の19時25分から大幅に遅れ、20時45分にスタートした最終1500m。最後は「2位に抜かれそうになったので」とスパートし、4分45秒67でカバーし、両手を広げて“キング”の座に就いた。 「優勝は狙っていましたが、まさか本当にできるとは思いませんでした」とあどけない笑顔を見せる高橋。5種目自己新、2種目セカンドベストという圧巻のパフォーマンスだった。 400mを制した豊田兼と同じ桐朋高(東京)出身。1部でしっかり戦うために「桐朋高の2人で点数を取ろう」と声を掛け合ったという。 高校時代は八種競技では高1からインターハイを勝つ離れ業。2年時は連覇した。記録面でも高1、2歴代2位にランクインしている。 ただ、試練は高3。史上初のインターハイ3連覇を狙ったシーズンで故障。夢がついえた。だが、「僕の持ち味はポジティブに切り替えられるところ」。すぐに秋の“記録”を見据えると、丸山優真(信太高、現・住友電工)が持つ高校記録を塗り替える6264点をマークした。 すでに十種競技を見据えて棒高跳や円盤投などにも取り組むと、高校最後に出た初十種競技で6766点、4月の東京選手権で6938点と着実に伸ばし、今回の得点につなげた。特に「棒高跳で3m60の自己ベストを跳べたら勝てる、と思いました」。身長178cmと、決して体格が特別に恵まれているわけではないが、スピード、そして“合わせる力”は並外れている。 今年の目標はU20世界選手権。そのために、6月のU20日本選手権に照準を絞り、「できるだけ高い点数を取りたいです」。丸山の持つU20規格の7790点にどこまで近づけるか。 混成界期待のスーパールーキーは、初の関東インカレで堂々の“キング”として輝きを放った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.28

サニブラウンが抱く日本陸上界への想い「小中高生にいろんな機会、チャンスを作りたい」主催大会DAWN GAMESを発足

2022年オレゴン、2023年ブダペストと、世界選手権100mで2大会連続ファイナルに進んでいるサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)。15歳で世界デビューしてから、海外留学やプロ宣言など、数々の挑戦を続けてきた男が、 […]

NEWS ルーキー・森千莉が女子800m大会新V 女子4×100mRは中京大が大学新記録で栄冠/東海IC

2024.05.28

ルーキー・森千莉が女子800m大会新V 女子4×100mRは中京大が大学新記録で栄冠/東海IC

◇第90回東海インカレ(5月24~26日/岐阜・長良川競技場) 東海インカレが5月24日から26日までの3日間行われ、女子800mで1年生の森千莉(至学館大)が2分07秒73の大会新記録で優勝した。これまでの大会記録は竹 […]

NEWS 走幅跳・植村哲平が7m71で大会新V 井戸優希は男子400m、800m、4×400mR3冠 女子総合は北大が初優勝/北海道IC

2024.05.28

走幅跳・植村哲平が7m71で大会新V 井戸優希は男子400m、800m、4×400mR3冠 女子総合は北大が初優勝/北海道IC

◇第76回北海道インカレ(5月24~26日/札幌円山競技場) 北海道インカレが5月24日から26日までの3日間行われ、男子走幅跳では植村哲平(東海大北海道)が7m71(+1.9)の大会新ならびに自己新記録で優勝を飾った。 […]

NEWS 五輪内定の泉谷駿介はじめ、多田修平、黒川和樹が欠場発表/関西実業団

2024.05.28

五輪内定の泉谷駿介はじめ、多田修平、黒川和樹が欠場発表/関西実業団

関西実業団連盟は5月27日、第68回関西実業団選手権(5月31日~6月2日、ヤンマースタジアム長居)の欠場者リストを発表した。 男子110mハードルでパリ五輪代表に内定している泉谷駿介(住友電工)は100m、400mハー […]

NEWS 100mH別所みゆが13秒83 女子100m、200mは開星・永岡璃紗、畑心海がワンツー 男子400m筧光希也が大会新V/IH島根県大会

2024.05.28

100mH別所みゆが13秒83 女子100m、200mは開星・永岡璃紗、畑心海がワンツー 男子400m筧光希也が大会新V/IH島根県大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 島根県大会は5月24日~26日の3日間、浜山公園陸上競技場で行われ、各種目で好勝負が演じられた […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top