HOME 国内、日本代表

2024.04.21

日本がマラソンリレーパリ五輪出場権を2枠獲得!池田向希&岡田久美子が銀メダル! 髙橋&渕瀬が17位で滑り込み/世界競歩チーム選手権
日本がマラソンリレーパリ五輪出場権を2枠獲得!池田向希&岡田久美子が銀メダル! 髙橋&渕瀬が17位で滑り込み/世界競歩チーム選手権

池田向希(旭化成、左)と岡田久美子(富士通)。写真は24年日本選手権20km競歩

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ)

世界競歩チーム選手権が行われ、パリ五輪出場権を懸けた男女混合マラソンリレーで池田向希(旭化成)・岡田久美子(富士通)チームが2時間57分04秒で銀メダルを獲得し、パリ五輪出場権を獲得した。

男女各1名で42.195kmを男子(11.195km)、女子(10km)、男子(11km)、女子(10km)の順にリストバントをつなぐ形式。全体の22位以内に入れば1チーム、加えて各国2チーム目の上位5ヵ国以内に入れば2チーム目の出場権が獲得できる。

日本は髙橋和生(ADワークスグループ)・渕瀬真寿美(建装工業)チームが17位となり、2チーム目の順位ではスペイン、中国、コロンビア、豪州に続く5番目となり、五輪出場2枠目も獲得した。川野将虎(旭化成)・梅野倖子(順大)チームは27位だった。

序盤は混戦の中で、日本は1走から2走へつなぐタイミングで抜け出し、3チームが一時トップの場面を作る。2走で踏ん張ったのが岡田。4位で粘ると、東京五輪銀メダリスト・池田が前との差を一気に詰め、23kmを過ぎてトップに立った。

2位のブラジルに7秒あたりのリードをもらって2度目のスタートを切った岡田は、34kmを過ぎてブラジルにかわされたものの、2位を死守。終盤はブラジルを再逆転したが、イタリアの猛追を受けて金メダルに19秒届かなかった。それでも1時間27分41秒の日本記録とドーハ世界選手権6位のキャリアを誇る32歳は、最後まで自分の歩きを崩さなかった。

日本チームは直前に女子エースの藤井菜々子(エディオン)が体調不良のため、諾年のブダペスト世界陸上35km競歩7位の園田世玲奈(NTN)も慢性萎縮性胃炎のため相次いで代表を辞退するなどアクシデントが続いたが、日本競歩の底力を世界にアピール。男女20kmと合わせて、3種目でパリに挑む。

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が行われ、パリ五輪出場権を懸けた男女混合マラソンリレーで池田向希(旭化成)・岡田久美子(富士通)チームが2時間57分04秒で銀メダルを獲得し、パリ五輪出場権を獲得した。 男女各1名で42.195kmを男子(11.195km)、女子(10km)、男子(11km)、女子(10km)の順にリストバントをつなぐ形式。全体の22位以内に入れば1チーム、加えて各国2チーム目の上位5ヵ国以内に入れば2チーム目の出場権が獲得できる。 日本は髙橋和生(ADワークスグループ)・渕瀬真寿美(建装工業)チームが17位となり、2チーム目の順位ではスペイン、中国、コロンビア、豪州に続く5番目となり、五輪出場2枠目も獲得した。川野将虎(旭化成)・梅野倖子(順大)チームは27位だった。 序盤は混戦の中で、日本は1走から2走へつなぐタイミングで抜け出し、3チームが一時トップの場面を作る。2走で踏ん張ったのが岡田。4位で粘ると、東京五輪銀メダリスト・池田が前との差を一気に詰め、23kmを過ぎてトップに立った。 2位のブラジルに7秒あたりのリードをもらって2度目のスタートを切った岡田は、34kmを過ぎてブラジルにかわされたものの、2位を死守。終盤はブラジルを再逆転したが、イタリアの猛追を受けて金メダルに19秒届かなかった。それでも1時間27分41秒の日本記録とドーハ世界選手権6位のキャリアを誇る32歳は、最後まで自分の歩きを崩さなかった。 日本チームは直前に女子エースの藤井菜々子(エディオン)が体調不良のため、諾年のブダペスト世界陸上35km競歩7位の園田世玲奈(NTN)も慢性萎縮性胃炎のため相次いで代表を辞退するなどアクシデントが続いたが、日本競歩の底力を世界にアピール。男女20kmと合わせて、3種目でパリに挑む。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアーシルバーのP-T-Sミーティングが5月24日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(住友電工)が6m52(+0.3)で2位だった。 日本記録(6m97)保 […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21 […]

NEWS 米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

2024.05.25

米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

全米学生選手権出場を懸けた東部地区予選の男子800mに石井優吉(ペンシルベニア州立大)が出場し、3組行われた決勝ラウンドの1組目で1分46秒22の日本歴代7位タイをマークした。 各組3着までと記録上位3人がラウンドを通過 […]

NEWS 女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

2024.05.25

女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部3日目が行われ、女子やり投で4年生の篠田佳奈(京大)が4投目に57m63の自己ベストを投げ大会3連覇を飾った。 昨年は […]

NEWS サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

2024.05.24

サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)と契約するマネジメント会社UDN SPORTSは、小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」を開 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top