HOME 国内、大学

2024.04.06

東洋大にインターハイ王者3人入学 平川慧「400mで44秒台を出したい」下田隼人、逢坂草太朗も世界を目指す
東洋大にインターハイ王者3人入学 平川慧「400mで44秒台を出したい」下田隼人、逢坂草太朗も世界を目指す

東洋大に入学した1年生

東洋大は4月6日、都内で入学式と陸上競技部の入部式を行い、1年生は新たなステージでの躍進を誓った。

今年度は、昨年の北海道インターハイで男子400mを制した平川慧(沖縄・コザ高出身)、男子400mハードルで頂点に立った下田隼人(愛知・豊川高出身)、男子5000m競歩を快勝した逢坂草太朗(兵庫・川西緑台高出身)が入学。このほか、長距離では昨年の全国高校駅伝1区2位と好走した松井海斗(埼玉栄高出身)ら、短距離や長距離まで実力のある選手がそろって門を叩いた。

400mで46秒63、200mでも21秒06の自己ベストを持つ平川は、「親元を離れて寮生活なので、まずは新しい生活に慣れて自分のペースを作りたい」と話す。競技面では「200mや400mだけでなく、100mのトレーニングもしっかり積んでスピードを高めていきたいです。まずは200mの自己ベストが高2だったので、早く更新して20秒台を出したい」と意気込む。

東洋大では桐生祥秀(日本生命)やウォルシュ・ジュリアン(富士通)、中島佑気ジョセフ(富士通)といった現役やOBを含め、日本代表などで活躍してきた。平川も「在学中に世界選手権に出場できるように、逆算して高いレベルのトレーニングを積み上げていきたいです。400mでは44秒台を出したい」と意気込んでいた。

昨年のインターハイでそれまでの自己ベストを1秒以上更新し、高校歴代6位の50秒14をマークした下田。「まずは49秒台を出したいです。1年生では関東インカレや日本インカレに出て入賞することが目標。大学のうちに47秒台を目指したい。日本トップにとどまらず、アジアや世界に出たい」と力を込めた。

逢坂はインターハイを制したあと、鹿児島国体少年共通5000m競歩や2月のU20選抜競歩などでも優勝。4月21日の世界競歩チーム選手権(トルコ・アユタヤ)のU20・10km代表に選出された。「今年は世界競歩と8月のU20世界選手権でいずれも金メダルを取りたい」とルーキーシーズンから“世界一”を目標に掲げている。さらに「2028年のロス五輪金メダルを目指して、1年生から20kmを取り組んでしっかりつなげたいです」と話していた。

松井は3月30日の世界クロスカントリー選手権(セルビア・ベオグラード)のU20・8kmに出場したばかり。日本勢2番手の19位(24分21秒)という結果に「世界との力の差を感じました」と振り返る。「しっかりその差を縮めていけるように、トラック、ロードともにがんばって、2年生の夏までに10000m27分台を出し、箱根駅伝では4年間のうちに区間新記録を打ち立てたい」と語った。

東洋大は4月6日、都内で入学式と陸上競技部の入部式を行い、1年生は新たなステージでの躍進を誓った。 今年度は、昨年の北海道インターハイで男子400mを制した平川慧(沖縄・コザ高出身)、男子400mハードルで頂点に立った下田隼人(愛知・豊川高出身)、男子5000m競歩を快勝した逢坂草太朗(兵庫・川西緑台高出身)が入学。このほか、長距離では昨年の全国高校駅伝1区2位と好走した松井海斗(埼玉栄高出身)ら、短距離や長距離まで実力のある選手がそろって門を叩いた。 400mで46秒63、200mでも21秒06の自己ベストを持つ平川は、「親元を離れて寮生活なので、まずは新しい生活に慣れて自分のペースを作りたい」と話す。競技面では「200mや400mだけでなく、100mのトレーニングもしっかり積んでスピードを高めていきたいです。まずは200mの自己ベストが高2だったので、早く更新して20秒台を出したい」と意気込む。 東洋大では桐生祥秀(日本生命)やウォルシュ・ジュリアン(富士通)、中島佑気ジョセフ(富士通)といった現役やOBを含め、日本代表などで活躍してきた。平川も「在学中に世界選手権に出場できるように、逆算して高いレベルのトレーニングを積み上げていきたいです。400mでは44秒台を出したい」と意気込んでいた。 昨年のインターハイでそれまでの自己ベストを1秒以上更新し、高校歴代6位の50秒14をマークした下田。「まずは49秒台を出したいです。1年生では関東インカレや日本インカレに出て入賞することが目標。大学のうちに47秒台を目指したい。日本トップにとどまらず、アジアや世界に出たい」と力を込めた。 逢坂はインターハイを制したあと、鹿児島国体少年共通5000m競歩や2月のU20選抜競歩などでも優勝。4月21日の世界競歩チーム選手権(トルコ・アユタヤ)のU20・10km代表に選出された。「今年は世界競歩と8月のU20世界選手権でいずれも金メダルを取りたい」とルーキーシーズンから“世界一”を目標に掲げている。さらに「2028年のロス五輪金メダルを目指して、1年生から20kmを取り組んでしっかりつなげたいです」と話していた。 松井は3月30日の世界クロスカントリー選手権(セルビア・ベオグラード)のU20・8kmに出場したばかり。日本勢2番手の19位(24分21秒)という結果に「世界との力の差を感じました」と振り返る。「しっかりその差を縮めていけるように、トラック、ロードともにがんばって、2年生の夏までに10000m27分台を出し、箱根駅伝では4年間のうちに区間新記録を打ち立てたい」と語った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.25

P-T-Sミーティング・女子走幅跳で秦澄美鈴が2位 男子200m西裕大が3位/WAコンチネンタルツアー

世界陸連(WA)コンチネンタルツアーシルバーのP-T-Sミーティングが5月24日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァで行われ、女子走幅跳で秦澄美鈴(住友電工)が6m52(+0.3)で2位だった。 日本記録(6m97)保 […]

NEWS 女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

2024.05.25

女子10000m競歩・柳井綾音が日本学生新でV3! 「この場で記録を出すことができてうれしい」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部最終日が行われ、競歩の男女混合リレーでパリ五輪代表に内定している柳井綾音(立命大3)が女子10000m競歩で44分21 […]

NEWS 米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

2024.05.25

米国留学の石井優吉が800mで1分46秒22! 日本人男子でサニブラウン以来の全米学生選手権へ

全米学生選手権出場を懸けた東部地区予選の男子800mに石井優吉(ペンシルベニア州立大)が出場し、3組行われた決勝ラウンドの1組目で1分46秒22の日本歴代7位タイをマークした。 各組3着までと記録上位3人がラウンドを通過 […]

NEWS 女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

2024.05.25

女子やり投・篠田佳奈が自己新V 57m63で堂々3連覇 「60m近くの感触があった」/関西IC

◇第101回関西インカレ(5月22日~25日/京都・たけびしスタジアム京都) 関西インカレのT&Fの部3日目が行われ、女子やり投で4年生の篠田佳奈(京大)が4投目に57m63の自己ベストを投げ大会3連覇を飾った。 昨年は […]

NEWS サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

2024.05.24

サニブラウン主催「DAWN GAMES」本格始動!小中高100m大会、6月に東西で予選

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)と契約するマネジメント会社UDN SPORTSは、小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」を開 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top