HOME 国内、海外

2024.01.18

大迫傑が4月のボストンマラソンに参戦!「ワクワクする方を選んだ」 世界歴代4位のレンマ、3連覇目指すチェベトらと対決
大迫傑が4月のボストンマラソンに参戦!「ワクワクする方を選んだ」 世界歴代4位のレンマ、3連覇目指すチェベトらと対決

2023東京マラソンで9位の大迫傑

第128回ボストンマラソン(米国/4月15日)の主催者が1月17日に男子の招待選手を発表し、東京五輪6位の大迫傑(Nike)が出場することがわかった。

これを受けて大迫は自身のSNSで「See you In BOSTON….ワクワクする方を選んだ、東京だと面白くないじゃん」とつづり、パリ五輪代表選考が懸かったMGCファイナルチャレンジの大阪、東京を回避し、海外のレースに臨むことを明らかにした。

パリ五輪のマラソン代表は、昨年10月のMGCで優勝した小山直城(Honda)、2位の赤﨑暁(九電工)が内定。MGCファイナルチャレンジで日本陸連が定めた設定記録(男子2時間5分50秒)を上回る選手がいない場合は、MGC3位の大迫が代表に決まる。

大迫は昨年末のイベントで「東京五輪は特別でしたが、今はフラット。世界と勝負したいという熱量は強いですが、オリンピックである必要はない」とコメント。五輪への出場が決まった場合は「世界と勝負できるように身体を作っていく」と話していた。

ボストンマラソンは世界でも長い歴史を持つ格式の高い大会として知られ、東京やベルリンとともにワールドマラソンメジャーズの対象大会の1つとなっている。今大会には大迫のほか、昨年12月に世界歴代4位の2時間1分48秒をマークしたシサイ・レンマ(エチオピア)や、大会2連覇中のエヴァンス・チェベト(ケニア)、2時間3分0秒のベストを持つガブリエル・ゲイ(タンザニア)といった世界のトップクラスが参戦。日本からは大津顕杜(サンベルクス)、竹内竜真(NDソフト)もエントリーしている。

また、男子に先立ち女子の招待選手も発表されており、前回優勝のヘレン・オビリ(ケニア)を筆頭に、世界歴代7位の2時間15分51秒を持つウォルクネッシュ・デゲファ(エチオピア)、2時間17分台のタドゥ・テショメ(エチオピア)、ヒウォット・ゲブレマリアム(エチオピア)らが招待選手として出場を予定している。

第128回ボストンマラソン(米国/4月15日)の主催者が1月17日に男子の招待選手を発表し、東京五輪6位の大迫傑(Nike)が出場することがわかった。 これを受けて大迫は自身のSNSで「See you In BOSTON….ワクワクする方を選んだ、東京だと面白くないじゃん」とつづり、パリ五輪代表選考が懸かったMGCファイナルチャレンジの大阪、東京を回避し、海外のレースに臨むことを明らかにした。 パリ五輪のマラソン代表は、昨年10月のMGCで優勝した小山直城(Honda)、2位の赤﨑暁(九電工)が内定。MGCファイナルチャレンジで日本陸連が定めた設定記録(男子2時間5分50秒)を上回る選手がいない場合は、MGC3位の大迫が代表に決まる。 大迫は昨年末のイベントで「東京五輪は特別でしたが、今はフラット。世界と勝負したいという熱量は強いですが、オリンピックである必要はない」とコメント。五輪への出場が決まった場合は「世界と勝負できるように身体を作っていく」と話していた。 ボストンマラソンは世界でも長い歴史を持つ格式の高い大会として知られ、東京やベルリンとともにワールドマラソンメジャーズの対象大会の1つとなっている。今大会には大迫のほか、昨年12月に世界歴代4位の2時間1分48秒をマークしたシサイ・レンマ(エチオピア)や、大会2連覇中のエヴァンス・チェベト(ケニア)、2時間3分0秒のベストを持つガブリエル・ゲイ(タンザニア)といった世界のトップクラスが参戦。日本からは大津顕杜(サンベルクス)、竹内竜真(NDソフト)もエントリーしている。 また、男子に先立ち女子の招待選手も発表されており、前回優勝のヘレン・オビリ(ケニア)を筆頭に、世界歴代7位の2時間15分51秒を持つウォルクネッシュ・デゲファ(エチオピア)、2時間17分台のタドゥ・テショメ(エチオピア)、ヒウォット・ゲブレマリアム(エチオピア)らが招待選手として出場を予定している。

【動画】ボストンマラソン参戦を表明した大迫傑

第128回ボストンマラソンの主なエントリー選手

・男子 S.レンマ(エチオピア) 2.01.48 E.チェベト(ケニア)  2.03.00 G.ゲイ(タンザニア)  2.03.00 J.ベレット(ケニア)  2.04.18 R.コリル(ケニア)   2.04.22 [adinserter block="4"]C.コツト(ケニア)   2.04.34 H.テクル(エチオピア) 2.04.43 S.キタタ(エチオピア) 2.04.49 J.コリル(ケニア)   2.05.01 M.エサ(エチオピア)  2.05.05 大迫傑(Nike)     2.05.29 S.モーエン(ノルウェー)2.05.48 大津顕杜(サンベルクス)2.08.15 竹内竜真(NDソフト)  2.08.40 [adinserter block="4"]・女子 W.デゲファ(エチオピア) 2.15.51 T.テショメ(エチオピア) 2.17.36 H.ゲブレマリアム(エチオピア)2.17.59 J.コリル(ケニア)    2.18.20 M.ベレテ(エチオピア)  2.18.21 T.メスフィン(エチオピア)2.18.47 W.エデサ(エチオピア)  2.18.51 [adinserter block="4"]Z.イメル(エチオピア)  2.19.07 S.テフェリ(エチオピア) 2.19.21 D.ディダ(エチオピア)  2.19.24 E.キプラガト(ケニア)  2.19.50 H.オビリ(ケニア)    2.21.38

次ページ:

ページ: 1 2 3

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

NEWS 五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top