HOME 駅伝

2023.12.30

名城大が追随許さず6連覇!指揮官と主将にも涙「絶対に勝つんだ」思い込めた継走/富士山女子駅伝
名城大が追随許さず6連覇!指揮官と主将にも涙「絶対に勝つんだ」思い込めた継走/富士山女子駅伝

富士山女子駅伝で6連覇を果たした名城大

◇2023全日本大学女子選抜駅伝(富士山女子駅伝、2023年12月30日/静岡・富士山本宮浅間大社前~富士総合運動公園陸上競技場:7区間43.4km)

2大大学女子駅伝の一つ、富士山女子駅伝が行われ名城大が2時間22分42秒で6連覇を達成した。

広告の下にコンテンツが続きます

女王・名城大が圧巻の強さを披露した。1区の柳樂あずみ(2年)が「今年も最低でも区間賞をとると決めていた」の思いを実現して区間賞スタートを切ると、そこから米澤奈々香(2年)、山田未唯(1年)、石松愛朱加(2年)と4連続区間賞。米澤は「去年はケガをしていましたが、今年は勢いをつけたかった」と離す。

続く最長区間の5区は谷本七星(3年)が区間2位。「今年は日本代表になれず悔しい思いがありました」。個人の悔しさを晴らす舞台は自ら手を上げたエース区間。志願したら、米田勝朗監督は「立派な走りをしてくれた」と評価。大東大のサラ・ワンジル(1年)に次ぐ力走で後続に影を踏ませない。

6区を務めたのは主将の増渕祐香(4年)が「優勝を決定づける走り」(米田監督)。全日本大学女子駅伝で補欠となり「そこからどう上がっていけばいいか悩んだこともありました」。それでも「駅伝の悔しさは駅伝で晴らすしかない」。自らの区間記録を塗り替える快走だった。

アンカーの原田紗希(2年)はフィニッシュ時は笑顔も、少し時間をおいて涙。「連覇を途切れさせたらどうしようと不安もありました」と吐露するが、「後続と2分近く差があったので、伸び伸びと走ることができました。最高の気持ちです」仲間に感謝しつつ、区間5位に「思うような走りができなかった。1区から6区までの選手のお陰です」と言う。。

広告の下にコンテンツが続きます

「この1年は個人としても、チームとしても苦しい時期がありました」(増渕)

米田監督は声を震わせ、「10月の仙台(全日本大学女子駅伝)で主将を外すというオーダーを組んだ。増渕には悔しい思いをさせたと思います」。ただ、後輩たちは「主将を優勝させて卒業させたいと思った走りだった」と称える。その言葉を受けて、主将の目にも涙が浮かぶ。

傍目で見れば隙なし、完全無欠。だが、強力世代が抜けていくなか、「今年は弱いと言われていた」。夏には「学生たちの状態が上がらず厳しいと思った」。勝つことのプレッシャー、そして、勝ち続けることの難しさ、そして、ちょっとした気の緩み。「アスリートとして自分で自分の身体を作ることが大事」。その当たり前のことができない部分もあった。

「チーム全体に甘さがありました。それなら、負けたほうがいいのではないか」。指揮官の言葉に、選手たちのスイッチが入った。そこからはしっかりチーム力が上がった。

広告の下にコンテンツが続きます

増渕は言う。「これまでは絶対的なエースがいました。私がその立場にならないといけなかった。後輩たちに不安な思いをさせてしまった。でも、全員が良い練習ができていて、総合力では絶対に負けない」。チームが団結した。

前評判では、もしかして…という声もあった。それでも、「それを跳ね返して絶対に勝つんだというのが走りに出ていました」と米田監督。7人、いや、補欠やエントリー外も含めて、思いがタスキに宿った。

「今年以上にプレッシャーなど、いろんな思いがあると思いますが、6連覇達成したことに自信を持って。抜けるのは私1人。優勝できると思うので、しっかり個々の力を高めていってほしいです」

主将の増渕は、そう誇らしそうに後輩たちを見つめた。苦楽をともにした仲間たちと過ごした1年を締めくくる1日。富士山の麓には、女王たちの笑顔と涙があふれていた。

広告の下にコンテンツが続きます
◇2023全日本大学女子選抜駅伝(富士山女子駅伝、2023年12月30日/静岡・富士山本宮浅間大社前~富士総合運動公園陸上競技場:7区間43.4km) 2大大学女子駅伝の一つ、富士山女子駅伝が行われ名城大が2時間22分42秒で6連覇を達成した。 女王・名城大が圧巻の強さを披露した。1区の柳樂あずみ(2年)が「今年も最低でも区間賞をとると決めていた」の思いを実現して区間賞スタートを切ると、そこから米澤奈々香(2年)、山田未唯(1年)、石松愛朱加(2年)と4連続区間賞。米澤は「去年はケガをしていましたが、今年は勢いをつけたかった」と離す。 続く最長区間の5区は谷本七星(3年)が区間2位。「今年は日本代表になれず悔しい思いがありました」。個人の悔しさを晴らす舞台は自ら手を上げたエース区間。志願したら、米田勝朗監督は「立派な走りをしてくれた」と評価。大東大のサラ・ワンジル(1年)に次ぐ力走で後続に影を踏ませない。 6区を務めたのは主将の増渕祐香(4年)が「優勝を決定づける走り」(米田監督)。全日本大学女子駅伝で補欠となり「そこからどう上がっていけばいいか悩んだこともありました」。それでも「駅伝の悔しさは駅伝で晴らすしかない」。自らの区間記録を塗り替える快走だった。 アンカーの原田紗希(2年)はフィニッシュ時は笑顔も、少し時間をおいて涙。「連覇を途切れさせたらどうしようと不安もありました」と吐露するが、「後続と2分近く差があったので、伸び伸びと走ることができました。最高の気持ちです」仲間に感謝しつつ、区間5位に「思うような走りができなかった。1区から6区までの選手のお陰です」と言う。。 「この1年は個人としても、チームとしても苦しい時期がありました」(増渕) 米田監督は声を震わせ、「10月の仙台(全日本大学女子駅伝)で主将を外すというオーダーを組んだ。増渕には悔しい思いをさせたと思います」。ただ、後輩たちは「主将を優勝させて卒業させたいと思った走りだった」と称える。その言葉を受けて、主将の目にも涙が浮かぶ。 傍目で見れば隙なし、完全無欠。だが、強力世代が抜けていくなか、「今年は弱いと言われていた」。夏には「学生たちの状態が上がらず厳しいと思った」。勝つことのプレッシャー、そして、勝ち続けることの難しさ、そして、ちょっとした気の緩み。「アスリートとして自分で自分の身体を作ることが大事」。その当たり前のことができない部分もあった。 「チーム全体に甘さがありました。それなら、負けたほうがいいのではないか」。指揮官の言葉に、選手たちのスイッチが入った。そこからはしっかりチーム力が上がった。 増渕は言う。「これまでは絶対的なエースがいました。私がその立場にならないといけなかった。後輩たちに不安な思いをさせてしまった。でも、全員が良い練習ができていて、総合力では絶対に負けない」。チームが団結した。 前評判では、もしかして…という声もあった。それでも、「それを跳ね返して絶対に勝つんだというのが走りに出ていました」と米田監督。7人、いや、補欠やエントリー外も含めて、思いがタスキに宿った。 「今年以上にプレッシャーなど、いろんな思いがあると思いますが、6連覇達成したことに自信を持って。抜けるのは私1人。優勝できると思うので、しっかり個々の力を高めていってほしいです」 主将の増渕は、そう誇らしそうに後輩たちを見つめた。苦楽をともにした仲間たちと過ごした1年を締めくくる1日。富士山の麓には、女王たちの笑顔と涙があふれていた。

2023年富士山女子駅伝・名城大Vメンバーと成績

1区 柳樂あずみ(2年) 13分01秒(区間賞) 2区 米澤奈々香(2年) 33分58秒(区間賞) 3区 山田未唯(1年)  10分09秒(区間賞) 4区 石松愛朱加(2年) 14分08秒(区間賞) 5区 谷本七星(3年)  34分39秒(区間2位) 6区 増渕祐香(4年)  19分27秒(区間賞・区間新) 7区 原田紗希(2年)  30分21秒(区間5位タイ)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

【学生長距離Close-upインタビュー】マラソンで花開いた早大・伊福陽太「早稲田の歴史に名前を残せてうれしい」

学生長距離Close-upインタビュー 伊福陽太 Ifuku Yota 早稲田大学3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。36回目は、早大の伊福 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

2024.02.29

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走した選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏話 (3 […]

NEWS マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピード […]

NEWS 第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

2024.02.29

第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

関東学生陸上競技連盟は2024年度の競技会スケジュールを公開した。 第103回関東学生対校選手権(関東インカレ)は5月9日から12日の4日間、東京・国立競技場で行われる。国立開催は2年ぶりとなる。 広告の下にコンテンツが […]

NEWS 棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

2024.02.29

棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

男子棒高跳で活躍したファビアン・シュルツェ氏(ドイツ)が2月25日、39歳の若さで病気のためゾントホーフェンで亡くなったことがわかった。 1984年3月生まれ。ジュニア時代から活躍し、2003年欧州ジュニア選手権3位、0 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top