HOME 高校

2023.11.06

佐久長聖が盤石の26連覇!主将・永原抜きでも2時間3分27秒の大会新 女子は全国女王・長野東がオール区間賞で17連覇!/長野県高校駅伝
佐久長聖が盤石の26連覇!主将・永原抜きでも2時間3分27秒の大会新 女子は全国女王・長野東がオール区間賞で17連覇!/長野県高校駅伝

左から佐久長聖・篠、長野東の真柴、窪田

全国高校駅伝(12月24日/京都)の出場権を懸けた長野県高校駅伝が11月5日、大町市運動公園陸上競技場発着のコースで行われ、男子(7区間42.195km)は佐久長聖が従来の大会記録を3年ぶりに8秒更新の2時間3分27秒で26連覇を達成した。女子(5区間21.0975km)は長野東が1時間11分17秒で17連覇を果たした。

昨年の全国大会で高校最高記録(2時間1分57秒)を樹立して2位に入ったメンバーが4人残る佐久長聖は、3000m障害の高校記録保持者でキャプテンの永原颯磨(3年)が欠場。10月上旬に故障した左足甲の疲労骨折が完治していないという。

それでも、5000mで高2歴代最高記録(13分38秒40)を持つチーム最速の濵口大和(2年)が1区で29分41秒と快走し、2区の遠藤大成、3区の山口竣平の3年生コンビがそれぞれ8分12秒、23分33秒の連続区間新で勢いを加速。最終7区の篠和真(2年)も14分44秒の区間新を叩き出し、圧巻の継走劇を締めくくった。

2年連続で主要区間を任された山口は、「タイムよりも強さを発揮できるかが課題でした。区間記録(24分40秒)の更新はうれしいですが、強さという点では70点の出来。前半の下りはプラン通りでしたが、後半の上りは失速気味になってしまいました」と自己評価は厳しい。全国大会でのチームの目標は異口同音に「(6年ぶり3度目の)全国制覇と高校最高記録の再更新」だ。

昨年の全国大会で初優勝した長野東は、ダブルエースの1人であるキャプテンの名和夏乃子(3年)が、6月下旬に負った左足舟状骨の疲労骨折から回復したものの、大事をとって欠場。もう1人のエースである窪田舞(2年)も大会直前に左腸脛靭帯を痛め、貧血も重なり、強行出走したものの、設定の19分45秒に及ばない20分29秒にとどまった。

それでも、成長株の1年生・真柴愛里が2区で13分20秒と快走するなど、チームとしてはオール区間賞の継走を見せた。全国大会の目標は2年連続4度目のメダル獲得。窪田は「まだ、レベルが低く、目標にはほど遠いですが、一つひとつ課題をクリアして手応えをつかんでいきたいです」と気持ちを切り替えていた。

全国大会は12月24日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。記念大会となる女子は都道府県代表に加え、地区代表も出場する。

文・撮影/永田真樹

全国高校駅伝(12月24日/京都)の出場権を懸けた長野県高校駅伝が11月5日、大町市運動公園陸上競技場発着のコースで行われ、男子(7区間42.195km)は佐久長聖が従来の大会記録を3年ぶりに8秒更新の2時間3分27秒で26連覇を達成した。女子(5区間21.0975km)は長野東が1時間11分17秒で17連覇を果たした。 昨年の全国大会で高校最高記録(2時間1分57秒)を樹立して2位に入ったメンバーが4人残る佐久長聖は、3000m障害の高校記録保持者でキャプテンの永原颯磨(3年)が欠場。10月上旬に故障した左足甲の疲労骨折が完治していないという。 それでも、5000mで高2歴代最高記録(13分38秒40)を持つチーム最速の濵口大和(2年)が1区で29分41秒と快走し、2区の遠藤大成、3区の山口竣平の3年生コンビがそれぞれ8分12秒、23分33秒の連続区間新で勢いを加速。最終7区の篠和真(2年)も14分44秒の区間新を叩き出し、圧巻の継走劇を締めくくった。 2年連続で主要区間を任された山口は、「タイムよりも強さを発揮できるかが課題でした。区間記録(24分40秒)の更新はうれしいですが、強さという点では70点の出来。前半の下りはプラン通りでしたが、後半の上りは失速気味になってしまいました」と自己評価は厳しい。全国大会でのチームの目標は異口同音に「(6年ぶり3度目の)全国制覇と高校最高記録の再更新」だ。 昨年の全国大会で初優勝した長野東は、ダブルエースの1人であるキャプテンの名和夏乃子(3年)が、6月下旬に負った左足舟状骨の疲労骨折から回復したものの、大事をとって欠場。もう1人のエースである窪田舞(2年)も大会直前に左腸脛靭帯を痛め、貧血も重なり、強行出走したものの、設定の19分45秒に及ばない20分29秒にとどまった。 それでも、成長株の1年生・真柴愛里が2区で13分20秒と快走するなど、チームとしてはオール区間賞の継走を見せた。全国大会の目標は2年連続4度目のメダル獲得。窪田は「まだ、レベルが低く、目標にはほど遠いですが、一つひとつ課題をクリアして手応えをつかんでいきたいです」と気持ちを切り替えていた。 全国大会は12月24日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点に行われる。記念大会となる女子は都道府県代表に加え、地区代表も出場する。 文・撮影/永田真樹

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

ユニクロが公式サイトビジュアルをリニューアル!パリ五輪選考の日本選手権へ「今年は、私たちがやってやる!」

ユニクロ女子陸上競技部は6月24日、同部公式サイトのトップページビジュアルをリニューアルした。 2024年度に新メンバーが加わり、「今年は、私たちがやってやる!」という燃え上がる選手たちの闘志をイメージ。その下にはチーム […]

NEWS 東京マラソン2025の概要発表!来年3月2日、38000人規模で開催 8月16日から一般エントリー開始予定

2024.06.24

東京マラソン2025の概要発表!来年3月2日、38000人規模で開催 8月16日から一般エントリー開始予定

東京マラソン財団は6月24日、定時理事会を開き、東京マラソン2025の大会要項を発表した。 東京マラソン2025は来年3月2日に開催。定員は38000人でフルマラソンは37500人。応募スケジュールの予定も発表され、6月 […]

NEWS 注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top