HOME 国内

2023.10.23

田中希実 昨年に続いて神戸マラソンのゲストに「この大会とともに成長」
田中希実 昨年に続いて神戸マラソンのゲストに「この大会とともに成長」

田中希実(New Balance)

神戸マラソンの大会主催者は10月23日、大会ゲストとして女子1500m(3分59秒19)・5000m(14分29秒18)日本記録保持者の田中希実(New Balance)と、パラアスリートの山本篤(新日本住設)が参加することを発表した。

地元・兵庫県出身の田中は昨年に続いてゲスト出演。「第1回大会で母に付いていった時は小学生だった私も、今では当時の2倍近くの年齢となり、この大会とともに成長してきたのだと改めて感慨深く感じています」と、市民ランナーとして長く活躍し、13年に同大会優勝の母・千洋さんとの思い出を回顧する。

そして、「皆様とともに大会や、神戸のまちの歴史の1ページを刻む名誉を胸に、今年も『感謝と友情 Thanks & Friendship』を表現していきます!」とコメントを寄せている。

田中は今年、ブダペスト世界選手権に1500mと5000mで出場して5000mは8位入賞。ダイヤモンドリーグ(DL)ブリュッセルでは14分29秒18まで日本記録を短縮し、DLファイナル5000mでは6位に入った。10月21日のMIDDLE DISTANCE CIRCUIT2023で今シーズンの締めくくりとし、「11月いっぱいはオフ」と語っていた。

大会ゲストには田中のほか、バルセロナ・アトランタ五輪マラソンメダリストの有森裕子さん、プロランニングコーチの金哲彦さん、女優・モデルの貴島明日香さんが決まっている。

神戸マラソンは2011年に第1回が行われた2万人が参加する市民マラソン。2023年大会は11月19日に神戸市役所スタート、ポートアイランドフィニッシュで行われる。

神戸マラソンの大会主催者は10月23日、大会ゲストとして女子1500m(3分59秒19)・5000m(14分29秒18)日本記録保持者の田中希実(New Balance)と、パラアスリートの山本篤(新日本住設)が参加することを発表した。 地元・兵庫県出身の田中は昨年に続いてゲスト出演。「第1回大会で母に付いていった時は小学生だった私も、今では当時の2倍近くの年齢となり、この大会とともに成長してきたのだと改めて感慨深く感じています」と、市民ランナーとして長く活躍し、13年に同大会優勝の母・千洋さんとの思い出を回顧する。 そして、「皆様とともに大会や、神戸のまちの歴史の1ページを刻む名誉を胸に、今年も『感謝と友情 Thanks & Friendship』を表現していきます!」とコメントを寄せている。 田中は今年、ブダペスト世界選手権に1500mと5000mで出場して5000mは8位入賞。ダイヤモンドリーグ(DL)ブリュッセルでは14分29秒18まで日本記録を短縮し、DLファイナル5000mでは6位に入った。10月21日のMIDDLE DISTANCE CIRCUIT2023で今シーズンの締めくくりとし、「11月いっぱいはオフ」と語っていた。 大会ゲストには田中のほか、バルセロナ・アトランタ五輪マラソンメダリストの有森裕子さん、プロランニングコーチの金哲彦さん、女優・モデルの貴島明日香さんが決まっている。 神戸マラソンは2011年に第1回が行われた2万人が参加する市民マラソン。2023年大会は11月19日に神戸市役所スタート、ポートアイランドフィニッシュで行われる。

田中希実が神戸マラソンゲスト参加!意気込み全文をチェック

第1回大会で母に付いていった時は小学生だった私も、今では当時の2倍近くの年齢となり、昨年に引き続き、母と共にゲストとして参加させていただくこととなりました。この大会と共に成長して来たのだと改めて感慨深く感じています。子供の頃からこの大会でたくさんのトップ選手に出会い、いずれはそのような選手たちと肩を並べるような力をつけたいと感じるきっかけもいただきました。 私に様々な景色を見せて下さった神戸マラソンと、大会を支え、彩る全ての皆さま、そして、私と共に今も走り続けてくれる母に、改めて感謝申し上げたいと思います。皆さまと共に、大会や、神戸のまちの歴史の1ページを刻む名誉を胸に、今年も「感謝と友情 Thanks & Friendship」を表現していきます!

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

NEWS 五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top