HOME 国内、日本代表

2023.10.03

廣中璃梨佳5000mも銀!「君が代を聴きたかった」ラスト勝負に悔しさもスタイル貫く/アジア大会
廣中璃梨佳5000mも銀!「君が代を聴きたかった」ラスト勝負に悔しさもスタイル貫く/アジア大会

アジア大会で銀メダルを獲得した廣中璃梨佳

◇第19回アジア大会(9月29日~10月5日/中国・杭州)

中国・杭州で開催されている第19回アジア大会の陸上競技の5日目の午後セッションに行われた女子5000mで廣中璃梨佳(日本郵政グループ)が銀メダルを獲得。10000mの2位に続いて2つ目のメダルを手にした。

広告の下にコンテンツが続きます

廣中は先頭を行き、1000mを3分で通過。2000mを6分04秒で通過した時に2番手を追走する形になった。3000mは9分14秒。残り3周を前に廣中が前に出た。「ブダペスト世界選手権で通用しなかったところを、もう一度挑戦してみよう」。レース中にそう決意したという。そこからはインドのパルウ・チャウダリと一騎打ちとなる。

残り200mを手前に一気にスパートした廣中。しかし、そこにチャウダリも食らいついた。残り50mを切ってフィニッシュ向かう寸前、内側を突いてチャウダリがかわしてフィニッシュ。「もう地に足が着いているかわからないくらいのラスト50mでした」。廣中は15分15秒34の2位となり、日の丸を手にした後は右の拳で太股を叩いて悔しがった。

「金メダルを取るのを目標にやってきたので、すごく悔しい。『君が代』を聴きたかったです」

いつもの笑顔ながら、その奥に凜とした真の強さがあった。

広告の下にコンテンツが続きます

10000mの後は「世界選手権の反省を生かしてしっかりバネをためることができました」と調整もうまくいったが、さすがにラストのキレ味では分が悪かった。

シーズン前のケガから始まり、苦しい時期を過ごし、それを乗り越えた廣中。ブダペスト世界選手権ではこれまでと違うラスト勝負に磨きをかけた挑戦をし、10000mで7位入賞を果たした一方、5000m予選敗退の悔しさも味わった。

「世界選手権とアジア大会で2種目挑戦できたのは良かったです。一つひとつ、目的を持ってやれたのは今後につながると思います。スタミナ面はだいぶついてきたと思うのですが、あとはスピードです。もうラストで負けないようなキレのある走りができるように磨いていきたい」

12月10日にはパリ五輪代表選考会となる10000m日本選手権が控える。「駅伝シーズンもあるので、マラソン組(MGC)の応援もしつつ、チームワークを大切にしながら自分も調子を上げていきたい。タイムを確実に狙っていく」。参加標準記録の30分40秒00を切って優勝し、堂々とパリへ向かう。

広告の下にコンテンツが続きます
◇第19回アジア大会(9月29日~10月5日/中国・杭州) 中国・杭州で開催されている第19回アジア大会の陸上競技の5日目の午後セッションに行われた女子5000mで廣中璃梨佳(日本郵政グループ)が銀メダルを獲得。10000mの2位に続いて2つ目のメダルを手にした。 廣中は先頭を行き、1000mを3分で通過。2000mを6分04秒で通過した時に2番手を追走する形になった。3000mは9分14秒。残り3周を前に廣中が前に出た。「ブダペスト世界選手権で通用しなかったところを、もう一度挑戦してみよう」。レース中にそう決意したという。そこからはインドのパルウ・チャウダリと一騎打ちとなる。 残り200mを手前に一気にスパートした廣中。しかし、そこにチャウダリも食らいついた。残り50mを切ってフィニッシュ向かう寸前、内側を突いてチャウダリがかわしてフィニッシュ。「もう地に足が着いているかわからないくらいのラスト50mでした」。廣中は15分15秒34の2位となり、日の丸を手にした後は右の拳で太股を叩いて悔しがった。 「金メダルを取るのを目標にやってきたので、すごく悔しい。『君が代』を聴きたかったです」 いつもの笑顔ながら、その奥に凜とした真の強さがあった。 10000mの後は「世界選手権の反省を生かしてしっかりバネをためることができました」と調整もうまくいったが、さすがにラストのキレ味では分が悪かった。 シーズン前のケガから始まり、苦しい時期を過ごし、それを乗り越えた廣中。ブダペスト世界選手権ではこれまでと違うラスト勝負に磨きをかけた挑戦をし、10000mで7位入賞を果たした一方、5000m予選敗退の悔しさも味わった。 「世界選手権とアジア大会で2種目挑戦できたのは良かったです。一つひとつ、目的を持ってやれたのは今後につながると思います。スタミナ面はだいぶついてきたと思うのですが、あとはスピードです。もうラストで負けないようなキレのある走りができるように磨いていきたい」 12月10日にはパリ五輪代表選考会となる10000m日本選手権が控える。「駅伝シーズンもあるので、マラソン組(MGC)の応援もしつつ、チームワークを大切にしながら自分も調子を上げていきたい。タイムを確実に狙っていく」。参加標準記録の30分40秒00を切って優勝し、堂々とパリへ向かう。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS “初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

2024.02.25

“初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

NEWS 山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

2024.02.25

山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

2024.02.25

豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

2024.02.25

男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top