HOME 国内、大学

2023.09.15

鵜澤飛羽 100mは準決勝敗退「来年に向けてシンプルにスピード上げたい」/日本IC
鵜澤飛羽 100mは準決勝敗退「来年に向けてシンプルにスピード上げたい」/日本IC

23年日本インカレ100mに出場した鵜澤飛羽

◇第92回日本インカレ(9月14日~17日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)2日目

日本インカレ2日目に男子100m準決勝が行われ、1組に栁田大輝(東洋大)、鵜澤飛羽(筑波大)の日本代表2人が出場。追い風1.2mのなか、栁田が10秒14をマークして1着でトップだった。

2着に大上直起(仙台大院)が10秒18で入り、灰玉平侑吾(八戸学院大)が10秒30の3着。鵜澤は10秒35で4着となり、他の組の結果、決勝に進むことができなかった。

200mで日本選手権とアジア選手権を制し、ブダペスト世界選手権でも準決勝に進んだ鵜澤。「今年は200mに本腰を入れてきた」ため、5ヵ月ぶりの100mだった。「落ちる気はしていました。自己記録は狙っていたのですが…」と自己記録10秒30にあと少し届かず悔しさも見せた。

高2で追い風参考ながら10秒19(+2.9)をマークしているだけに、ポテンシャルは十分。ただ、大1で痛めた右脚の影響で「まだ全然出力を出せていない」。この日も「久しぶりにこんなにスピードを出しました」と言う。

来年に向けて、200mを戦う上でも「前半の入りが遅すぎる。スピードを上げるという陸上競技の中でシンプルなところを突き詰めていきたい」と語った。

この後は4×100mリレー決勝も控え、「連覇が懸かっているの頑張ります」と笑顔でチームの元へ戻った。

ブダペスト世界選手権では海外勢に前に出られた背中を焼きつけ、「この景色を忘れないようにしたい」と話していた。次は今季最終戦となるアジア大会の200mとなる。

「インカレはアジア大会に向けてのスピードを意識する位置づけ。時間はあまりないですが、20秒3から2、あわよくば20秒1台を出したい」と、アジア“2連勝”に向かっていく。

大会の模様はあすリートチャンネルのYouTubeでライブ配信されている。
あすリートチャンネル特設ページ

◇第92回日本インカレ(9月14日~17日/埼玉・熊谷スポーツ文化公園陸上競技場)2日目 日本インカレ2日目に男子100m準決勝が行われ、1組に栁田大輝(東洋大)、鵜澤飛羽(筑波大)の日本代表2人が出場。追い風1.2mのなか、栁田が10秒14をマークして1着でトップだった。 2着に大上直起(仙台大院)が10秒18で入り、灰玉平侑吾(八戸学院大)が10秒30の3着。鵜澤は10秒35で4着となり、他の組の結果、決勝に進むことができなかった。 200mで日本選手権とアジア選手権を制し、ブダペスト世界選手権でも準決勝に進んだ鵜澤。「今年は200mに本腰を入れてきた」ため、5ヵ月ぶりの100mだった。「落ちる気はしていました。自己記録は狙っていたのですが…」と自己記録10秒30にあと少し届かず悔しさも見せた。 高2で追い風参考ながら10秒19(+2.9)をマークしているだけに、ポテンシャルは十分。ただ、大1で痛めた右脚の影響で「まだ全然出力を出せていない」。この日も「久しぶりにこんなにスピードを出しました」と言う。 来年に向けて、200mを戦う上でも「前半の入りが遅すぎる。スピードを上げるという陸上競技の中でシンプルなところを突き詰めていきたい」と語った。 この後は4×100mリレー決勝も控え、「連覇が懸かっているの頑張ります」と笑顔でチームの元へ戻った。 ブダペスト世界選手権では海外勢に前に出られた背中を焼きつけ、「この景色を忘れないようにしたい」と話していた。次は今季最終戦となるアジア大会の200mとなる。 「インカレはアジア大会に向けてのスピードを意識する位置づけ。時間はあまりないですが、20秒3から2、あわよくば20秒1台を出したい」と、アジア“2連勝”に向かっていく。

大会の模様はあすリートチャンネルのYouTubeでライブ配信されている。
あすリートチャンネル特設ページ

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

東京マラソン2025の概要発表!来年3月2日、38000人規模で開催 8月16日から一般エントリー開始予定

東京マラソン財団は6月24日、定時理事会を開き、東京マラソン2025の大会要項を発表した。 東京マラソン2025は来年3月2日に開催。定員は38000人でフルマラソンは37500人。応募スケジュールの予定も発表され、6月 […]

NEWS 注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

NEWS 2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

2024.06.24

2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

世界陸連(WA)は6月22日、2028年に開催されるロサンゼルス五輪について、陸上を第一週に実施することを発表した。マラソンとメダル授与については最終週に行う伝統を維持するとしている。 これまで第一週に水泳、第二週に陸上 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top