HOME 高校

2023.06.19

U20日本選手権200m覇者・若菜敬が21秒11で快勝「20秒台を安定して出せるようにしたい」/IH北関東
U20日本選手権200m覇者・若菜敬が21秒11で快勝「20秒台を安定して出せるようにしたい」/IH北関東

北関東大会男子200mを制した若菜敬

◇インターハイ北関東地区大会(6月16日~19日/山梨・小瀬スポーツ公園競技場)3日目

夏の北海道インターハイを懸けた北関東地区大会の3日目が行われ、男子200mは6月上旬のU20日本選手権覇者である若菜敬(佐野2栃木)が21秒11(±0)で優勝した。

広告の下にコンテンツが続きます

午前中に行われた予選は21秒69(+0.4)で2着通過。佐々木悠士(江戸川学園取手3茨城)に0.02秒先着され、「ランキングでは自分が上位なので悔しかったです」と、決勝へのモチベーションに変換した。

決勝ではコーナーを抜けたあたりで先頭に立つと、力みのないゆったりで、かつダイナミックな独特な走りでぐんぐんと後続との差を広げていく。U20日本選手権予選でマークした高2歴代3位の自己記録20秒78には届かなかったものの、セカンドベストで2位に0.54秒差をつけた。

「良い流れでコーナーを抜けられ、納得のいく走りができました。勝ち切れて良かったです」と、安どの表情を浮かべた若菜。前日に初めて100mを3本(決勝は3位)走った疲労が残っていたようで、「今後は練習を重ねて、数をこなせるようにすることが課題です」と、過酷なインターハイ路線の厳しさを実感しているようだった。

U20日本選手権を制したことで一躍注目を集める存在になった若菜だが、「あの時のタイムは天候など運が重なって出たもの。まずは安定して20秒台で走れるようにしたい」と、謙虚な姿勢だ。

広告の下にコンテンツが続きます

あこがれの選手は、昨年のオレゴン世界選手権男子100mで7位入賞を果たしたサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)の名前を挙げ、「世界で戦えるような選手になりたい」と将来の夢を口にする。

8月の北海道では、サニブラウンも達成したインターハイ200mの2年生優勝を実現し、夢への第一歩を踏みしめるつもりだ。

全国インターハイは8月2日から6日に北海道・厚別公園競技場で開催。各地区大会上位6位までが出場する(※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)。

◇インターハイ北関東地区大会(6月16日~19日/山梨・小瀬スポーツ公園競技場)3日目 夏の北海道インターハイを懸けた北関東地区大会の3日目が行われ、男子200mは6月上旬のU20日本選手権覇者である若菜敬(佐野2栃木)が21秒11(±0)で優勝した。 午前中に行われた予選は21秒69(+0.4)で2着通過。佐々木悠士(江戸川学園取手3茨城)に0.02秒先着され、「ランキングでは自分が上位なので悔しかったです」と、決勝へのモチベーションに変換した。 決勝ではコーナーを抜けたあたりで先頭に立つと、力みのないゆったりで、かつダイナミックな独特な走りでぐんぐんと後続との差を広げていく。U20日本選手権予選でマークした高2歴代3位の自己記録20秒78には届かなかったものの、セカンドベストで2位に0.54秒差をつけた。 「良い流れでコーナーを抜けられ、納得のいく走りができました。勝ち切れて良かったです」と、安どの表情を浮かべた若菜。前日に初めて100mを3本(決勝は3位)走った疲労が残っていたようで、「今後は練習を重ねて、数をこなせるようにすることが課題です」と、過酷なインターハイ路線の厳しさを実感しているようだった。 U20日本選手権を制したことで一躍注目を集める存在になった若菜だが、「あの時のタイムは天候など運が重なって出たもの。まずは安定して20秒台で走れるようにしたい」と、謙虚な姿勢だ。 あこがれの選手は、昨年のオレゴン世界選手権男子100mで7位入賞を果たしたサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)の名前を挙げ、「世界で戦えるような選手になりたい」と将来の夢を口にする。 8月の北海道では、サニブラウンも達成したインターハイ200mの2年生優勝を実現し、夢への第一歩を踏みしめるつもりだ。 全国インターハイは8月2日から6日に北海道・厚別公園競技場で開催。各地区大会上位6位までが出場する(※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)。

インターハイ北関東地区大会3日目の優勝者

●男子 200m   若菜 敬(佐野2栃木)   21秒11(±0) 800m   平澤潤燕(作新学院3栃木) 1分55秒08 5000m競歩  古橋欣ノ佑(伊奈3茨城)  23分19秒74 走高跳  佐藤卓巳(市前橋3群馬)  2m12 やり投  須藤響希(宇都宮北3栃木) 56m10 ●女子 200m   イレチュク・アマカ・ミラ(大宮東2埼玉)25秒10(-0.1) 800m   長嶋結衣(真岡女3栃木) 2分10秒79 走幅跳  成澤柚日(共愛学園1群馬)  5m89 ハンマー投 奥村友海(坂戸西3埼玉) 47m25

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.14

大迫傑 GMOインターネットGとの契約は8月末で満了「スケジュール考慮」し継続せず

ボストンマラソンに出場する大迫傑(Nike)が自身のSNSを更新し、GMOインターネットグループとのパートナーシップ契約をを更新しないことを明かした。 大迫は22年秋に同チームとパートナーシップ契約を締結し、チームに参画 […]

NEWS サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

2024.04.14

サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

トム・ジョーンズ招待が米国・フロリダ州で行われ、男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場。10秒04(+1.7)をマークした。 昨年のブダペスト世界選手権で100m、200mを制しているノア・ライルズ […]

NEWS 【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

2024.04.14

【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

4月13日、第1回宮崎県記録会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子110mハードルで高校1年生の髙城昊紀(宮崎西高)が14秒32(+0.8)をマークした。この記録は高1歴代3位タイとなる。 髙城は昨年 […]

NEWS 五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

2024.04.14

五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mにパリ五輪マラソン代表の赤﨑暁(九電工)が出場し、13分30秒62と自己3番 […]

NEWS 学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top