HOME 高校

2023.06.19

走高跳・福士湊が2m17をクリア!3年前の全国中学生覇者が今季高校リスト1位を独走/IH南関東
走高跳・福士湊が2m17をクリア!3年前の全国中学生覇者が今季高校リスト1位を独走/IH南関東

南関東大会の男子走高跳で2m17を跳んだ福士湊

◇インターハイ南関東地区大会(6月16日~19日/山梨・小瀬スポーツ公園競技場)3日目

夏の北海道インターハイを懸けた南関東地区大会の3日目が行われ、男子走高跳で福士湊(明星学園3東京)が2m17に成功して優勝を果たした。

広告の下にコンテンツが続きます

福士がピットに現れた時点で、すでに約半数の選手が脱落していた。1m95から跳び始め、成功した高さはすべて1回目で仕留める快進撃が始まる。

気温33度の暑さの中で長時間を過ごし、疲労感を持ちながらのスタートだったが、2m04の成功で優勝決定。ここから高さを選択していく。「2m09を跳んだあたりで、『今日は余裕だな』と思いました」とエンジンがかかってきた。

「(自己タイの)2m14がめちゃくちゃいい跳躍だったので、『あ、2m17を跳べるな』と感じました」と福士。スタンドの視線を一身に浴びながら、今季高校リストで2位に5cm差をつける2m17を越えた。

2m17の内容は、「クリアランスがいいかたちではなかった」と福士は振り返る。リズム良く助走し、強く踏み切れたことで、十分な高さを獲得。クリアランス技術が少々理想の動きとずれても、成功を導き出した。

広告の下にコンテンツが続きます

続いて、君野貴弘(東京・堀越)が33年前に残した2m20の大会記録更新を狙って2m21に挑戦。これは3回とも失敗に終わった。

「大会記録を出すつもりでした。2m21が全然いい跳躍を出せなかったので今は悔しい気持ちが勝っています。でも調子を上げながら自己ベストを更新してきているので、その手応えが2割くらい。悔しい気持ちが8割くらいです」と、福士は苦笑交じりに正直な心境を明かした。

それでも指導する顧問の比留間修吾先生の高校時代の自己記録が2m17で、「やっと並んだのかぁ」と笑顔を見せた。

3年前の全国中学生大会のチャンピオン。高校でも全国大会の入賞常連者となり、昨年はインターハイと国体で4位、U18大会は5位という成績を収めた。その後、「本気の冬季練習」に取り組み、「短距離ブロックに嫌がられるくらいのつもりで」(福士)、ともにに走り込んだ。身体のベース力が格段にアップし、100mの走力は0.5秒ほど上がった。

広告の下にコンテンツが続きます

すると今季に入って自己新を連発。昨年までの2m09から、5月の都大会での2m12を経て、6月上旬のU20日本選手権では2m14を跳んで高校初タイトルを手にしていた。

成長期真っただ中で迎える8月の北海道インターハイでは、現存する最古の大会記録、2m20を上回る「2m22あたり」をターゲットに置く。北の地でも華麗なジャンプを披露するつもりだ。

全国インターハイは8月2日から6日に北海道・厚別公園競技場で開催。各地区大会上位6位までが出場する(※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)。

文/奥村 崇

広告の下にコンテンツが続きます
◇インターハイ南関東地区大会(6月16日~19日/山梨・小瀬スポーツ公園競技場)3日目 夏の北海道インターハイを懸けた南関東地区大会の3日目が行われ、男子走高跳で福士湊(明星学園3東京)が2m17に成功して優勝を果たした。 福士がピットに現れた時点で、すでに約半数の選手が脱落していた。1m95から跳び始め、成功した高さはすべて1回目で仕留める快進撃が始まる。 気温33度の暑さの中で長時間を過ごし、疲労感を持ちながらのスタートだったが、2m04の成功で優勝決定。ここから高さを選択していく。「2m09を跳んだあたりで、『今日は余裕だな』と思いました」とエンジンがかかってきた。 「(自己タイの)2m14がめちゃくちゃいい跳躍だったので、『あ、2m17を跳べるな』と感じました」と福士。スタンドの視線を一身に浴びながら、今季高校リストで2位に5cm差をつける2m17を越えた。 2m17の内容は、「クリアランスがいいかたちではなかった」と福士は振り返る。リズム良く助走し、強く踏み切れたことで、十分な高さを獲得。クリアランス技術が少々理想の動きとずれても、成功を導き出した。 続いて、君野貴弘(東京・堀越)が33年前に残した2m20の大会記録更新を狙って2m21に挑戦。これは3回とも失敗に終わった。 「大会記録を出すつもりでした。2m21が全然いい跳躍を出せなかったので今は悔しい気持ちが勝っています。でも調子を上げながら自己ベストを更新してきているので、その手応えが2割くらい。悔しい気持ちが8割くらいです」と、福士は苦笑交じりに正直な心境を明かした。 それでも指導する顧問の比留間修吾先生の高校時代の自己記録が2m17で、「やっと並んだのかぁ」と笑顔を見せた。 3年前の全国中学生大会のチャンピオン。高校でも全国大会の入賞常連者となり、昨年はインターハイと国体で4位、U18大会は5位という成績を収めた。その後、「本気の冬季練習」に取り組み、「短距離ブロックに嫌がられるくらいのつもりで」(福士)、ともにに走り込んだ。身体のベース力が格段にアップし、100mの走力は0.5秒ほど上がった。 すると今季に入って自己新を連発。昨年までの2m09から、5月の都大会での2m12を経て、6月上旬のU20日本選手権では2m14を跳んで高校初タイトルを手にしていた。 成長期真っただ中で迎える8月の北海道インターハイでは、現存する最古の大会記録、2m20を上回る「2m22あたり」をターゲットに置く。北の地でも華麗なジャンプを披露するつもりだ。 全国インターハイは8月2日から6日に北海道・厚別公園競技場で開催。各地区大会上位6位までが出場する(※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)。 文/奥村 崇

インターハイ南関東地区大会3日目の優勝者をチェック!

●男子 200m   山﨑天心(城西2東京)    21秒12(+2.0) 800m   寺田向希(國學院久我山3東京) 1分53秒64 5000m競歩  向井優太郎(我孫子3千葉)  22分14秒01 走高跳  福士 湊(明星学園3東京)  2m17 やり投  國安大悟(片倉3東京)    60m54 ●女子 200m   杉本心結(市船橋2千葉)   24秒29(-0.4) 800m   田村遥香(法政二3神奈川)  2分12秒45 走幅跳  宮本里乃亜(東京3東京)  6m12(+0.9) ハンマー投 小野寺結菜(木更津総合2千葉)45m40

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.16

森井勇磨が初サブ10で8位入賞!パリ五輪代表・大迫傑に先着する殊勲 大迫は13位/ボストンマラソン

ワールドマラソンメジャーズの一つであるボストンマラソンが米国で行われ、S.レマ(エチオピア)が2時間6分17秒(以下、速報値)で優勝した。 東京五輪6位、そしてパリ五輪代表に内定している大迫傑(Nike)が出場。やや気温 […]

NEWS クローズアップ/豊田兼「4年間で一番の目標」ハードル2種目で世界へ 慶大96年ぶりと日本初の快挙に挑戦

2024.04.15

クローズアップ/豊田兼「4年間で一番の目標」ハードル2種目で世界へ 慶大96年ぶりと日本初の快挙に挑戦

パリ五輪に向けた戦いがいよいよスタートした。春のトラック&フィールドシーズンから注目の選手を紹介する。 異色のハードラーが2種目で五輪に挑戦 日本の110mハードルには、泉谷駿介(住友電工)や村竹ラシッド(JAL)、40 […]

NEWS 躍進著しい國學院大 「今季は駅伝で3つとも狙えるところにきている」(前田監督)
PR

2024.04.15

躍進著しい國學院大 「今季は駅伝で3つとも狙えるところにきている」(前田監督)

厳しいトレーニングを可能にするコンディショニングへのこだわり 近年の國學院大學は学生駅伝で毎回のように上位に名を連ね、その存在感を確かなものにしつつある。勢いの原動力は、日々の厳しいトレーニングとそれを可能にするコンディ […]

NEWS 男女混合競歩リレー出場予定の園田世玲奈が病気のため欠場 渕瀬真寿美が入れ替わり出場/世界競歩チーム選手権

2024.04.15

男女混合競歩リレー出場予定の園田世玲奈が病気のため欠場 渕瀬真寿美が入れ替わり出場/世界競歩チーム選手権

日本陸連は4月15日、世界競歩チーム選手権(トルコ・アンタルヤ)の男女混合競歩リレーに出場を予定していた女子の園田世玲奈(NTN)が慢性萎縮性胃炎のため出場を辞退すると発表した。同種目には女子20kmで代表入りしていた渕 […]

NEWS 織田記念のエントリー発表!男子100mは坂井隆一郎、山縣亮太らが激突!三浦龍司が3000m障害に登録、ハードル、やり投ら熱戦の予感

2024.04.15

織田記念のエントリー発表!男子100mは坂井隆一郎、山縣亮太らが激突!三浦龍司が3000m障害に登録、ハードル、やり投ら熱戦の予感

4月29日に行われる織田記念(広島広域公園競技場)のエントリーリストが主催者から発表され、看板種目の男子100mには昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)、3月の世界室内選手権60mファイナリストの多田修平(住友電 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top