HOME 国内

2023.05.12

セイコーGGPに佐藤拳太郎、児玉悠作、寺田明日香、田中佑美ら出場!マイケル・ノーマンがケガで欠場
セイコーGGPに佐藤拳太郎、児玉悠作、寺田明日香、田中佑美ら出場!マイケル・ノーマンがケガで欠場

23年木南記念女子100mHに優勝した寺田明日香

日本陸連は5月12日、セイコーゴールデングランプリ2023横浜(5月21日/神奈川・日産スタジアム)の追加出場選手26名と、欠場選手4名を発表した。

男子は400mに佐藤拳太郎(富士通)や中島佑気ジョセフ(東洋大)らが出場。110mハードルでは石川周平(富士通)ら3選手が新たに追加され、男子400mハードルでは児玉悠作(ノジマ)らが参戦する。

広告の下にコンテンツが続きます

一方で、100mに出場予定だった昨年のオレゴン世界選手権400m金メダリストのマイケル・ノーマン(米国)がケガのために欠場。同選手権の100mを制したフレッド・カーリー(米国)との金メダリスト対決は実現しないことになる。

女子では100mハードルに、日本グランプリシリーズで好走した寺田明日香(ジャパン・クリエイト)や田中佑美(富士通)らを登録。やり投には斉藤真理菜(スズキ)と長麻尋(国士舘クラブ)が新たに加わった。

大会は、男女合わせて15種目(男子9種目、女子6種目)を実施。世界陸連(WA)コンチネンタルツアーゴールドとして開催される。WAのワールドランキングの大会カテゴリー(格付け)としては、日本選手権のBカテゴリーより上位のAカテゴリー。順位に応じて与えられるポイントが高くなる。

日本陸連は5月12日、セイコーゴールデングランプリ2023横浜(5月21日/神奈川・日産スタジアム)の追加出場選手26名と、欠場選手4名を発表した。 男子は400mに佐藤拳太郎(富士通)や中島佑気ジョセフ(東洋大)らが出場。110mハードルでは石川周平(富士通)ら3選手が新たに追加され、男子400mハードルでは児玉悠作(ノジマ)らが参戦する。 一方で、100mに出場予定だった昨年のオレゴン世界選手権400m金メダリストのマイケル・ノーマン(米国)がケガのために欠場。同選手権の100mを制したフレッド・カーリー(米国)との金メダリスト対決は実現しないことになる。 女子では100mハードルに、日本グランプリシリーズで好走した寺田明日香(ジャパン・クリエイト)や田中佑美(富士通)らを登録。やり投には斉藤真理菜(スズキ)と長麻尋(国士舘クラブ)が新たに加わった。 大会は、男女合わせて15種目(男子9種目、女子6種目)を実施。世界陸連(WA)コンチネンタルツアーゴールドとして開催される。WAのワールドランキングの大会カテゴリー(格付け)としては、日本選手権のBカテゴリーより上位のAカテゴリー。順位に応じて与えられるポイントが高くなる。

GGP追加出場選手と欠場選手

■追加出場選手 ●男子400m 佐藤拳太郎(富士通) 中島佑気ジョセフ(東洋大) 今泉堅貴(筑波大) 地主直央(法大) ●男子110mH 石川周平(富士通) 横地大雅(Team SSP) 石田トーマス東(勝浦ゴルフ倶楽部) 徳岡凌(KAGOTANI) ●男子400mH 児玉悠作(ノジマ) 筒江海斗(スポーツテクノ和広) 中井脩太(大東大) 豊田兼(慶大) ●男子走高跳 長谷川直人(新潟アルビレックスRC) 勝田将(三重教員AC) ●男子走幅跳 城山正太郎(ゼンリン) 津波響樹(大塚製薬) ●男子やり投 新井涼平(スズキ) 坂本達哉(T-LABO) ●女子100m デスティニー・スミス・バーネット(米国) ●女子100mH ジェイド・バーバー(米国) 寺田明日香(ジャパンクリエイト) 田中佑美(富士通) 清山ちさと(いちご) 芝田愛花(エディオン) ●女子やり投 斉藤真理菜(スズキ) 長麻尋(国士舘クラブ) ■欠場選手 ●男子100m マイケル・ノーマン(米国)※ケガのため ●400m マイケル・チェリー(米国)※ケガのため ●女子100m ブリアナ・ウィリアムズ(ジャマイカ)※ケガのため ●女子100mH トネア・マーシャル(米国)※所属チームの行動がキャンセルとなったため

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

NEWS 「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

2024.04.13

「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mでは10000m日本記録保持者の塩尻和也(富士通)が13分24分57秒で日本 […]

NEWS パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

2024.04.13

パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、パリ五輪女子マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が10000mに出場し、33分21秒 […]

NEWS 社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top