HOME インフォ、アイテム
【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! ニューバランスの「FuelCell TC」
【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! ニューバランスの「FuelCell TC」

【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!!
ニューバランスの「FuelCell TC」

このところニューバランスが急速に存在感を増してきている。2019年に登場したミッドソールプラットフォーム「FuelCell(フューエルセル)」が好評で、今年7月にはそのテクノロジーを搭載したシューズ「FuelCell 5280」を履いた田中希実選手(豊田自動織機)が女子3000mで日本新記録を樹立した。今回は同じFuelCellシリーズで、レース&トレーニング兼用モデルである「FuelCell TC」(税込24,200円)を紹介する。

高いクッション性と反発性を誇るニューバランスの「FuelCell TC」

長い距離を楽に走れる
レース&トレーニング兼用モデル

柔らかくて反発のあるミッドソールに湾曲したカーボンファイバープレートを内蔵。近年のランニングシューズではすっかり定番化した組み合わせかもしれない。しかし、ニューバランスの「FuelCell(フューエルセル)TC」は一味違う。それは、クッション性と反発性がケタ違いなのだ。

「FuelCell」とはミッドソール素材の名称で、ニューバランスによれば「スピード」をテーマに開発され、「驚異的な反発弾性と軽量性を両立した」という。そこにカーボンファイバープレートを加えたのが今回紹介する「FuelCell TC」。同じシリーズの「FuelCell 5280」は『ロードのスパイク』と呼ばれるほどのスピード特化モデルだが、FuelCell TCはマラソンなどのロードレースのほか、普段のトレーニングでの使用も想定されたシューズだ。

FuelCell TCは「ランニングエコノミーを高める」ことをコンセプトに開発されており、ソールが分厚い分、クッション性が高く、反発も強い。クッション性とカーボンファイバープレートの相乗効果で、脚へのダメージを和らげながら楽に長い距離が走れる設計となっている。

FuelCell TCの構造図。ミッドソールにはカーボンファイバープレートを内蔵し、FuelCell素材との相乗効果で推進力を生み出す

驚くべき高反発&高クッション

では、実際の履き心地はどうか。サイズ感は標準的か若干大きめで、普段25.0~25.5cmの靴を履いている筆者は25.0cmでちょうどだった。エンジニアードメッシュ構造ながらアッパーの足当たりは柔らかく、シューレース(靴紐)も伸び縮みするので、かなりタイトに締め上げても走行時は窮屈に感じにくいだろう。

足を入れて最初に感じるのは驚くほどのソールの柔らかさだ。柔らかすぎて歩きにくいと感じてしまうほどで、走ってみると1歩ごとに足が沈み込み、そこから「ギュン!」という反発が戻ってくる。筆者がこれまで履いた靴の中でもクッション性と反発性はトップクラスだと感じた。

スピードへの対応も申し分なく、トラックで1000mなどを走っても高反発のソールがしっかり推進力を生み出してくれる。しかも、短い距離をダッシュしても反発のタイムラグがほとんどなく、厚底シューズにありがちな「空回り感」は生まれない。クッション性があるのにレスポンスが速く、スピード系メニューでの使い勝手は良いだろう。

そして、走っていて気づくのは、この靴を履いていると「ゆっくり走れない」こと。踵や足裏全体で地面にベッタリ着地すると反発が逃げてしまうらしく、接地は前足部(フォアフット)に重心を乗せて、その状態のまま脚を回す意識のほうがスムーズに走れるようだ。

前足部が傾斜しており、フォアフットに荷重したまま脚を回すほうがスムーズに走れる印象

ただ、そうするとペースが自然に上がってしまう。クッション性が高いとはいえ、練習でゆっくり走りたい時は別のシューズを履いたほうがしっくりくるかもしれない。FuelCell TCはあくまでもスピードを上げてテンポよく走るための靴であって、ジョギングで使うにはオーバースペック(過剰性能)なのだろう。

尖った性能をどう生かすか

高いクッション性と強烈な反発性があり、スピードも出せる。では、この靴に弱点はないのかと言うと、唯一気になるのが重さだ。25.0cmで237g(実測値)あるため、レーシングシューズとしては重い部類に入るだろう。反発の強さによってカバーされる面はあるものの、マラソンだと脚が疲れてくる後半に重さを感じるかもしれない。5km~ハーフマラソンなどのレースで使う時にしても、しっかりトレーニングを積んで脚ができているランナーほど「もう少し軽ければ……」と感じるように思う。

すなわち、FuelCell TCは軽量性に目をつぶりつつ、クッション性と反発性をとことん突き詰めたシューズと言えそうだ。マラソンで3時間を切れるランナーがレースで使うには重さが気になるものの、それも練習で使うには許容できるレベル。クッション性が高いことから初心者でも使いやすく、上級者でもトレーニングで履くことにはメリットを感じられるだろう。尖った性能のシューズながら、気に入るランナーは多いと思われる。

個人的にはあと少しミッドソールが薄ければ、軽くて反発性もクッション性も備えた上級者向けレーシングモデルになったように感じる。しかし、驚くなかれ。この秋にはカーボンファイバープレートを搭載した軽量モデル「FuelCell RC Elite」の発売が予定されているのだ。これこそがFuelCellシリーズの『完成版』なのかもしれない。

文/山本慎一郎

<関連記事>
【ドーハから東京へ】from DOHA 2019 to TOKYO 2020 田中希実(女子長距離/豊田自動織機TC)『月刊陸上競技』2020年1月号誌面転載記事
【シューズレポ】ニューバランスのカーボンプレート搭載シューズ「FuelCell TC」で走ってみた!

<関連リンク>
FuelCell特設ページ(ニューバランス公式サイト内)

【シューズレポ】サブスリー編集者が語る!! ニューバランスの「FuelCell TC」

このところニューバランスが急速に存在感を増してきている。2019年に登場したミッドソールプラットフォーム「FuelCell(フューエルセル)」が好評で、今年7月にはそのテクノロジーを搭載したシューズ「FuelCell 5280」を履いた田中希実選手(豊田自動織機)が女子3000mで日本新記録を樹立した。今回は同じFuelCellシリーズで、レース&トレーニング兼用モデルである「FuelCell TC」(税込24,200円)を紹介する。 高いクッション性と反発性を誇るニューバランスの「FuelCell TC」

長い距離を楽に走れる レース&トレーニング兼用モデル

柔らかくて反発のあるミッドソールに湾曲したカーボンファイバープレートを内蔵。近年のランニングシューズではすっかり定番化した組み合わせかもしれない。しかし、ニューバランスの「FuelCell(フューエルセル)TC」は一味違う。それは、クッション性と反発性がケタ違いなのだ。 「FuelCell」とはミッドソール素材の名称で、ニューバランスによれば「スピード」をテーマに開発され、「驚異的な反発弾性と軽量性を両立した」という。そこにカーボンファイバープレートを加えたのが今回紹介する「FuelCell TC」。同じシリーズの「FuelCell 5280」は『ロードのスパイク』と呼ばれるほどのスピード特化モデルだが、FuelCell TCはマラソンなどのロードレースのほか、普段のトレーニングでの使用も想定されたシューズだ。 FuelCell TCは「ランニングエコノミーを高める」ことをコンセプトに開発されており、ソールが分厚い分、クッション性が高く、反発も強い。クッション性とカーボンファイバープレートの相乗効果で、脚へのダメージを和らげながら楽に長い距離が走れる設計となっている。 FuelCell TCの構造図。ミッドソールにはカーボンファイバープレートを内蔵し、FuelCell素材との相乗効果で推進力を生み出す

驚くべき高反発&高クッション

では、実際の履き心地はどうか。サイズ感は標準的か若干大きめで、普段25.0~25.5cmの靴を履いている筆者は25.0cmでちょうどだった。エンジニアードメッシュ構造ながらアッパーの足当たりは柔らかく、シューレース(靴紐)も伸び縮みするので、かなりタイトに締め上げても走行時は窮屈に感じにくいだろう。 足を入れて最初に感じるのは驚くほどのソールの柔らかさだ。柔らかすぎて歩きにくいと感じてしまうほどで、走ってみると1歩ごとに足が沈み込み、そこから「ギュン!」という反発が戻ってくる。筆者がこれまで履いた靴の中でもクッション性と反発性はトップクラスだと感じた。 スピードへの対応も申し分なく、トラックで1000mなどを走っても高反発のソールがしっかり推進力を生み出してくれる。しかも、短い距離をダッシュしても反発のタイムラグがほとんどなく、厚底シューズにありがちな「空回り感」は生まれない。クッション性があるのにレスポンスが速く、スピード系メニューでの使い勝手は良いだろう。 そして、走っていて気づくのは、この靴を履いていると「ゆっくり走れない」こと。踵や足裏全体で地面にベッタリ着地すると反発が逃げてしまうらしく、接地は前足部(フォアフット)に重心を乗せて、その状態のまま脚を回す意識のほうがスムーズに走れるようだ。 前足部が傾斜しており、フォアフットに荷重したまま脚を回すほうがスムーズに走れる印象 ただ、そうするとペースが自然に上がってしまう。クッション性が高いとはいえ、練習でゆっくり走りたい時は別のシューズを履いたほうがしっくりくるかもしれない。FuelCell TCはあくまでもスピードを上げてテンポよく走るための靴であって、ジョギングで使うにはオーバースペック(過剰性能)なのだろう。

尖った性能をどう生かすか

高いクッション性と強烈な反発性があり、スピードも出せる。では、この靴に弱点はないのかと言うと、唯一気になるのが重さだ。25.0cmで237g(実測値)あるため、レーシングシューズとしては重い部類に入るだろう。反発の強さによってカバーされる面はあるものの、マラソンだと脚が疲れてくる後半に重さを感じるかもしれない。5km~ハーフマラソンなどのレースで使う時にしても、しっかりトレーニングを積んで脚ができているランナーほど「もう少し軽ければ……」と感じるように思う。 すなわち、FuelCell TCは軽量性に目をつぶりつつ、クッション性と反発性をとことん突き詰めたシューズと言えそうだ。マラソンで3時間を切れるランナーがレースで使うには重さが気になるものの、それも練習で使うには許容できるレベル。クッション性が高いことから初心者でも使いやすく、上級者でもトレーニングで履くことにはメリットを感じられるだろう。尖った性能のシューズながら、気に入るランナーは多いと思われる。 個人的にはあと少しミッドソールが薄ければ、軽くて反発性もクッション性も備えた上級者向けレーシングモデルになったように感じる。しかし、驚くなかれ。この秋にはカーボンファイバープレートを搭載した軽量モデル「FuelCell RC Elite」の発売が予定されているのだ。これこそがFuelCellシリーズの『完成版』なのかもしれない。 文/山本慎一郎 <関連記事> ・【ドーハから東京へ】from DOHA 2019 to TOKYO 2020 田中希実(女子長距離/豊田自動織機TC)『月刊陸上競技』2020年1月号誌面転載記事 ・【シューズレポ】ニューバランスのカーボンプレート搭載シューズ「FuelCell TC」で走ってみた! <関連リンク> FuelCell特設ページ(ニューバランス公式サイト内)

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.30

2024年インターハイ地区大会情報

各地区で行われるインターハイ地区大会。全11地区分の大会関連ページ、結果ページです! インターハイ出場への道 ・各地区大会上位6位までがインターハイ出場 ※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで […]

NEWS アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

2024.05.30

アディダスから新作ランニングシューズ「ADIZERO SL 2」が登場!日本の女子長距離界を牽引する新谷仁美も絶賛

アディダス ジャパンは30日、東京・世田谷区の駒沢オリンピック公園総合運動場でランニングシリーズ「ADIZERO(アディゼロ)」の最新作シューズ「ADIZERO SL 2(アディゼロ エスエル ツー)」の商品プレゼンテー […]

NEWS 【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

2024.05.30

【連載】上田誠仁コラム雲外蒼天/第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」

山梨学大の上田誠仁顧問の月陸Online特別連載コラム。これまでの経験や感じたこと、想いなど、心のままに綴っていただきます! 第45回「インカレの舞台に立つ難しさ~走ることを楽しみ、意義を見出して~」 5月のコラムは関東 […]

NEWS 【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

2024.05.30

【高校生FOCUS】男子棒高跳・谷口海斗(中京大中京高)今年は全国4冠と父の現役ベスト越えに挑戦

FOCUS! 高校生INTERVIEW 谷口 海斗 Taniguchi kaito 中京大中京高3愛知 注目の高校アスリートをフォーカスして紹介するコーナー!今回は男子棒高跳の谷口海斗選手(中京大中京高3愛知)です。昨年 […]

NEWS 新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

2024.05.30

新谷仁美 マラソン日本新への思い変わらず「ごまかしながらでなく再構築」東京世界陸上はトラックでの可能性示唆

女子10000m日本記録保持者でマラソン日本歴代3位の記録を持つ新谷仁美(積水化学)が、5月30日に都内で行われた契約するアディダスのシューズイベントに出席した。 今年3月の東京マラソンで2時間21分50秒をマークして日 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top