HOME 大学

2023.04.21

円盤投・齋藤真希が大会新55m66で3連覇「今年は世界陸上を狙いたい」/学生個人
円盤投・齋藤真希が大会新55m66で3連覇「今年は世界陸上を狙いたい」/学生個人

2023日本学生個人円盤投を制した齋藤真希(東海大院)

◇2023日本学生個人選手権(2023年4月21~23日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)

ワールドユニバーシティゲームズの代表選考会を兼ねた日本学生個人選手権の1日目が行われた。女子円盤投は齋藤真希(東海大院)が55m66の大会新記録で優勝。大会3連覇を飾った。

広告の下にコンテンツが続きます

日本歴代3位の57m43を持つ齋藤。東女体大を卒業して今春から東海大院へ。真新しいブルーのユニフォームで臨んだ。

「向かい風もあって、気温も暖かかったので行けると思ったのですが入りが良くなかったです」と3回目まで51m56にとどまる。「リバースの時に円盤を浮かせてしまったのが反省。もっと(風を生かして)低く投げられれば良かった」と齋藤。5回目に放った大会新スローも「良くなかった」と振り返る。

ただ、裏を返せば失敗投てきで55mオーバーは成長の証。東海大院では「ウエイトトレーニングの数値も少しずつ上がってきました」。投てき練習でも「1mくらいはアベレージが上がっています」と笑顔を見せる。

ワールドユニバーシティゲームズの派遣設定記録(54m00)を選考会で切っての優勝。「そこは狙っていたので良かったです」と納得の表情を浮かべる。

広告の下にコンテンツが続きます

しかし、「今年は世界選手権出場を狙っています」と齋藤。ブダペスト世界選手権の参加標準記録は64m20と厳しいのは前提だが、ハイアベレージを続けていけばワールドランキングでの出場も見えてくる。

そのためにも「試合を絞って、自己ベストくらいをアベレージにしていきたいです」。この後は5月の静岡国際、木南記念と続く日本グランプリシリーズで記録を狙っていく。

中学時代から数々の記録を塗り替えてきた齋藤。新天地でさらなる飛躍を誓った。

ライブ配信は「あすリートチャンネル」の日本学生個人選手権特設ページ

広告の下にコンテンツが続きます

◇2023日本学生個人選手権(2023年4月21~23日/神奈川・レモンガススタジアム平塚) ワールドユニバーシティゲームズの代表選考会を兼ねた日本学生個人選手権の1日目が行われた。女子円盤投は齋藤真希(東海大院)が55m66の大会新記録で優勝。大会3連覇を飾った。 日本歴代3位の57m43を持つ齋藤。東女体大を卒業して今春から東海大院へ。真新しいブルーのユニフォームで臨んだ。 「向かい風もあって、気温も暖かかったので行けると思ったのですが入りが良くなかったです」と3回目まで51m56にとどまる。「リバースの時に円盤を浮かせてしまったのが反省。もっと(風を生かして)低く投げられれば良かった」と齋藤。5回目に放った大会新スローも「良くなかった」と振り返る。 ただ、裏を返せば失敗投てきで55mオーバーは成長の証。東海大院では「ウエイトトレーニングの数値も少しずつ上がってきました」。投てき練習でも「1mくらいはアベレージが上がっています」と笑顔を見せる。 ワールドユニバーシティゲームズの派遣設定記録(54m00)を選考会で切っての優勝。「そこは狙っていたので良かったです」と納得の表情を浮かべる。 しかし、「今年は世界選手権出場を狙っています」と齋藤。ブダペスト世界選手権の参加標準記録は64m20と厳しいのは前提だが、ハイアベレージを続けていけばワールドランキングでの出場も見えてくる。 そのためにも「試合を絞って、自己ベストくらいをアベレージにしていきたいです」。この後は5月の静岡国際、木南記念と続く日本グランプリシリーズで記録を狙っていく。 中学時代から数々の記録を塗り替えてきた齋藤。新天地でさらなる飛躍を誓った。 ライブ配信は「あすリートチャンネル」の日本学生個人選手権特設ページ

【動画】3連覇を飾った齋藤真希の投てき

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.14

大迫傑 GMOインターネットGとの契約は8月末で満了「スケジュール考慮」し継続せず

ボストンマラソンに出場する大迫傑(Nike)が自身のSNSを更新し、GMOインターネットグループとのパートナーシップ契約をを更新しないことを明かした。 大迫は22年秋に同チームとパートナーシップ契約を締結し、チームに参画 […]

NEWS サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

2024.04.14

サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

トム・ジョーンズ招待が米国・フロリダ州で行われ、男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場。10秒04(+1.7)をマークした。 昨年のブダペスト世界選手権で100m、200mを制しているノア・ライルズ […]

NEWS 【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

2024.04.14

【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

4月13日、第1回宮崎県記録会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子110mハードルで高校1年生の髙城昊紀(宮崎西高)が14秒32(+0.8)をマークした。この記録は高1歴代3位タイとなる。 髙城は昨年 […]

NEWS 五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

2024.04.14

五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mにパリ五輪マラソン代表の赤﨑暁(九電工)が出場し、13分30秒62と自己3番 […]

NEWS 学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top