HOME 国内

2023.04.02

日本GP 兵庫リレーカーニバルのエントリー発表 田中希実、卜部蘭、秦澄美鈴、青木涼真、西山和弥ら日本代表が多数エントリー
日本GP 兵庫リレーカーニバルのエントリー発表  田中希実、卜部蘭、秦澄美鈴、青木涼真、西山和弥ら日本代表が多数エントリー

兵庫リレーカーニバルにエントリーした西山和弥、卜部蘭、田中希実、青木涼真、秦澄美鈴

4月22日、23日に行われる日本グランプリシリーズの第71回兵庫リレーカーニバル(兵庫・神戸総合)のエントリーが発表された。

女子1500mは東京五輪8位で、日本記録保持者の田中希実がエントリー。田中ともに昨年のオレゴン世界選手権に出場している卜部蘭(積水化学)や日本歴代5位のタイムを持つ後藤夢(ユニクロ)も登録された。

女子走幅跳には昨年のオレゴン世界選手権代表で2月のアジア室内選手権で金メダルを獲得した秦澄美鈴(シバタ工業)が出場する。今春から社会人となった髙良彩花(JAL)は地元兵庫で自己記録を目指す。

男子では2000m障害に東京五輪代表の青木涼真(Honda)を筆頭に、楠康成(阿見AC)が登録。同10000mでは2月の大阪マラソンで日本人トップとなりブダペスト世界選手権のマラソン代表に選出された西山和弥(トヨタ自動車)、同じくトヨタ自動車で昨年の世界選手権でマラソンに出場した西山雄介ら、マラソンで活躍するメンバーたちが顔をそろえる。

このほか、日本記録保持者では男子1500m河村一輝(トーエネック)、同円盤投の堤雄司(ALSOK群馬)が出場。女子棒高跳で4月1日に4m41の日本新記録を打ち立てた諸田実咲(アットホーム)も出場を予定している。

大会は兵庫・神戸総合運動公園ユニバー記念陸上競技場で行われ、グランプリ種目では男女10000mが22日に実施。その他の種目は23日に行われる。今大会は日本グランプリシリーズのグレード2に該当するほか、WAコンチネンタルツアー・チャレンジ大会として位置づけてられており、グランプリ種目はWAの定める大会グレードDに相当する。

4月22日、23日に行われる日本グランプリシリーズの第71回兵庫リレーカーニバル(兵庫・神戸総合)のエントリーが発表された。 女子1500mは東京五輪8位で、日本記録保持者の田中希実がエントリー。田中ともに昨年のオレゴン世界選手権に出場している卜部蘭(積水化学)や日本歴代5位のタイムを持つ後藤夢(ユニクロ)も登録された。 女子走幅跳には昨年のオレゴン世界選手権代表で2月のアジア室内選手権で金メダルを獲得した秦澄美鈴(シバタ工業)が出場する。今春から社会人となった髙良彩花(JAL)は地元兵庫で自己記録を目指す。 男子では2000m障害に東京五輪代表の青木涼真(Honda)を筆頭に、楠康成(阿見AC)が登録。同10000mでは2月の大阪マラソンで日本人トップとなりブダペスト世界選手権のマラソン代表に選出された西山和弥(トヨタ自動車)、同じくトヨタ自動車で昨年の世界選手権でマラソンに出場した西山雄介ら、マラソンで活躍するメンバーたちが顔をそろえる。 このほか、日本記録保持者では男子1500m河村一輝(トーエネック)、同円盤投の堤雄司(ALSOK群馬)が出場。女子棒高跳で4月1日に4m41の日本新記録を打ち立てた諸田実咲(アットホーム)も出場を予定している。 大会は兵庫・神戸総合運動公園ユニバー記念陸上競技場で行われ、グランプリ種目では男女10000mが22日に実施。その他の種目は23日に行われる。今大会は日本グランプリシリーズのグレード2に該当するほか、WAコンチネンタルツアー・チャレンジ大会として位置づけてられており、グランプリ種目はWAの定める大会グレードDに相当する。

第71回兵庫リレーカーニバルの主なエントリー選手

<男子> 1500m 河村一輝(トーエネック) 館澤亨次(DeNA) 飯島陸斗(阿見AC) 10000m R.キムニャン(ロジスティード) B.コエチ(九電工) E.キプラガット((三菱重工) 西山和弥(トヨタ自動車) 細谷恭平(黒崎播磨) 西山雄介(トヨタ自動車) 村山謙太(旭化成) 2000m障害 青木涼真(Honda) 楠 康成(阿見AC) 潰滝大記(富士通) 砲丸投 W.モリソン(フィリピン) アツオビン・ジェイソン(福岡大) 村上 輝(日本体育施設) 円盤投 堤 雄司(ALSOK群馬) 湯上剛輝(トヨタ自動車) <女子> 15000m 田中希実 後藤 夢(ユニクロ) 卜部 蘭(積水化学) 10000m H.エカラレ(豊田自動織機) 川口桃佳(ユニクロ) 2000m障害 西出優月(ダイハツ) 西山未奈美(三井住友海上) 棒高跳 諸田実咲(アットホーム) 那須眞由(KAGOTANI) 走幅跳 秦澄美鈴(シバタ工業) 髙良彩花(JAL) 砲丸投 簡 晨昕(台湾) 呉 慈恩(台湾) 大野史佳(筑波大院)

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.22

東京世界陸上のメダル制作開始!「記憶に残り、見るたびに思い出すデザイン」目指して都内の中学・高校生にインタビュー

東京2025世界陸上財団はは7月22日、大会で選手に授与されるメダルのデザインに向け、ジュニアアスリートへのインタビューを東京・城西高で実施した。 国際大会出場選手が卒業している都内の学校から選定され、パリ五輪代表である […]

NEWS 20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

2024.07.22

20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

8月1日から始まるパリ五輪・陸上競技に向けて、日本代表選手団が出国する前に会見を開いて意気込みを語った。 男子20km競歩の古賀友太(大塚製薬)は初の五輪で「幼い頃から目標の舞台。身が引き締まる思い。自信を持って世界と戦 […]

NEWS 三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

2024.07.22

三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックで男子三段跳のC.テイラー(米国)が現役最後の競技会に出場。16m14(±0)の5位でグラウンドに別れを告げた。 テイラーは12年ロンドン五輪、16年リ […]

NEWS 16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

2024.07.22

16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックの男子400mでQ.ウィルソン(米国)がU18世界最高の44秒20で優勝した。 従来のU18世界最高はウィルソン自身が6月にマークした44秒59。U18 […]

NEWS フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

2024.07.22

フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

7月18日~21日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァでU18欧州選手権が開かれ、女子100mハードル(76.2cm)ではL.フリチェコワ(スロバキア)が12秒97(+0.2)で優勝した。 予選ではU18世界歴代2位、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top