HOME 高校

2023.03.25

吉岡大翔 高校ラストレース3000m高校歴代2位!先輩・三浦龍司を「あこがれだけで終わらずいつか超えたい」
吉岡大翔 高校ラストレース3000m高校歴代2位!先輩・三浦龍司を「あこがれだけで終わらずいつか超えたい」

初めて同一レースを走った三浦龍司と吉岡大翔

TOKOROZAWAゲームズSpring 2023が3月25日、埼玉・早大織田幹雄記念陸上競技場で行われ、一般男子3000m1組に男子5000m高校記録(13分22秒99)保持者の吉岡大翔(佐久長聖高3長野)が出場。日本人高校生では遠藤日向(学法石川高、現・住友電工)、佐藤圭汰(洛南高、現・駒大)に次ぐ3人目の7分台となる、高校歴代2位の7分58秒18をマークした。U20日本歴代でも5位にランクインする。

佐藤の高校最高記録7分50秒81をターゲットにしつつも「絶対に出すというよりはシーズンインなので欲張らずに」とスタートラインに立った。冷たい雨が降り、気温も10度前後。厳しい条件で400mは64秒で先頭が入る。4月から順大に進む吉岡にとって先輩となる三浦龍司(順大)もペースを作ってくれるが、なかなか前に出てこられない。

広告の下にコンテンツが続きます

1000mは2分37秒で通過し、吉岡は4、5番手と徐々に前めにつくが、残り1周より前でロングスパートを仕掛けた山口からやや遅れてペースアップするかたちに。それでも最後はスパート合戦で三浦より前に出て山口を追い詰める。ジョンソン・モゲニ(遊学館高)をとらえたところがフィニッシュだった。これには三浦も「やっぱり強いですね」と後輩を称える。

「このペースで入れるとは思っていたので、感覚は良かったです」。これが高校最後のレース。「合宿明けでも7分台が出ました。(熱中症で途中棄権した)世界クロカンのトラウマではないですが怖さも少しありましたが、そういったのも晴らせて終われて、良い形で締めくくれたと思います」と笑顔を見せた。

順大の練習にも「少し慣れてきました」というが、「まだジョグの距離は同学年の中でも少ないほう。高校時代からやっている速いペースで距離を延ばしていきたい」と課題を挙げる。キレ味という面でも三浦と練習することで『世界』を体感。「ラストスパートで勝ちきる力はまだまだ足りません」と言う。

今季は5000mでのブダペスト世界選手権出場を最大ターゲットに起きつつ、来年以降の世界大会を見据えて「世界選手権を目指していく過程を経験していきたい」と吉岡。参加標準記録(13分07秒00)や12分台は将来的な目標にして「まずは自己ベストくらいを3本そろえたいです」と冷静だ。

広告の下にコンテンツが続きます

世界基準の三浦と汗を流すだけに、「三浦さんには歯が立たない部分もあります」。最高の手本が近くにいるからこそ「三浦さんに少しでも近づいていけば学生トップになれる」。そして、「あこがれだけで終わらないように、いつか超えたいです」と力強く語った。

今後は日本グランプリシリーズなど、世界陸連のカテゴリーも加味しながらスケジュールを立てていくという。

TOKOROZAWAゲームズSpring 2023が3月25日、埼玉・早大織田幹雄記念陸上競技場で行われ、一般男子3000m1組に男子5000m高校記録(13分22秒99)保持者の吉岡大翔(佐久長聖高3長野)が出場。日本人高校生では遠藤日向(学法石川高、現・住友電工)、佐藤圭汰(洛南高、現・駒大)に次ぐ3人目の7分台となる、高校歴代2位の7分58秒18をマークした。U20日本歴代でも5位にランクインする。 佐藤の高校最高記録7分50秒81をターゲットにしつつも「絶対に出すというよりはシーズンインなので欲張らずに」とスタートラインに立った。冷たい雨が降り、気温も10度前後。厳しい条件で400mは64秒で先頭が入る。4月から順大に進む吉岡にとって先輩となる三浦龍司(順大)もペースを作ってくれるが、なかなか前に出てこられない。 1000mは2分37秒で通過し、吉岡は4、5番手と徐々に前めにつくが、残り1周より前でロングスパートを仕掛けた山口からやや遅れてペースアップするかたちに。それでも最後はスパート合戦で三浦より前に出て山口を追い詰める。ジョンソン・モゲニ(遊学館高)をとらえたところがフィニッシュだった。これには三浦も「やっぱり強いですね」と後輩を称える。 「このペースで入れるとは思っていたので、感覚は良かったです」。これが高校最後のレース。「合宿明けでも7分台が出ました。(熱中症で途中棄権した)世界クロカンのトラウマではないですが怖さも少しありましたが、そういったのも晴らせて終われて、良い形で締めくくれたと思います」と笑顔を見せた。 順大の練習にも「少し慣れてきました」というが、「まだジョグの距離は同学年の中でも少ないほう。高校時代からやっている速いペースで距離を延ばしていきたい」と課題を挙げる。キレ味という面でも三浦と練習することで『世界』を体感。「ラストスパートで勝ちきる力はまだまだ足りません」と言う。 今季は5000mでのブダペスト世界選手権出場を最大ターゲットに起きつつ、来年以降の世界大会を見据えて「世界選手権を目指していく過程を経験していきたい」と吉岡。参加標準記録(13分07秒00)や12分台は将来的な目標にして「まずは自己ベストくらいを3本そろえたいです」と冷静だ。 世界基準の三浦と汗を流すだけに、「三浦さんには歯が立たない部分もあります」。最高の手本が近くにいるからこそ「三浦さんに少しでも近づいていけば学生トップになれる」。そして、「あこがれだけで終わらないように、いつか超えたいです」と力強く語った。 今後は日本グランプリシリーズなど、世界陸連のカテゴリーも加味しながらスケジュールを立てていくという。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.14

大迫傑 GMOインターネットGとの契約は8月末で満了「スケジュール考慮」し継続せず

ボストンマラソンに出場する大迫傑(Nike)が自身のSNSを更新し、GMOインターネットグループとのパートナーシップ契約をを更新しないことを明かした。 大迫は22年秋に同チームとパートナーシップ契約を締結し、チームに参画 […]

NEWS サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

2024.04.14

サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

トム・ジョーンズ招待が米国・フロリダ州で行われ、男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場。10秒04(+1.7)をマークした。 昨年のブダペスト世界選手権で100m、200mを制しているノア・ライルズ […]

NEWS 【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

2024.04.14

【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

4月13日、第1回宮崎県記録会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子110mハードルで高校1年生の髙城昊紀(宮崎西高)が14秒32(+0.8)をマークした。この記録は高1歴代3位タイとなる。 髙城は昨年 […]

NEWS 五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

2024.04.14

五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mにパリ五輪マラソン代表の赤﨑暁(九電工)が出場し、13分30秒62と自己3番 […]

NEWS 学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top