HOME 学生長距離

2022.12.22

箱根駅伝Stories/駒大の次世代エース・鈴木芽吹「2区を走りたい」3冠達成へのラストピースへ
箱根駅伝Stories/駒大の次世代エース・鈴木芽吹「2区を走りたい」3冠達成へのラストピースへ

箱根路で完全復活を誓う駒大の鈴木芽吹

2区出走に意欲

しかし、この後にまた鈴木の完全復活を阻む事態が起こる。アキレス腱に違和感を感じ、練習の強度を調整。11月の全日本大学駅伝は無理をせず、出場を回避することになった。

鈴木が箱根駅伝に出走するのかどうか。優勝争いに関わる1つのピースとして、各陣営の思惑とファンの期待が錯綜する。

「箱根駅伝へ向けた最初のポイント練習ができれば、復帰は大丈夫でしょう」と大八木弘明監督。チームエントリーで鈴木の名が登録され、大八木監督の「OKライン」をクリアした。

エースの田澤廉は「(鈴木)芽吹が2区を走れば、青学大の近藤君と互角か、それ以上の戦いができると思います」と太鼓判を押す。

鈴木は前を向く。「まずは、チームの優勝が一番大事。そのためには往路優勝が必要で、僕が往路を走らなくてはいけません。2区……。2区はずっと走りたい区間です。でも今の僕の状況でその一択とは言えませんので、希望区間は『往路のどこか』としておきます」。

チームにとっても、鈴木にとっても、1年前の“忘れ物”を取り戻しにいく。

3度目の箱根路は2区出走を希望する

すずき・めぶき/2001年6月3日生まれ。静岡県熱海市出身。175cm・58kg。静岡・泉中→長野・佐久長聖高。5000m13分27秒83、10000m27分41秒68、ハーフ1時間3分07秒

文/奥村 崇

箱根駅伝Stories 新春の風物詩・箱根駅伝に挑む選手やチームを取り上げる「箱根駅伝Stories」。12月19日から区間エントリーが発表される29日まで、全校の特集記事を掲載していく。 3冠を狙う駒大にとって欠かせない人物がいる。強力選手が多数そろう3年生で、1年時から筆頭株として活躍を続けてきた鈴木芽吹だ。2年時に10000m27分41秒68、同日本選手権3位の実績を持ち、今季は10月の出雲駅伝では6区区間賞。故障を抱えながらのシーズンで、全日本大学駅伝は欠場しただけに、完全復活の瞬間が待たれる。

前回大会はレース中に故障

前回の箱根駅伝でアクシデントに見舞われた鈴木芽吹に、話を聞けたのは2月だった。 逆転Vへ一縷の望みを託され、8区に出走したが、途中で故障が発生。左大腿骨の疲労骨折で1月は完全休養し、2月から歩行を始めたところだった。 一大アクシデントの後にもかかわらず、案外、すっきりした表情で明るく話してくれたことを覚えている。 「箱根駅伝にギリギリの状態で合わせていくことがストレスで、そこから解放されて逆に吹っ切れたんです」 現役日本人学生では田澤に次ぐ2番目の10000m27分41秒68を持ち、2021年日本選手権3位の実績がある。故障が癒えれば、世界選手権代表争いに割って入る意思を抱いていた。その水準には戻れなかったとしても相応の活躍は……。 しかし、実際にはレースに復帰すら叶わない日々を「春から夏にかけて、練習はできるのに上げていけなかった時期がもどかしかった」と鈴木は振り返る。 次のページ 出雲駅伝で涙の復活ラン

出雲駅伝で涙の復活ラン

鈴木がくすぶっていた時期とリンクするように、夏の強化期間に入る前のチーム状態も芳しくなかった。明るい性格の鈴木が元気にしているだけで、チームにもたらす影響が少なからずある。 強化期間中の鈴木は1つ下のレベルのグループで下地作り。秋になり、10月10日の出雲駅伝が近づくと、鈴木の調子が上向いてきた。呼応するように、チームの士気が熱を帯びる。 10ヵ月ぶりの復帰レースだ。出雲駅伝は当初、3区(8.5km)の予定だったが、田澤廉の体調不良により、入れ替わるかたちで6区(10.2km)へ。トップでタスキを受けた鈴木は、“涙の復活ラン”でチームに9年ぶりの出雲駅伝優勝と、「3冠挑戦権」をもたらした。 [caption id="attachment_89372" align="alignnone" width="800"] 出雲駅伝は6区区間賞で歓喜の復活ランを飾った[/caption] 「ラスト1kmからもう泣きそうで、泣かないように、ちょっと笑っていました(笑)。最後の直線に入ってゴールテープが見えた時は、最初みんなの姿が確認できなくて、そういうものなのかと拍子抜けでしたが、フィニッシュしたらやっぱりみんなが待っていてくれて、うれしかったです」 次のページ 2区出走に意欲

2区出走に意欲

しかし、この後にまた鈴木の完全復活を阻む事態が起こる。アキレス腱に違和感を感じ、練習の強度を調整。11月の全日本大学駅伝は無理をせず、出場を回避することになった。 鈴木が箱根駅伝に出走するのかどうか。優勝争いに関わる1つのピースとして、各陣営の思惑とファンの期待が錯綜する。 「箱根駅伝へ向けた最初のポイント練習ができれば、復帰は大丈夫でしょう」と大八木弘明監督。チームエントリーで鈴木の名が登録され、大八木監督の「OKライン」をクリアした。 エースの田澤廉は「(鈴木)芽吹が2区を走れば、青学大の近藤君と互角か、それ以上の戦いができると思います」と太鼓判を押す。 鈴木は前を向く。「まずは、チームの優勝が一番大事。そのためには往路優勝が必要で、僕が往路を走らなくてはいけません。2区……。2区はずっと走りたい区間です。でも今の僕の状況でその一択とは言えませんので、希望区間は『往路のどこか』としておきます」。 チームにとっても、鈴木にとっても、1年前の“忘れ物”を取り戻しにいく。 [caption id="attachment_89373" align="alignnone" width="800"] 3度目の箱根路は2区出走を希望する[/caption] すずき・めぶき/2001年6月3日生まれ。静岡県熱海市出身。175cm・58kg。静岡・泉中→長野・佐久長聖高。5000m13分27秒83、10000m27分41秒68、ハーフ1時間3分07秒 文/奥村 崇

次ページ:

ページ: 1 2 3

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.24

110mH村竹ラシッドが挑む初五輪「準決勝の壁を越えたい」状態も上向いて現地へ/パリ五輪

8月1日から始まるパリ五輪・陸上競技に向けて、日本代表選手団が出国する前に会見を開いて意気込みを語った。 男子110mハードルの日本記録保持者・村竹ラシッド(JAL)は出国を前に「いつもと変わりありません」と自然体で空港 […]

NEWS 【女子800m】石原万結(京山中3) 2分08秒45=中学歴代4位

2024.07.23

【女子800m】石原万結(京山中3) 2分08秒45=中学歴代4位

女子800m中学歴代10傑 2.07.19 髙橋ひな(山陽3兵庫)  2013.10. 5 2.07.51 岡田芽(北斗上磯3北海道)2009. 8.23 2.07.81 市川良子(浅江3山口)  1991. 6.15 […]

NEWS 男子20km競歩世界記録保持者・鈴木雄介が現役引退 「感謝してもしきれない」 19年世界選手権金メダリスト 今後は指導者に

2024.07.23

男子20km競歩世界記録保持者・鈴木雄介が現役引退 「感謝してもしきれない」 19年世界選手権金メダリスト 今後は指導者に

鈴木雄介の引退コメント全文 このたび、富士通株式会社および富士通陸上競技部を退職・退部することといたしました。 次のキャリアに向けた準備期間が必要となったため、急なご報告となりました。 長年お世話になったチーム、会社を離 […]

NEWS 富士通のウォルシュ・ジュリアンが現役引退 22年オレゴン世界陸上マイルリレー日本新などロングスプリント牽引 今後は競輪選手目指す

2024.07.23

富士通のウォルシュ・ジュリアンが現役引退 22年オレゴン世界陸上マイルリレー日本新などロングスプリント牽引 今後は競輪選手目指す

ウォルシュ・ジュリアンのコメントはこちら このたび、私は陸上競技からの引退を決意いたしました。これまで応援してくださった皆様、そして富士通在籍中に支えていただいた関係者の皆様に、心より感謝申し上げます。競技生活を通じて、 […]

NEWS 速さを追求するスピードモデル!BROOKSの「Hyperion2」が7月下旬より順次発売スタート

2024.07.23

速さを追求するスピードモデル!BROOKSの「Hyperion2」が7月下旬より順次発売スタート

米国No.1ランニングシューズブランド「BROOKS(ブルックス)」は、速さを追求するスピードモデル「Hyperion(ハイペリオン)」シリーズの最新作「Hyperion2」を7月下旬よりブルックス公式オンラインショップ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top