HOME 駅伝

2022.11.28

資生堂が創立150周年を祝う16年ぶりV!区間賞4つ、盤石の継走/クイーンズ駅伝
資生堂が創立150周年を祝う16年ぶりV!区間賞4つ、盤石の継走/クイーンズ駅伝

◇クイーンズ駅伝in宮城(11月27日/宮城・松島~仙台、6区間42.195km)

2分余の貯金をもらって悠々と先頭を走った資生堂のアンカー・高島由香。「後ろの心配をする必要がなかったので楽しかったです」と、沿道の声援に手を挙げて応える余裕を見せながら、小気味良いピッチを刻んだ。

競技場に入って、ホームストレートにさしかかると、笑みもこぼれる。だが、フィニッシュテープの向こうに待つチームメイトの姿が目に入った途端、最年長34歳のベテランも一気にあふれ出る感情を抑えることができなかった。

涙の抱擁とハイタッチ。資生堂が2時間12分28秒の大会新記録で、16年ぶり2度目の優勝を飾った瞬間だった。

岡山・興譲館高時代の2005年には全国高校駅伝で、デンソー時代の2013~15年にはこの大会で優勝経験がある高島だが、「今まで経験したどの駅伝よりもうれしいです」と言って、チームの歓喜の輪に加わった。

昨年は積水化学に敗れて2位。2019年、20年と12位が続いた資生堂にすれば大幅な躍進に違いなかったが、選手たちは優勝を逃したことを心底悔しがった。22年に迎える会社創立150周年に向け、ランニングクラブも「改革3ヵ年計画」を打ち出し、それまでヘッドコーチだった岩水嘉孝氏が昨年6月に監督に就任。選手たちの意識レベルは一気に上がった。

今年のオーダーは昨年とほぼ同じで、2区と3区が替わっただけ。2年連続で1区を任された木村友香は、「ここ2年、駅伝にうまく合わせられず悔しい思いをしてきたので」と、スタート直後からためらいもなく飛び出した。

スピードランナーの豊田自動織機・田中希実らがいる中で「怖くはなかったか?」と聞かれると、「仮に田中さんに負けても、ライバルチームの積水化学をいかに引き離すか、だけを考えていたので」とサラリ。

これまでは緊張すると持てる力を発揮できずにいたが、今回は「自分のリズムだけ」に集中して、メンタルを平常に保った。木村は9位の積水化学に50秒の大差をつけて、トップで中継。資生堂の優勝はここでほぼ見えたと言っても過言ではない。

ワコールから移籍して、今年はオレゴン世界選手権のマラソン代表になった一山麻緒が、最長10.9kmの3区。資生堂はここでJP日本郵政グループと積水化学に前を譲り、いったん3位に下がったものの、これも想定内だった。

アメリカから帰国後、チームに合流して寮で皆と生活を共にし、「駅伝優勝」に向けて気運を盛り上げていた一山だが、「追いつかれた時のイメージもあったので、(抜かれても)そこまであせることはなかったです」。ただ、本調子ではなくても「できるだけ差を広げられないように」と、東京五輪入賞のマラソンランナーらしく粘った。

再び首位に立った4区以降は資生堂が圧巻のタスキリレー。1、2区に続き4、5区も区間賞で、後続との差は広がる一方となり、オレゴン世界選手権の10000m代表・5区の五島莉乃は、36秒だった2位との差を2分13秒に広げて6区の高島につないだ。

「私は人生の中でチームの優勝を経験したことがないので、今日は本当に夢を見ているようです」とうれし涙を見せる五島。2年連続区間賞で今大会の最優秀選手に輝いた。

岩水監督は「何が足りなくて昨年勝てなかったのかを反省し、11人の選手全員が意識改革をして、それぞれ自分に何ができるかを考ながら1年間やってきた」ことを勝因に挙げ、選手たちは「走った選手だけでなく補欠の選手やサポートしてくれる方々、社員のみなさん、みんなでつかんだ優勝です」と〝チーム一丸〟を強調する。

まだチームが低迷していた頃の2016年に入社した高島は、「一からやってきたチームが6年かけて優勝するチームになれたことを思うと、ここまで来られたんだなと感慨深い」と話し、「だから今までの優勝より何倍もうれしいんです」と言って、満足そうにうなずいた。

◇クイーンズ駅伝in宮城(11月27日/宮城・松島~仙台、6区間42.195km) 2分余の貯金をもらって悠々と先頭を走った資生堂のアンカー・高島由香。「後ろの心配をする必要がなかったので楽しかったです」と、沿道の声援に手を挙げて応える余裕を見せながら、小気味良いピッチを刻んだ。 競技場に入って、ホームストレートにさしかかると、笑みもこぼれる。だが、フィニッシュテープの向こうに待つチームメイトの姿が目に入った途端、最年長34歳のベテランも一気にあふれ出る感情を抑えることができなかった。 涙の抱擁とハイタッチ。資生堂が2時間12分28秒の大会新記録で、16年ぶり2度目の優勝を飾った瞬間だった。 岡山・興譲館高時代の2005年には全国高校駅伝で、デンソー時代の2013~15年にはこの大会で優勝経験がある高島だが、「今まで経験したどの駅伝よりもうれしいです」と言って、チームの歓喜の輪に加わった。 昨年は積水化学に敗れて2位。2019年、20年と12位が続いた資生堂にすれば大幅な躍進に違いなかったが、選手たちは優勝を逃したことを心底悔しがった。22年に迎える会社創立150周年に向け、ランニングクラブも「改革3ヵ年計画」を打ち出し、それまでヘッドコーチだった岩水嘉孝氏が昨年6月に監督に就任。選手たちの意識レベルは一気に上がった。 今年のオーダーは昨年とほぼ同じで、2区と3区が替わっただけ。2年連続で1区を任された木村友香は、「ここ2年、駅伝にうまく合わせられず悔しい思いをしてきたので」と、スタート直後からためらいもなく飛び出した。 スピードランナーの豊田自動織機・田中希実らがいる中で「怖くはなかったか?」と聞かれると、「仮に田中さんに負けても、ライバルチームの積水化学をいかに引き離すか、だけを考えていたので」とサラリ。 これまでは緊張すると持てる力を発揮できずにいたが、今回は「自分のリズムだけ」に集中して、メンタルを平常に保った。木村は9位の積水化学に50秒の大差をつけて、トップで中継。資生堂の優勝はここでほぼ見えたと言っても過言ではない。 ワコールから移籍して、今年はオレゴン世界選手権のマラソン代表になった一山麻緒が、最長10.9kmの3区。資生堂はここでJP日本郵政グループと積水化学に前を譲り、いったん3位に下がったものの、これも想定内だった。 アメリカから帰国後、チームに合流して寮で皆と生活を共にし、「駅伝優勝」に向けて気運を盛り上げていた一山だが、「追いつかれた時のイメージもあったので、(抜かれても)そこまであせることはなかったです」。ただ、本調子ではなくても「できるだけ差を広げられないように」と、東京五輪入賞のマラソンランナーらしく粘った。 再び首位に立った4区以降は資生堂が圧巻のタスキリレー。1、2区に続き4、5区も区間賞で、後続との差は広がる一方となり、オレゴン世界選手権の10000m代表・5区の五島莉乃は、36秒だった2位との差を2分13秒に広げて6区の高島につないだ。 「私は人生の中でチームの優勝を経験したことがないので、今日は本当に夢を見ているようです」とうれし涙を見せる五島。2年連続区間賞で今大会の最優秀選手に輝いた。 岩水監督は「何が足りなくて昨年勝てなかったのかを反省し、11人の選手全員が意識改革をして、それぞれ自分に何ができるかを考ながら1年間やってきた」ことを勝因に挙げ、選手たちは「走った選手だけでなく補欠の選手やサポートしてくれる方々、社員のみなさん、みんなでつかんだ優勝です」と〝チーム一丸〟を強調する。 まだチームが低迷していた頃の2016年に入社した高島は、「一からやってきたチームが6年かけて優勝するチームになれたことを思うと、ここまで来られたんだなと感慨深い」と話し、「だから今までの優勝より何倍もうれしいんです」と言って、満足そうにうなずいた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

110mH村竹ラシッド パリ五輪の決勝で勝負!DLなど経験し「実力を発揮できるようになってきた」

男子110mハードルの日本記録保持者でパリ五輪代表の村竹ラシッド(JAL)が、練習拠点としている母校・順大で練習を公開した。 日本選手権を初優勝して初五輪を決めた村竹。その後はダイヤモンドリーグ(DL)パリ大会に出場し、 […]

NEWS 三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top