HOME 駅伝

2022.11.28

豊田自動織機・田中希実の実業団駅伝初陣は1区2位「1月から海外室内でスピードを」/クイーンズ駅伝
豊田自動織機・田中希実の実業団駅伝初陣は1区2位「1月から海外室内でスピードを」/クイーンズ駅伝

◇クイーンズ駅伝in宮城(11月27日/宮城・松島~仙台、6区間42.195km)

全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝)は11月27日に行われ、実業団駅伝デビュー戦として注目を集めた豊田自動織機の田中希実は、1区2位で存在感を示した。

自身のコンディション、7.6kmという距離、「いつもきついと思ったところで離される」という駅伝に対しての不安。それらを判断して出した目標が、区間賞を目指して「粘り勝つイメージで走ること」だった。

「最初は集団で流れに乗って、誰かが出たところに対応して、最後に勝ち切れるところまでいかに粘れるか、と考えていました」

だが、資生堂の木村友香がスタート直後から飛び出したことで、そのプランは崩れる。「ついていくのを躊躇してしまった」と前回区間賞のヤマダホールディングス・岡本晴美とともに、木村の背中を追う展開に。

無理をすれば追いつけるが、距離を考えると勝負所までに力を使い果たしてしまう可能性がある。田中は後半勝負に懸けて、15秒前後の差を保ちながら「粘る」選択をした。

結局、木村には21秒差をつけられたが、岡本には終盤に競り勝ち、2位を確保。「粘ることしかできなかったけど、粘ることはできました」と田中はホッとした表情で振り返る。

田中が作った流れを最後までつなぎきった豊田自動織機は、1年でシード返り咲きとなる6位でフィニッシュした。「みんなが順位を守ろうとしてくれた。だからこそ、自分ががんばってよかったと感じられました」と田中。これまでの駅伝では味わったことのないような充実感があったという。

昨年の東京五輪では1500mで8位、今夏のオレゴン世界選手権では800m、1500m、5000mの3種目に出場。世界とどう戦うか、そのことを常に考えながら、距離を問わずいくつものレースを重ねている。

ただ、「イメージは世界に近づいているのに、身体がついてきていない」ジレンマと人知れず戦い、前日会見では涙を流すほど苦しい時間が続く。

それでも、今回の駅伝で充実感を味わえたのは、「自分自身が持っている今の力を出し切れたから」と田中。確かに区間賞は取れなかったが、それ以上に価値ある2位だったのだ。

その感覚を大切に、田中はここから再び、世界と戦うための準備に入る。年が明けると、「海外の室内レースでスピードを高めていきたい」と語った。

「冬だから長い距離に向き合うというよりは、暖かいところでスピードを磨いていきたいと思っています」

世界と戦うイメージができた以上は、常に世界と向き合う環境に身を置く。田中が選んだ道は、ブダペスト世界選手権、そしてパリ五輪へときっとつながるはずだ。

◇クイーンズ駅伝in宮城(11月27日/宮城・松島~仙台、6区間42.195km) 全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝)は11月27日に行われ、実業団駅伝デビュー戦として注目を集めた豊田自動織機の田中希実は、1区2位で存在感を示した。 自身のコンディション、7.6kmという距離、「いつもきついと思ったところで離される」という駅伝に対しての不安。それらを判断して出した目標が、区間賞を目指して「粘り勝つイメージで走ること」だった。 「最初は集団で流れに乗って、誰かが出たところに対応して、最後に勝ち切れるところまでいかに粘れるか、と考えていました」 だが、資生堂の木村友香がスタート直後から飛び出したことで、そのプランは崩れる。「ついていくのを躊躇してしまった」と前回区間賞のヤマダホールディングス・岡本晴美とともに、木村の背中を追う展開に。 無理をすれば追いつけるが、距離を考えると勝負所までに力を使い果たしてしまう可能性がある。田中は後半勝負に懸けて、15秒前後の差を保ちながら「粘る」選択をした。 結局、木村には21秒差をつけられたが、岡本には終盤に競り勝ち、2位を確保。「粘ることしかできなかったけど、粘ることはできました」と田中はホッとした表情で振り返る。 田中が作った流れを最後までつなぎきった豊田自動織機は、1年でシード返り咲きとなる6位でフィニッシュした。「みんなが順位を守ろうとしてくれた。だからこそ、自分ががんばってよかったと感じられました」と田中。これまでの駅伝では味わったことのないような充実感があったという。 昨年の東京五輪では1500mで8位、今夏のオレゴン世界選手権では800m、1500m、5000mの3種目に出場。世界とどう戦うか、そのことを常に考えながら、距離を問わずいくつものレースを重ねている。 ただ、「イメージは世界に近づいているのに、身体がついてきていない」ジレンマと人知れず戦い、前日会見では涙を流すほど苦しい時間が続く。 それでも、今回の駅伝で充実感を味わえたのは、「自分自身が持っている今の力を出し切れたから」と田中。確かに区間賞は取れなかったが、それ以上に価値ある2位だったのだ。 その感覚を大切に、田中はここから再び、世界と戦うための準備に入る。年が明けると、「海外の室内レースでスピードを高めていきたい」と語った。 「冬だから長い距離に向き合うというよりは、暖かいところでスピードを磨いていきたいと思っています」 世界と戦うイメージができた以上は、常に世界と向き合う環境に身を置く。田中が選んだ道は、ブダペスト世界選手権、そしてパリ五輪へときっとつながるはずだ。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

東京マラソン2025の概要発表!来年3月2日、38000人規模で開催 8月16日から一般エントリー開始予定

東京マラソン財団は6月24日、定時理事会を開き、東京マラソン2025の大会要項を発表した。 東京マラソン2025は来年3月2日に開催。定員は38000人でフルマラソンは37500人。応募スケジュールの予定も発表され、6月 […]

NEWS 注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

NEWS 2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

2024.06.24

2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

世界陸連(WA)は6月22日、2028年に開催されるロサンゼルス五輪について、陸上を第一週に実施することを発表した。マラソンとメダル授与については最終週に行う伝統を維持するとしている。 これまで第一週に水泳、第二週に陸上 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top