HOME 国内

2022.11.12

オレゴン世界陸上出場の遠藤日向が5km13分50秒で7位 15年ぶり日本記録更新/The Fst in Fukuoka 2022
オレゴン世界陸上出場の遠藤日向が5km13分50秒で7位 15年ぶり日本記録更新/The Fst in Fukuoka 2022

◇The Fst in Fukuoka 2022(11月12日/福岡・大濠公園)

男子5kmではオレゴン世界選手権5000m代表の遠藤日向(住友電工)が13分50秒で7位。従来の日本記録は、2007年の世界ロードランニング選手権(ハーフマラソン)で佐藤敦之(中国電力)が5km通過時にマークした13分55秒で、15年ぶりに更新した。レースはベナード・コエチ(九電工)が13分21秒で優勝した。

気温が25度を超える夏日の中でのレース。遠藤は、日本の実業団に在籍するケニア選手相手に序盤は食らいつく。中盤以降は離れたものの、粘って日本記録を短縮した。

遠藤は「元々の日本記録がハーフマラソンの通過なので、5kmレースで負けるわけにはいかないと思った。福島の大先輩でもある佐藤敦之さんの記録を破ってホッとしています」と振り返った。さらに、「世界選手権に出た後にいったん休みをいただいて、そこから作り上げている段階。正直先頭と勝負するのは難しいと思い、最低限日本記録を更新したいと思っていました。すごく走りやすいコースで風もあまり強くなく、応援も力になりました」と続けた。

「The Fst in Fukuoka 2022」は東京五輪男子マラソン6位の大迫傑(Nike)が代表取締役を務める「株式会社I」によるプロジェクトで、「アスリートの可能性を拓き、アスリートが地域の可能性を拓く」がコンセプトによる取り組みの一環。大迫は大会の会長として企画、運営にあたっている。「5kmにおいて世界に並ぶ選手を輩出すること、ならびに中距離選手に活躍の場を提供すること」が目的で、日本ではレース機会が少ない1マイル(1609.344m)や5kmのロードレースを実施した。

※今大会の5kmは日本陸連公認となっている。

◇The Fst in Fukuoka 2022(11月12日/福岡・大濠公園) 男子5kmではオレゴン世界選手権5000m代表の遠藤日向(住友電工)が13分50秒で7位。従来の日本記録は、2007年の世界ロードランニング選手権(ハーフマラソン)で佐藤敦之(中国電力)が5km通過時にマークした13分55秒で、15年ぶりに更新した。レースはベナード・コエチ(九電工)が13分21秒で優勝した。 気温が25度を超える夏日の中でのレース。遠藤は、日本の実業団に在籍するケニア選手相手に序盤は食らいつく。中盤以降は離れたものの、粘って日本記録を短縮した。 遠藤は「元々の日本記録がハーフマラソンの通過なので、5kmレースで負けるわけにはいかないと思った。福島の大先輩でもある佐藤敦之さんの記録を破ってホッとしています」と振り返った。さらに、「世界選手権に出た後にいったん休みをいただいて、そこから作り上げている段階。正直先頭と勝負するのは難しいと思い、最低限日本記録を更新したいと思っていました。すごく走りやすいコースで風もあまり強くなく、応援も力になりました」と続けた。 「The Fst in Fukuoka 2022」は東京五輪男子マラソン6位の大迫傑(Nike)が代表取締役を務める「株式会社I」によるプロジェクトで、「アスリートの可能性を拓き、アスリートが地域の可能性を拓く」がコンセプトによる取り組みの一環。大迫は大会の会長として企画、運営にあたっている。「5kmにおいて世界に並ぶ選手を輩出すること、ならびに中距離選手に活躍の場を提供すること」が目的で、日本ではレース機会が少ない1マイル(1609.344m)や5kmのロードレースを実施した。 ※今大会の5kmは日本陸連公認となっている。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

NEWS 棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

2024.06.14

棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

女子棒高跳の日本記録保持者(4m48)諸田実咲(アットホーム)が世界陸連(WA)コンチネンタルツアーの海外転戦で好成績を残している。 6月4日のロイヤルシティ・フェスティバル(カナダ・グエルフ)ではセカンドベスト、パフォ […]

NEWS 400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

2024.06.14

400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)3日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、女子400mハードルで大会新記録が誕生した。昨年の鹿児島国体300mハード […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top